■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪TOTO / TOTOⅣ♪


    1205588263.jpg 

        【TOTOはニッポンの誇り!】

          「我が意を得たり」

          日本のファンの多くがそう思ったに違いありません。
          1982年のグラミー賞。TOTOが、4thアルバムTOTOⅣ
         
でレコード・オブ・ザ・イヤーを含む6部門を制覇し、名実(表裏)
          共に米音楽界のトップ・グループとして認められた時の話です。

          ’78年TOTO(邦題:宇宙の騎士)” でデビューを飾り、
          以降’79年HYDRA、’81年Turn Back と、発表
          した全てのアルバムが、思ったほど全米で評価されなかった
          TOTO が、「これで売れなきゃ解散!!」という意気込みで
          製作したアルバムTOTOⅣ(邦題:聖なる剣)”

          「コレはスゴイ!傑作だ!…でもアメリカでは…」

          リリース直後、そんな感想を漏らしていたのは、他ならぬ私たち
          日本のファンでした。
          デビュー早々にそのサウンドを支持し、賛辞を送り、リーダー的
          存在であるジェフ・ポーカロをして、「この国のファンは特別」と
          言わしめた、TOTO最大の理解者である日本のファン。その日
          本のファンが漏らした感想は、概ね「これまでと同様、アメリカ
          でのセールスはキビシイだろう」というものだったのです。

          前作までのTOTOへの評価も、日米で相反するものでした。


           ・研ぎ澄まされたスーパー・テクニック(日本)
                →スタジオ・ミュージッシャンが上手いのは当然(米)

           ・ジャンルを超越した自由なサウンド(日)
                →背骨を持たない場当たり的なサウンド(米)

           ・情感に訴えるキャッチーな楽曲(日)
                →リスナーに迎合した商業的楽曲(米)

           ・技術の粋を集約した超一流のスタジオ録音(日)
                →反面、ライブ演奏は三流以下のクオリティ(米)



          ライブ演奏がガタガタだったのは事実ですが(笑)、それまで日
          本のリスナーが認めていたTOTO の魅力は、アメリカでは
          ことごとく曲解されており、このTOTOⅣにおいても同様
          の評価が下されてしまうのだろうと私達は考えていたのです。

                              ★★★★★★★★★★★★

          ところが、発売後間もなく、このアルバムは全米チャートをグン
          グンと上昇し始め、シングル・カットされたRosanna
          シングル・チャートで2位、同じくAfrica は堂々1位を
          獲得。アルバム・チャートにおいても最高位4位という大ヒットを
          記録する事となり、「もう(メジャーは)半分諦めている」と言って
          いたメンバーを驚倒させる好結果を叩き出したのでした。
          当初から“最高傑作”と評価していた日本のファンは、アメリカ
          における反応に驚きつつも、自分達の先見の明を思い知る事
          となり、まさしく得意満面。「我が意を得たり!」


           ・ようやく評価された実力派集団(米)
              →オレらは初めから評価してた(日)

           ・全米ロック・シーンは以後彼らの影響を受けるだろう(米)
              →3年以上前からルカサーはギター小僧の神様だ(日)

           ・TOTOを定義する新たなジャンルが必要だ(米)
              →デビュー作が発売された時点で、全国のレコード屋の
              オヤジが“ロック・フュージョン”の棚を作っている(日)

           ・現在、アメリカにおいて最も重要視されるべきグループ(米)
              →それに気付くのがあまりにも遅い(日)

           ・ライブ・アクトに課題が残る(米)
              →何年も前から、ファンの間ではその事に
                            触れないことで合意している(日)



          ’80年の日本公演(東京)を観た友人(当時はその友人も私も
          中学生でした)が言うには、「ハウリングがヒドくて演奏になって
          なかった」というくらいスゴイ出来だったらしいのですが、要は、
          日本では五分刈りの中学生がライブへ足を運ぶほど、TOTO
          はメジャーなバンドだったのです。

          “ TOTOⅣ
  がアメリカでブレイクした背景については、
          評論家の方々が様々語っています。曰く、時代が彼らに追いつ
          いた。AOR的アプローチが功を奏した。TOTOをリスペクトする
          L.A.のアーティスト達がムーヴメントを起こした結果だ、等々…。
          でも、そんなコトは私達日本のファンにとってはどうでも良い事
          でしたね。99 に聞き惚れ、All Us Boys をバンドで
          コピーし、Gift with The Golden Gun で絶叫し、ボビ
          ー・キンボールを“キン●マ”の愛称でよんでいた私達にはどうで
          も良い事だったのです。

          「オレたちが誇るバンドに、アメリカも夢中になった」

          それだけのことですから。

          そもそも、TOTO がなぜ日本で受け入れられたのかは、
          追々(1stアルバムのレビュー時にでも)語るといたしましょうか。
          今回は全米2位を記録したRosanna をご紹介いたします
          ので、その素晴らしい“TOTOワールド”を堪能していただきたい
          と思います。

          それではまた次回!(・∀・)/♪

                  ★★★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★★★ 

                                        ① Rossana
                                  ② Make believe 
                           ③ I won't hold you back
                                  ④ Good for you
                                   ⑤ It's a feeling
                                 ⑥ Afraid of love
                            ⑦ Lovers in the night
                                   ⑧ We made it
                           ⑨ Waiting for your love
                                        ⑩ Africa

     

                                  


                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
         「キン●マの居ないTOTOなんて!」と思う方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
               ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさんこんにちは。

ロザーナの方がアフリカよりも好きだったんですが、アフリカの方がヒットしたんですよね。。。このアルバムの日本ツアーは当時録画したはずなのですが、テープもベータだし、そもそもどこかに行ってしまって残念です。

99も大好きでした。真っ白な服を着た真っ白な画面のプロモビデオが印象に残っています。

投稿 猫ケーキ | 2007.09.08 19:14


To 猫ケーキさん
こんばんは!いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます(・∀・)/

猫ケーキさん!あのライブの映像をお持ち(かも?)とは
恐れ入りました!
見つかれば、間違いなくメガトン級のお宝ですね!ライブ
に行きそびれた私にとっても、まさしく垂涎の映像です。

“99”のPVも覚えてますよ!衣装も楽器も背景も真っ白
なプロモですよね(何年か前にそんな集団がいたような)。
あのPV を初めて観たのは小学生の頃でした。TOTO と
平行してハマっていたアース(EW&F)のギンギラPV と
あまりにも対照的だったんで、鮮烈に記憶に残っています。

またお気軽にコメントくださいませ(⌒∀⌒)/

投稿 ヤセガエル | 2007.09.08 21:16


ヤセガエルさん、こんばんは~♪

「TOTO Ⅳ」のレビュー、大変勉強になりました。
TOTOは"日本でバカ受け、本国では・・・・"
ということは話では聞いてましたが、その理由がよくわかりました♪

ヤセガエルさんのブログを読んでいると、80sミュージックをリアルタイムで聞きたかったなぁ・・・とつくづく思います。

投稿 ライム | 2007.09.09 21:02


To ライムさん
麗しの’80年代へようこそ!(part.Ⅱ)
コメントありがとうございます♪(・∀・)

’80年代は、音楽の形態や媒体が大きく様変わ
りしていた時期ですね。PVがアーティスティック
な“作品のひとつ”として扱われるようになったり、
CDが急速に普及し始めたのもこの年代です。
ある意味、非常にスピーディで刺激的でしたね。

ただライムさん!
この時代、Amazonも楽天市場も無いですよ!
お目当ての洋楽作品を入手するには、トコトコ電車
に乗って、遠く離れたタワレコまで行かなきゃなら
ないし、(アナログ盤なんか)購入した後ウチに帰っ
て封を切ったら、もうあり得ないくらい盤が波打って
たりするコトもしばしば(何言ってるか解らないだろ
うナ~…)。試聴機なんかありませんから、ジャケ
買いは命賭けですよ!(そんな、たいそうな)

まあ…そんなでも、そんななりに楽しかったかも。

私は逆に、今自分が20歳だったらどう過ごしてい
るだろう?と思ったりしますね。
ライムさんと一緒にバンド組んでたかも?(^ω^)♪

投稿 ヤセガエル | 2007.09.10 00:11

スポンサーサイト

テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 09 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。