■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪BOB JAMES+KIRK WHALUM / Joined at The Hip♪


    1205589528.jpg 

       【ボブ爺の実験的秀作 for FOURPLAY】

          本日のピックアップ作品は、’96年、ボブ・ジェームスとカーク・
          ウェイラムが共同製作したJoined at The Hip です。

          サブタイトルにある“実験的”というキーワードは、このアルバム
          の持っているテイストと、“96年”というリリース年から連想した
          私的見解です。もし、ボブ爺やカーくんが、ライナー・ノーツか何
          かで全然違うことを述べていたならゴメンナサイ。「そういう感じ
          方もあるのか」という程度に読んでいただければ幸いです。

                                 ★★★★★★★★★★

          さて、その ’96年です。
          ’96年といえば、ボブ爺率いる大御所バンド、FOURPLAY が、
          リー・リトナー脱退後のギタリスト探しに奔走していた時期と重
          なります。結論から言ってしまうと、この時期すでに、「後釜は
          ラリー・カールトンで」という構想があったのではないかと思うん
          ですね。リーと同じだけのキャリア、実力、知名度を持っている
          ギタリストは当時ラリー・カールトンただ一人。彼に白羽の矢が
          立ったのは当然といえば当然の帰結だったでしょう。

          ただ悩みどころだったのは、ラリーのプレイ・スタイルです。
          リーの洗練されたジャジーなギターと比較すると、ラリーのギタ
          ーはエモーショナルでブルージー。’95年に先行リリースされて
          いた作品Larry&Lee で、ギタリスト同士抜群のフィッティ
          ングを見せていたとはいえ、 FOURPLAY とフィットするかどうか
          は別問題。さらにバンドのコンセプト、アルバム・セールス、スケ
          ジューリングの確保等々……。数々の悩みにボブ爺の頭髪の
          後退も加速していたことでしょう。

    1205589624.jpg 

          さあ、そこで登場したのがこのJoined at The Hip
          カーくんには悪いけど、彼のソウルフル&ブルージーなサックス
          は、どーにも“仮想ラリー”のような気がしてならないのです。
          例えばボブ爺作の2曲目Kickin' Back なんかは、カー
          くん以外のオケはまるっきり FOUPLAY です。ベースのクリス・
          ウォーカーのプレイはネイサン・イーストのそれだし、ドラムスの
          ビリー・キルソンの淡々としたリズム・メイクはハーヴィ・メイソン
          の特徴的なプレイをコピーしたかのようです。

   

          で。結果はどうだったか。

          言うまでもなくこれは大成功でした。
          ボブ爺の品の良いバンド・サウンドと、カーくんのエモーション溢
          れるメロディが見事に融合しています。ボブ爺もかなりの手応え
          を感じたんじゃないでしょうか。
          またソレとは別に、ギタリストとして参加しているジェフ・ゴーラブ
          のプレイも、ある意味“仮想ラリー”ですね。彼の得意としている
          ブルージーなギターは、後のFOURPLAYサウンドの雛形を見
          るような気がします。

                                 ★★★★★★★★★★

          かくして翌年の ’97年、ラリー・カールトンをギタリストに迎えた
          新生FOURPLAYが結成され、さらに翌’98年、4thアルバム
          のリリースへと繋がっていきます。
          カーくんにはホント申し訳ナイけど、このアルバムは、ボブ爺が
          “FOURPLAYの存続”という主題を意識して行われた“実験”
          の意味合いが強いように思われます。もちろん、カーくんの側
          にとっても非常な刺激になったことは間違いないのですが。
          (カーくんの作風、このアルバムの前後で大きく違いますもん)

          他にも、全体的に“遊び”のファクターも顕著だったり、楽曲の
          演奏時間を長めに取ってソロを楽しんだり、聴き所はかなり多
          いアルバムなので、未聴の方はぜひチェックしていただきたい
          ですね。季節的にも今がベスト・マッチ。秋の夜長のお供に♪

                        ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                         ① Soweto
                                    ② Kickin' Back
                                 ③ Out of The Cold
                                      ④ Deja Blue
                             ⑤ Midnight at The Oasis
                          ⑥ Tell Me Something Nice
                                 ⑦ Tour de Fourths
                                     ⑧ The Ghetto
                                     ⑨ The Prayer

                                  


                        ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
      「それはなかなか的を射た意見かもしれん!」と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
               ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


コメント(転載)

お邪魔します。
成るほど!実に興味深いお話ですね。
このアルバムは聴いた事が有りませんが、レヴューを読むと何となく音が想像出来そうですネ。
フォープレイ好きな私としても実に気になるアルバムです。

投稿 FUSION | 2007.09.03 21:30


To FUSIONさん
こんばんは!(⌒∀⌒)/
ご訪問&コメントありがとうございます♪

このアルバムは、便宜上スムースジャズにカテゴライズ
しましたが、根っこはフュージョンです。FUSIONさんも
きっとお気に召されると思います~!

ちなみに私、このアルバムは、フォープレイの“4”ならぬ、
“3.5”と解釈しておりますです。

では、これからFUSIONさんのブログへ参りますね!(・ω・)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.03 23:00


こんにちは。猫ケーキです。遊びにまいりました。

私、カークウエイラムってほとんど(意識的には)聞いた事なかったのですが、一年ほど前にボブジェームスのライブDVD(1985)で彼の姿を見てぶっ飛びました。すごく熱いヒトですねえ! 感動的でした。(ウェザーリポートの再結成映像でも、そういえばカークの吹く姿を見ました、もう10年以上前でしたか。)

もっとウェイラムの演奏を聞いてみたいです。もちろんこのアルバムも。

また寄らせて頂きますね。

投稿 猫ケーキ | 2007.09.05 21:43


To 猫ケーキさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪

さすが猫ケーキさん。かなり昔の映像もチェック
されてますね。
カーくんはボブ爺の“愛弟子”的存在ですから、
昔から結構同じステージで演奏しているらしいで
す。今ではコラボレーションのパートナー!出世
しましたねー(笑)(・∀・)b♪

20年前は“熱かった”カーくんも、現在は叙情派
サクソフォニストの代表選手ですね。個人的にイチ
オシなのは、’97年発表の“Colors”という作品。
夕暮れ時に聴くと「じ~ん」とする楽曲がイッパイ
収録されています。ゼヒ聴いてみてください!

またお気軽に遊びにいらしてくださいませ♪(・∀・)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.05 23:04


ええと、このコメントは幾つ目だろう?

「実験的」というのは面白い見聞ですね。
しかしながら、ボブもカークも好きですけど、
なんかこのアルバムは印象が薄め。
気になっていたMidnight at The Oasisも
ちょいと線が薄い気がするし・・・
まあ、師弟感が深まったアルバムと解釈しておきましょうか。

投稿 でんた | 2007.10.17 14:40


To でんたさん
こんばんは!(・∀・)/
コメントありがとうございます♪

でんたさんの仰る“印象が薄い”という感想は、このアルバムを
聴いたリスナーの多数派意見でしょうね。
イイ意味でも悪い意味でもサウンドにアクが無いし、ボブ爺も、
アール・クルーと共演した時のような音楽的化学反応を起こし
てませんね。
どちらかというと、楽しみつつ実験しつつ、“自然体で作り上げた
”共同アルバムという印象でしょうか。
ただLIVEで共演すると、二人とも“熱く”なっちゃうトコロが面白
かったりします。
観たいなあ・・・ボブ爺のLIVE・・・。ハゲ切らないウチに(笑)。

投稿 ヤセガエル | 2007.11.14 23:20

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。