■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪PAUL BROWN / Up Front♪


    1207398279.jpg 

     【ギタリストが嫉妬する華麗なミュージシャン・シップ】

          「昔リピューマ、今ブラウン」。
          現在のスムースジャズ・シーンにおいて、最も質の高い作品を
          手がけているプロデューサーと言えば、まずはこの人物、ポー
          ル・ブラウン
の名が挙がるでしょう。

          ジョージ・ベンソンやアル・ジャロウといったベテラン・アーティス
          トから、ピーター・ホワイトやリチャード・エリオットといった現在
          第一線で活躍するアーティストまで、幅広く、セールス面におい
          ても確実な仕事を成し遂げてきたブラウン氏。また一方で、新
          人時代のボニー・ジェイムスを見出すなど、人材発掘にもその
          才を発揮し、ジャンルそのものの発展においても多大な功績を
          残している人物です。

          ちなみにこのプロデューサー業、大変な激務らしいですね。
          私がまだピチピチの少年だった頃、当時憧れていたフュージョ
          ン・バンドのメインプロデューサーだったM氏とお会いした時、
          彼に「僕らでも、目指せばプロデューサーになれますか?」
          いう愚にもつかない質問をしたところ、「なれますよ。ダレでも。
          一日
20時間働く体力があれば」というトンデモ回答が返ってき
          たくらいですからね。まあ、裏を返せば、その20時間を半分に
          したければ、その分の才能と並々ならぬ努力が必要だという事
          なんでしょう。少年時代の私の未来予想図から、“プロデューサ
          ー”という職業が消えて無くなったのは言うまでありません。

    1207398373.jpg 

          さて、そんな当時のM氏より、おそらく多忙であろうブラウン氏
          が、2004年、なんと“ギタリスト”としてデビューを飾り、ファー
          スト・アルバムUp Front をリリース。多くのスムースジャ
          ズ・ファンに衝撃を与えました。

          「同姓同名の新人じゃなかったの?」
          「ほんとにギター弾けるの?」

          リリース前の懐疑的な評判もなんのその。セルフ・プロデュース
          によるデビュー・アルバムは、“ギタリスト”ポール・ブラウンの
          センスとテクニック、そして抜群のサウンド・プロデュースが相互
          に作用し合う、極上のスムースジャズを提供していました。
          控え目ながらもキラリと光るフレージングの妙、余力を残したソ
          ロ・ワーク、共演者とのコントラストを自在に操るバランス感覚。
          「そこまでやられたら敵わん!」本職のギタリストが思わず嫉妬
          する程の名演が、そこに収められていたのです。

          収録曲は、オリジナル楽曲、スタンダード、ポップスのカバー等
          「やりたかった事を色々やってみました」的なミックス・ジョイです
          が、各楽曲に共通項としてインプットされているのは、リスナー
          に、まるでリゾートへ来ているかのようなリラックス感覚を抱か
          せるポール・ブラウン節。さらにこのUp Front には、子飼い
          のミュージッシャンであるボニー・ジェイムスを始め、リック・ブラ
          ウン、ジェフ・ローバー、チャック・ローブといった“同じ釜のメシ
          を食う”仲間達と、まるでホームパーティーを楽しむかのような
          温かいムードが満ちており、“ブラウン節”のリラックス感覚も、
          その特徴をさらに際立たせているように感じられます。

    1207398427.jpg 

          おすすめトラックを挙げると、G.ベンソンを思わせるオクターブ
          奏法とユニゾン・スキャットが渋いWes' Coast Swing
          ウェス・モンゴメリーのナンバーを現代風アレンジで焼き直した
          ② Angel 、ジェイムス“JT”テイラーのヒット曲をカヴァー
          したDon't Let Me Be Lonely Tonight 、リック・ブラウ
          ンとの共演でラジオ&レコーズ誌2位を獲得した24/7 等。
          さらにチャック・ローブとの共作Moment by Moment
          は、ブラウン節の“リラックス”と、チャック節の“クール”が絶妙
          な化学変化で結合した究極のスムーストラック。晩夏から初秋
          へと移ろうこの時期、貴方にとっても手放せない一曲になるか
          もしれませんヨ♪ (試聴はコチラ↓↓↓ )

   

                        ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                 ① Wes' Coast Swing
                                          ② Angel
                              ③ Moment by Moment
                    ④ Don't Let Me Be Lonely Tonight
                             ⑤ My Funny Valentine
                                       ⑥ Phat City
                               ⑦ Sweet Sweet Love
                                ⑧ Ain't No Sunshine
                                       ⑨ Chill Out
                                          ⑩ 24/7
                                     ⑪ Dear Ndugu
                                     ⑫ Moondance


                               ★★★★★★★★★★★★

    1207398528.jpg 

          このアルバムに関する後日談で思わず吹いてしまったのは、
          ゲスト参加したボニー(ジェイムス)君の「(収録は)猛烈に緊張
          した」というコメントですネ。ムリも無い。ボニー君にとっては、
          師であり恩人でもあるブラウン氏のデビュー・アルバム。参加し
          た他のどのミュージシャンよりもプレッシャーを感じたのも理解
          できるような気がします。できることなら逃げ出したかったんじ
          ゃないでしょうか。「あの…祖母の弟が交通事故に遭ったんで、
          今日は帰ります…」なんつってね。そんで次の日から音信不通
          になるバイトくんみたいなノリで。でも無事に収録が完了して良
          かったネ。ボニー君!(笑)

                     


                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
          このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
        ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                     人気blogランキング


コメント(転載)

こんばんは!僕もこのアルバムはダウンロード版を持っていますが、おっしゃるとおりギター演奏はなかなか上手いですよね。最近はJeff LorberやEuge Grooveのアルバムでもギタリストとしてクレジットされてますね。でも何で、この方はこんなにも「仕上り具合」完璧なのでしょうか。なかなかここまでの完成度は出せないけどなあ。

最新作White Sandでは「枯れた」感じの良い演奏になってきましたね。この頃はまだ模索していた感じもありますが。(^o^)

投稿 五郎兵衛 風来坊 | 2007.08.28 22:57


To 五郎兵衛 風来坊さん
こんばんは!(・∀・)/
ようこそおいでくださいました♪

『仕上がり完璧』!ホントですよねぇ。
私の中でも、「ブラウン氏のプロデュースなら
安心!」みたいな信頼感があります。これまで
期待を裏切られたことは無いですね。

新作の“White Sand”は、私、未聴なんです。
『枯れた感じ』ですか。良い哉。良い哉。
2ndは JEFF GOLUB っぽいイメージでした
から、どんなカタチにまとまっているか興味が
湧いてきました~。( ̄∀ ̄)

閑話休題…

五郎兵衛 風来坊さんの“晴れ姿”、ブログで
拝見いたしました!!ステージ(舞台)で注目
されるって、なかなかカイカンですよね!無事
のお勤め(?)お疲れ様でした!

投稿 ヤセガエル | 2007.08.29 00:30


お邪魔します。
はじめまして。先ほどは私のブログにコメント頂き有難う御座いました。
このアルバムは一時期ネット・ラジオのスムース・ジャズ・ステーションでヘヴィー・ローテーションでした。何曲かはWAV録音(?)して聴いていましたが,心地よく流れるようなギターだと感心しました。以前から名前だけは知っていましたが、仰る様に是ほどにギター演奏の実力を持っていたとは!。アルバムを購入しようか迷っていましたが、貴兄のレヴューを読んでいたら無性に聴きたくなりました。購入決定ですネ。
これからも宜しくお付き合い下さい。

投稿 FUSION | 2007.09.01 00:31


To FUSIONさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)/

おお!?購入決定ですか!
やはりカシオペアのファンの方はハナシが速い
ですね。(笑)
FUSIONさんは、このテのサウンド・アプ
ローチにも造詣の深い方だとお見受けしており
ますので、ぜひ堪能していただきたいと思って
おります。

今後もお気軽にご訪問・コメントいただけると
ウレシイです!
こちらこそ宜しくお付き合いくださいませ!

投稿 ヤセガエル | 2007.09.01 01:38


このアルバムには驚きましたね。
彼がソロ作をだすなら、「キーボーディストとして」
というイメージがあったもので。
そもそもこれがデビュー作だったということにも驚きましたが。
それにしても、エンジニア~プロデューサー歴の
長さからメンバーも凄いですねぇ。

投稿 でんた | 2007.10.17 14:47


To でんたさん
こんばんは(・∀・)♪
コメントありがとうございますっ!

ホントにすごいメンツですね!スムースジャズのオール
スター戦(ホームラン競争付き)ってカンジです。

キーボードやプログラミングもサラリとやってのける人物
ですから、アルバムデビューの噂が出てきた時には、私
もでんたさんと同じように「へ~……デヴィッド・フォスター
みたいな鍵盤の作品を出すのかな?」と勝手に想像して
ましたね。フタを開けてみたら「ギターかいっ!」みたいな
大サプライズだったワケですが。

最近はギタリストとしてのクレジットも多くなってきてます
し、子供の頃の夢はギタリストだったんじゃないかな~~
なんて想像しちゃいますね( ̄▽ ̄)

投稿 ヤセガエル | 2007.11.19 22:47


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。