■BoneyFrog Blog■

 

 

★1万2千年後の七夕伝説★


    1198934364.jpg 

          今日は7月7日、七夕ですね!
          当地・神奈川は、今年も見事な(?)曇り空。年に一度の願い事
          も、どの方向へ向かってお願いすれば良いのやら・・・・。皆さん
          がお住まいの地域はいかがでしょうか?

          さて、この七夕の“お願い事”。元来は、天の川に隔てられた
          織姫彦星が、年に一度だけ逢うことを許されている7月7日、
          二人が無事に逢えるように晴天を“お祈り”するのが起源です。
          (この日雨が降ってしまうと、天の川の水かさが増して、織姫
          川を渡れなくなってしまうから。→起源については諸説アリ)

          ちなみに織姫は上の画像中央上部、こと座Vega(ベガ)

                                          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                                1208943765.jpg

          対して彦星は、こと座の右下、天の川を隔てたわし座のクビ部
          分に位置するAltair(アルタイル)のことです。

                                          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                                 1208943846.jpg 

          二つの星の距離は実に14.8光年。ま~・・・ものの見事に引き
          離されちゃってます(苦笑)。
          引き離した張本人はほかでもない、織姫のお父さんである天帝
          (北極星)
さん。天球の中心にある星とはいえ、我が娘に対して
          あんまりな仕打ちじゃございませんか。娘は泣いてるぞ!

          織姫がどのくらい悲しんでいるかというと、それはもう、のたうち
          回るくらい悲しんでいます。どの位“のたうち回って”いるかとい
          うと、自転周期12時間という凄まじいスピードで“のたうち回っ
          て”いるのです(ちなみに太陽の自転周期は27日)。
          ウィキによると、この自転スピードは、自壊する自転スピードの
          リミットギリギリの94%!可哀相じゃあないですか。
          彦星君だって織姫を上回る自転周期10時間(秒速200km)、
          これまた目もあてられない自壊モードです。

          ところが・・・・。

          この“悲劇”は永遠のものではないのです。
          この記事のタイトルにある“1万2千年後”の未来、この伝説に
          はハッピーエンドが待っているかもしれません。

          下の図をご覧下さい。(AstroArtsより)

    1208944099.jpg 

          これは、地球の自転軸がコマのように円運動をしている様子
          を表した図です。
          この自転軸の円運動は、一周するのに約2万6千年。この運動
          を歳差運動といいます。

          自転軸が円運動するということは、当然自転軸の中心も円運動
          しているということ。すなわち中心軸の延長線上にある天帝さん
          (北極星)
は、たまたま中心にいるということになるのです。

          紀元前2800年頃は、りゅう座にあるトゥバンが、同じく紀元前
          1100年頃は、こぐま座にあるコカブが中心にありました。今の
          北極星が最も天の中心に近づくのは、西暦2100年頃。つまり
          その時点が天帝さんのピークです。

          そして1万2千年後の未来。北の空、自転軸の延長線上にある
          天の中心はどの星か。もうお分かりですね?

          それは・・・・。














                                1208943765.jpg

          「ホーホホホ!私の時代よ!お父様!!(゜∀゜)」


          ・・・そうです。それはVega。織姫なのです。



          1万2千年後の未来、天帝さんは天帝でなくなり、織姫が天帝
          に取って代わるワケです。
          このとき、おそらく織姫と彦星の悲劇の伝説は、誰もがうらやむ
          壮大なハッピーエンドを迎えるに違いありません。かつて二人
          を隔てた天の川も、14.8光年の遠距離恋愛も、“新”天帝とな
          った織姫のパワーで、大きく様変わりすることになるでしょう。
          (ホントか?)

          ただし織姫さん。その時、“元”天帝のお父さんを、あまり邪険に
          しないほうがイイですね。・・・また・・ぐるっと一周するワケだし。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          さて、そんな伝説の展開も、夜空の推移も、私たち人類が存続
          していないと見続けることはできません。古代人が、天の中心
          として仰いだであろうドゥバンとコカブ、そして我々の見ている
          北極星。この先、天の中心となる星(明るい星)は、ケフェウス
          座のエライ→アルフィルク→アルデラミン→はくちょう座のデネ
          ブへと移行していきます。

          織姫が天帝となるのは、さらにその3500年後の西暦14000
          年頃。人類がその時を迎えることができるかどうか、それは、
          今を生きる私たち次第。織姫の高笑いを聞くためにも、なんと
          か頑張ろうじゃないですか!
          私はとりあえず・・・・・エアコンの設定温度2度上げますです。
          (小せぇ~)

                    ★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
               オイラも設定温度を上げよう!と思われた方、
        ランキングへ、清き1クリック投票をお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                 人気blogランキング


コメント(転載)

西暦14000年の地球でも、このブログが見られているかもしれません。1万年以上も前にこんなことを心配していた地球のヒトがいたなんて…なんて、なんかロマンを感じます。
北海道のヒトは不思議とお盆近く(8月7日)に、七夕を祝う習慣があるので、7月7日はどうもピンとこないでいます。
おとといが新月だったので、天の川を探して、小1時間ほど、星空ドライブに出かけました。ネット&オープンエアで、雲の切れ間を探してドライブでしたが、あいにくの曇天で、白い天の川は、白い雲のベールに包まれたままでした。天頂付近のベガ様とアルタイル様には、なんとかお会いすることができました。
来月のペルセウスに期待します。また、カキコします。おひさしぶりの蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.07.16 08:36


To 蓬堂さん
こんばんは!いらっしゃいませっ!
ご訪問+コメントありがとうございます♪

いや~…西暦14000年に拙ブログが残っていたら、それは
大変名誉なことですねぇ。ううむ…でも、そうなると、もう少し
中身のある記事を書かないといけませんね…(・ω・;)

さて、七夕に地域差があるのは存じておりましたが、北海道の
方は8月がメインなんですね。初めて知りました。
こちらも、晴天が期待できる8月にすればいいのに…とか思い
ます。もっとも、こちらの場合は“光害”のせいで、天の川を観るチャンスもほとんど無いんですけどね。(^-^;)
私が最後に天の川を観たのは、たぶん15年以上前。山梨県の
清里へドライブに出かけた時です。また機会があれば行ってみたいですね~。( ̄ω ̄)

とりあえず来月の流星群目指して、天体望遠鏡の購入を考えているヤセガエルでした。
また遊びにいらしてください~♪

投稿 ヤセガエル | 2007.07.17 02:13

スポンサーサイト

テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 07 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.