■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

◆江ノ島にゃんこ物語~トラジのお見合い候補~◆


          江ノ島で再会した、ヤセガエルと猫のトラジの物語。
          (※ちなみに、第一話“トラジの悲劇”はコチラから) 

          「・・・お、いたいた。お~いトラジ!」

       1208948011.jpg 

          「・・・な~・・・??」
          「オレだオレ。久しぶりだなぁ」
          「・・・・・・・・・・・」
          「あれ?忘れたのか?オレだオレ」
          「・・・・・・・・・・・」
          「ほら!マリンちゃんの件で」
          「・・・・・・・・あぁ」
          「思い出したか?」
          「・・・あの時のサエない君だね・・・」
          「いきなり“サエない君”はキツイな」
          「何か用?キミとは関わりたくないんだけど」
          「そう言うなって。マリンちゃんの件はオレが悪かったよ」
          「カンタンに謝ってほしくない」
          「いや・・・わかる!わかるぞ!失恋の痛手は尾を引くもんだ」
          「わかったようなコトを言ってほしくない」
          「そんなにとんがるなって~」

       1208948087.jpg 

          「いったい何の用?・・・ていうか、よくボクの前に姿を現せるね」
          「まあまあ。こないだはオレも事情が解らなかったということで」
          「キミの口車に乗ったボクも浅はかだったけどさ」
          「そう言わずさ~、機嫌直してくださいよ~、トラジく~ん」
          「まったく・・・キミのそういう軽~いノリがたまらなくイヤなんだ。
          あのねぇ、ボクはあの後本当に大変だったんだよ。仲間からは
          バカにされるし、マリンちゃんの旦那さんとはバトルになっちゃう
          し。キミのせいで散々だったんだから」
          「ほうほう」
          「ココなんか見てよ。マリンちゃんの旦那さんに噛まれた痕」
          「噛まれた!?ほうほうほう」
          「“今度言い寄ったら殺す!”とか言われてさ。最低だったよ」
          「ほうほうほうほう。・・・で、バトルには勝ったのか?」
          「・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・もしもし?」
          「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」




          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




   「負けたワケね」


          「勝ち負けなんか問題じゃないよ!」
          「ほほ~う」
          「人妻に手を出した上に、ケンカで旦那さんに勝ったりしたら、
          それこそ二重の非常識じゃないか」
          「そうか?晴れてマリンちゃんをモノにできるかも」
          「それじゃならず者だよ」
          「人間の世界じゃよくあるコトなんだが」
          「・・・・・・・・・・人間てケダモノなんだね」
          「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

       1208948011.jpg 

          「・・・で、何か用?キミとは関わりたくないんだけど」
          「二度言われるとヘコむな」
          「三度言われたい?」
          「待て待て。今日はイイ話を持ってきたんだって!」
          「・・・・・・・・・」
          「こないだは迷惑かけたからさ、だから今回はトラジのチカラ
          になりたいと思ってイイ話を持ってきたんだよ」
          「・・・・・・・・・」
          「トラジ、今フリーだよな」
          「・・・・・・だったらナニ?」
          「オマエもさ、マリンちゃんのことは忘れて前に進みたいだろ?」
          「・・・・・・・・・」
          「こないだも言った通り、女のコは他にもいっぱい居るワケよ」
          「・・・・・・・・・」
          「それでだ。オレがトラジのお見合いをセッティングしてやろうと
          思ってさ、ホレホレ、見てみ!見てみ!この写真!」
          「・・・・・・・・・」
          「どーよ、このコなんか!ヨットハーバーで一番イイ女なんだ・・・
          ・・・ってのはサスガに知ってるか!ハハハハ」
          「・・・・・・・・・」
          「オマエもそろそろ結婚したい・・・年齢・・・」
          「・・・・・・・・・」
          「・・年齢・・・」
          「・・・・・・・・・」

       1208948087.jpg 

          「・・・・・・・・・」
          「・・・トラジくん、キミ何歳?」
          「そういう大事なことは先に調べない?普通」
          「わははは。うっかりしてた」
          「6歳」
          「はい?」
          「6歳」
          「それは・・・あ~・・・人間で言うと何歳?」
          「あのね、それを換算するのはキミの仕事!立場を逆にしてみ
          なよ。その質問がどんだけスットコドッコイなのかわかるから」
          「また美しい日本語をご存じで」
          「その写真のコは確かにヨットハーバーで一番の美女だけど」
          「“美しい日本語”はスルーですか」
          「ヨットハーバーで一番リッチなオトコのカノジョだよ」
          「・・・猫の世界にもリッチとプアがあるのか・・・」
          「ボクみたいに縄張りも狭い、狩りもヘタクソな・・・」
          「野良ネコじゃ勝てないぞと」
          「野良は余計だよ」
          「じゃあこのコはどうよ!?オレ的にはナンバーワンだな」

       1208948011.jpg 

          「そのコもダメだね」
          「ナゼに一刀両断なん?また人妻とか」
          「違うよ。そのコは教祖様」
          「きょ・・・なんだって?」
          「教祖様。最近コッキング苑の辺りで流行りだした新興宗教の
          代表だよ。その美貌でオスを勧誘してるんだ。おことわりだね」
          「・・・猫の世界にもインチキ宗教があるのか・・・」
          「キミってさ、表面的な美しさしか見えないタイプ?」
          「失敬な。そんなコトはないぞ」
          「だってキミが選んだコは、江ノ島でも一、二を争う性悪女なん
          だもの。彼女達、顔は綺麗だけど中身はパッパラパァ~だよ」
          「俺は確かに面食いだが、中身はより大事だと思ってます!」
          「“パッパラパァ~”はスルーなんだね」
          「そんなコト言うなら、これが最後だっ!とっておきのコ!」

       1208948087.jpg 

          「ふう・・・じゃあ、あんまり期待してないけど一応写真見せてよ」
          「待て待て。イキナリ全てを明かしちゃったら面白くないだろ?
          小出しに情報出すから当ててみな。クイズ!クイズ!な?な?」
          「ウザイな~。キミのそういう軽~いノリがたまらなくイヤなんだ」
          「見事正解したらペディグリーチャム一ヶ月分プレゼント~!」
          「それはドッグフードだよ」
          「このコはな、ちゃ~んと事前にリサーチしてるぞ。彼氏は居な
          いし、人妻でも教祖様でもない。今、カレシ募集中だ!」
          「ボクのリサーチはいい加減だったクセに」
          「歳は4歳。あ~・・・・人間に換算すると~」
          「換算しなくてイイよ。ボクにとっては無意味だから」
          「ちなみに体毛はオマエと同じトラ柄だ。親近感湧くだろ」
          「・・まあね」
          「周囲の評判もなかなかだ。控え目なタイプで料理も上手」
          「・・ふうん」
          「ちっとは興味が湧いたか?」
          「・・まあね」
          「誰のコトだかわかる?」
          「それだけじゃなァ・・・・・」

       1208948011.jpg 

          「そのコさ、縄張りはどの辺り?」
          「お?食いついてきたな!エノスパ近辺だ」
          「エノスパ・・・そんなコいたかなァ?」
          「いるんだなコレが。顔は、そうだな・・・まあまあブサカワイイ」
          「意味わかんないよ」
          「普段はシャイだけど、オトコにはちょっと大胆系?」
          「意味わかんないよ。どこがオススメなのかも」
          「いいかトラジ、このコな、見てると結構危なっかしいんだよ。
          オマエみたいな誠実で堅実なオトコが付いてて、バシッとリード
          してあげれば安心ってもんさ。亭主関白っぽいのはどうよ?」
          「まあ・・・引っ張り回されるよりはイイかなァ・・・」
          「放っておくと、オマエの嫌いな“ちゃたろー”あたりに、パカッと
          おマタを開いちゃうかもしれないんだぜ?許せるか?」
          「・・・それは許せないね」
          「今だったら、彼女のおマタはトラジにパカッと開くわな」
          「おマタが最重要なのかい?キミってケダモノだね」
          「っつーか、このコお買い得!大チャンスだと思うぞ」
          「・・・う~~~~~ん・・・」
          「お見合いしてみっか?」

       1208948087.jpg

          「・・・う~~~~~~~ん・・・」
          「あのなトラジ。イイ男ってのはな、ピンチの時にはジックリと、
          チャンスの時には機敏に行動するもんだぞ」
          「・・・・・・・・・・」
          「今回はどうよ。機敏に行動すべきだと思わないか?」
          「・・・・・・・・・・」
          「オマエがそうやって腹筋してる間に、俺がお見合いの段取り
          をしてやろうってんだ。ヒトの好意は素直に受けるもんだぞ」
          「・・・腹筋してるワケじゃないけど・・・現実味を帯びてきたら急
          に緊張してきちゃった・・・」
          「じゃあ、もう情報の小出しはナシ!写真見せるからなっ!」
          「えっ?ちょ、ちょっと待ってよ・・・・」
          「ペディグリーチャムに未練でも?」
          「ドッグフードに興味は無いよ」
          「だったら、ハラぁくくってとくと拝みやがれ~い」
          「・・・ど・・・どんなコなんだろう・・・」
          「ハイッ!ジャジャンッ!」
          「・・・・・・・・・!!」

       1208948011.jpg 

          「本日のお買い得!エノスパの“サンゴちゃん”でござ~い!」
          「・・・・・・・・・・」
          「ブサカワでトラ柄!おとなしいけど夜はダイタン!」
          「・・・・・・・・・・」
          「お料理上手で床上手!」
          「・・・・・・・・・・」
          「早くしないと売れちゃうぞ!さあ、どーだ!」
          「・・・・・・・・・・」
          「お見合いするだろ?“ウン”って言うよな?」
          「・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・・・・・・・」

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       1208948087.jpg 

          「なんだよトラジぃ。リアクションに乏しいぞ」
          「・・・・リアクションのしようがないよ」
          「好みのタイプじゃなかったのか?」
          「そういう問題じゃない」
          「年上が好みとか」
          「関係ない」
          「やっぱりブサイクはダメか?」
          「・・・なんだって?」
          「ブサイクなコはダメか?」
          「ブサイク?」
          「・・・なんだよ、突っかかるなぁ」
          「夜はダイタンとか言ってたよね」
          「言ったかもしれん。キャッチ・コピーで」
          「床上手だって?」
          「それもまぁ、そうだろうと」
          「気を付けてあげないと、おマタをパカ~ッと開くって?」
          「相手がトラジなら問題無いだろ?」
          「・・・・・・・・・・・あるよ」
          「なんで」
          「あるからあるんだよ」
          「だーーーーー!!だからドコが問題だっての!!」

















     「サンゴはボクのだからだよ!」

              -完-
  

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★ 

     (※よろしければ第三話【トラジのLOVE STORY】へおいでませ)

                             ★★★
★★★★★★★★★★★★★ 

                       ご訪問ありがとうございました!
           こんなバカバカしいフィクションを支持される奇特な方、
           ランキングへ清き1クリック投票をお願いいたします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

          人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート    ジャンル : 小説・文学

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。