■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR LARRY CARLTON / Larry & Lee♪


    larry  lee 00 

   
      【実はソックリな二人♪】

          ジャズを基調に、洗練されたフレージングと、爽快感溢れるギタ
          ープレイを得意とするリー・リトナー
          ブルージーなテイストとエモーショナルなサウンド、情感溢れる
          ギタープレイが身上のラリー・カールトン
          そのルーツ、プレイスタイル、作り出される楽曲、何もかもが対
          照的な二人。ジャズ・フュージョン界のリーディング・ギタリストと
          して相互に独自路線を開拓していた彼らが、’94年に突如発表
          したコラボレート・アルバム製作のニュースは、非常な驚きをも
          ってリスナーの間に伝えられました。

          同じ’94年に先行リリースされていた、パット・メセニーとジョン・
          スコフィールドのコラボレート・アルバムも大変なトピックでした
          が、リリース前のLarry & Lee  への興味はそれ以上。
          また、一部のファンにとっては非常に意地の悪い興味をそそら
          れるアルバムでもあったのです。
          というのも、パットとジョンはともかく、リーとラリーの相性は最悪
          だろうと考えているファンが多かったんですね。

          「史上最低のコラボになるかも」
          「いや、すごいギターバトルになるに違いない」
          「“共演”じゃなくて“競演”か?」

          実際、パット・メセニーとジョン・スコフィールドのコラボレーション
          アルバム“I Can See Your House from Here” も、相互
          の個性がぶつかり合う、ある意味非常にタフな内容でした。比較
          的マッチングしそうなパットとジョンでさえ“競演”になるんだから、
          リーとラリーはさらにカゲキに・・・?
          気の早いリーのファン、あるいはラリーのファンは、リリース前
          からそれぞれの贔屓するアーティストに肩入れし始め、「どっち
          がNo.1ギタリストか!?」などと論戦にも花が咲きましたね。

    larry  lee 01 

          ところがLarry & Lee が発売されて数日も経たないうちに、
          そんな論争はピタリと無くなってしまいました。

          「思ってたのと全然違くね?」
          「っつーか、バトルなんかどこにも無ぇ~」
          「すっげー楽しそう!」
          「誰だよ。二人が仲悪いっつったの」

          そうなんです。二人の演奏は、一聴してそれと判るほど極めて
          個性的な演奏であるにも関わらず、互いの長所をツブシ合うこ
          と無く、極めて絶妙にマッチングしていたのです。
          ジャジーなリーと、ブルージーなラリー。互いの良さを確認しつ
          つ、存在を意識しつつ作られた、それは紛れもないコラボレー
          ション(共同作業)作品。当初、妙な肩入れをしていたファンも、
          文字通り“肩透かし”を喰らってしまいました。

          どの辺りが“絶妙にマッチング”しているのかを文章で表現する
          のは大変難しいのですが、強いて言うなら、楽曲の中での二人
          の“呼吸”なんかが絶妙です。

          たとえば、曲が始まって、「この部分まではこんな調子で……」
          という所における、“こんな調子”に対するお互いのイメージが
          近い。あるいは、引く部分、押す部分、噛み合う部分に対する
          イメージが近いんですね。
          その根底には、楽曲に対して共通のイメージを描くことが出来
          るということ、つまり“シンパシーが存在する”ということと、互い
          に同じギタリストとしての敬愛と尊重の意識が見えるということ
          なんですね。

          まぁ…私のヘタクソなレビューよりも、試聴した方が早いかな?
          っつーワケで試聴へGO(笑)!

    larry  lee 02 

                    ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                  ① Crosstown Kids
                         Low Steppin'
                                  ③ L.A.Underground
                                  ④ Closed Door Jam
                                    ⑤ After The Rain
                                 ⑥ Remembering J.P.

                        Fun In The Dark
                                ⑧ Lots About Nothin'
                                      ⑨ Take That
                                   ⑩ Up And Adam
                       ⑪ Reflection Of A Guitar Player

                              ♪試聴はコチラ↓

         

         

    larry  lee 03 

                               ★★★★★★★★★★★★

          さて、今回ご紹介したアルバムはいかがでしたか?
          記事タイトルの
“実はソックリな二人♪ ” という意味がお解りいた
          だけましたでしょうか(そう思えるのは私だけ?)。

          この後リーは、ボブ・ジェームス、ネイサン・イースト、ハーヴィ・
          メイソンらとFOURPLAY を結成します。また、リーのバンド離
          脱時に、後釜としてラリーが加入したのは皆様ご承知の通り。
          他のFOURPLAY の面々も、リーとラリーに共通項を見出した
          からこそ、彼らをバンド・メンバーとして招集したのではないでし
          ょうか。このアルバム
Larry & Lee を改めて聴いていると、
          そんな風に実感するのです。


                                  


                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。