■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪ANITA BAKER / Rapture♪


    rapture.jpg 

            【'80年代最強の“勝負”アルバム】

          恋愛の途上で、「今日こそは思いを遂げる!」と決意した時、人
          は、男女を問わず様々な勝負アイテムを用意するものです。
          アウターは適当か?シャツとどう組み合わせる?靴はちゃんと
          磨いてあるか?下着はSexyなものを選んだか?そしてムード
          を盛り上げるBGMに抜かりは無いか?

          今日ご紹介するアニタ・ベイカーのRapture は、おそらく
          80年代に恋愛適齢期を迎えていた世代にとって、かなり貢献度
          の高い“勝負”アルバムだったのではないでしょうか。
          かくいう私も、このアルバムのリリースされた’86年は大学生活
          真っ只中の恋愛適齢期。思い出深いアルバムなワケです(笑)。

          印象深いのはこのアルバムとの出会いですかね。
          当時私はイタメシ系レストランでウェイターのアルバイトをしてい
          たんですが、お店の有線で定期的に流れる、ある楽曲について
          のお客(特に女性)の反応が異様に大きかったんです。

          「ねェ○○クン、この曲ダレが歌ってるかわかる?」
          「はい。アニタ・ベイカーでございます」
          「へえ~・・・なんて曲?」
          「はい。スウィート・ラブでございます」

          「アニタ・ベイカーでございます」っつう返答も妙ちくりんですが、
          本当に何人もの女性から訊かれたんで、とても鮮明に憶えてる
          んですね(普通はBGMの曲名なんか訊かれないんで)。
          当時はユーロビート全盛で、デッド・オア・アライブなんかが打ち
          込みでガリガリやってたから、アニタ・ベイカーの人間臭い歌と、
          生音の演奏が余計に新鮮に響いたのかも知れません。

          「これだけ反応が大きいというコトは・・・」
          当然“使える!”というコトです。勝負する時に。
          ゴハン食べながらでも「あら?」と思わせる力を持っている楽曲
          なら、「まさにココだ!」という瞬間には大きな武器になるんじゃ
          ないかと思うのも当然。ソウル・R&Bにちょっとうるさかった私
          はモチロンのこと、普段はソウルなど見向きもしないバイト仲間
          も、同じ目的でタワレコに駆け込んだもんです。

          実際に購入してみると、コレが捨て曲のいっさい無い大傑作!
          くだんのSweet Loveをオープニング・トラックに配置し、
          最終トラックのWatch Your Step まで流れるように聴か
          せる全8曲は、全てが上質でムーディー。ジャジー&エモーショ
          ナルにアレンジされた楽曲の上で、軽やかに、時に熱く歌い上げ
          るアニタのヴォーカルは、天空から都会の夜景を見渡すような
          夢心地にさせてくれたものです。

          「上手くいった!あのアルバム最高だな」
          「なかなか落ちなかったコがついに!」
          「最強だな、最強」

          ミッション成功の報告と、絶賛の嵐が吹き荒れる頃、当然傍観者
          に甘んじているハズがない私も、ついにその勝負の日を迎えまし
          た。
          当時、友達とも彼女とも言えないビミョーなラインで、「もう、そろ
          そろ食っちゃうか?」と狙っていたN美ちゃん(仮名)を、うまうまと
          湘南ドライブに誘った帰り。BGMはTOTOからボズ・スキャッグス
          へ、ボズからボビー・コールドウェル、そしてボビーから…。

          暮れなずむ海岸線、光を増してゆく灯台、夕凪と潮騒と…。
          いつもは明るくハシャぐN美ちゃんも、ウットリと夕暮れの海岸へ
          視線を向けています。
          やがてその潤んだ視線は私へと向かい、私も“その時”が来た
          ことを確信した瞬間、その曲が流れたのです。

          アニタのSweet Love・・・。

           

          高鳴る鼓動、手に汗を握り、間近に視線を絡ませたその時、N美
          ちゃんは言いました。

          「ね、○○クン」
          「ん?」
          「コレ、ダレの歌?」
          「はい。アニタ・ベイカーでございます」
          「・・・プッ!なにソレ!アハハハ」
          「(・・・し、しまった!つい条件反射で・・・)」
          「○○クンて本当に面白いね~!アハハハ!」
          「・・・だろ?・・・わはははは~・・・(T-T)」

          ・・・・・・・・・・

          その後私の中では、アニタのSweet Love は“勝負ソン
          グ”から“惨敗ソング”へとランクダウンしてしまいました。
          まァ、自ら地雷を踏んでしまった私自身が悪いんだけどぉ…。

          そんなワケで、ホロ苦くも懐かしい思い出とともに輝いている
          このRapture 。未だに聴いたことがない!という恋愛適齢
          期の方々には、ゼヒともオススメの作品です。デートのBGMに
          していただきたいですネ。
         でも、「これ、ダレの歌?」って訊かれた時の準備も忘れずに。

                 ★★★★★★ 収録曲はコチラ↓★★★★★★

                                       ① Sweet Love
                                  ② You Bring Me Joy
                           ③ Caught up in the Rapture
                                     ④ Been So Long
                                         ⑤ Mystery
                               ⑥ No One in the World
                                    ⑦ Same Ole Love
                                  ⑧ Watch Your Step

                                  


                          ★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


トラックバック(転載)

» 【Anita Baker】 Rupture [Funky Sensation]
気がつけば日付変更線を越えていた。41歳になった。 1年前、(ついに40代かぁ)と思った時とは比較にならないくらいの焦りを感じる。 50歳までのカウントダウンがスタートしたような(笑・・・・・・・えない)何...
[続きを読む]

受信: 2007.05.20 02:59


コメント(転載)

ヤセガエルさんこんばんは!恋愛適齢期真っ只中のライムです。

このアルバムを含め、アニタ・ベイカーの作品は、まだ1枚も聴いたことがなかったのですが、ヤセガエルさんの記事を読んで、今少し後悔しております。
「Sweet Love」さえあればもう少しスムーズにコトが運んだか.......と(^^;

しかし、レモンは大のジャニーズ好き。彼女に「Sweet Love」の魅力は通用するかは疑問でありますが、購入してみようと思います。

長文&私事ばかりですみませんでしたm(-_-)m

投稿 ライム | 2007.05.14 00:05


To ライムさん
こんばんは!(・∀・)
ご訪問&コメントありがとうございます♪
…ていうか、この記事でライムさんが釣れる(?)とは
思いませんでした(笑)。

すでにレモンさんとラブラブのライムさんに、アニタの
アルバムがフィットするシチュエーションは…。
…う~ん。やっぱりスペシャルな日ですかね。誕生日
とか記念日。ケンカの後の仲直りの時にも有効かな?

あとは…そうだなぁ…たとえばレモンさんへ何か重大な
“決意”を表明する時にも効力を発揮するかもしれません!
(ちょっと気が早い??)

ソレはさておき、“Sweet Love”は、ライムさんにとっても
強力なリーサルウェポンになると思いますので、ゼヒ活用
してくださいね~!(^0^)

投稿 ヤセガエル | 2007.05.14 01:22

スポンサーサイト

テーマ : ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 10 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。