■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

◆江ノ島にゃんこ物語~トラジのLOVE STORY~◆


    江ノ島で再々会した、ヤセガエルと猫のトラジの物語。
    (ちなみに前回の【トラジのお見合い候補】はコチラ)

                          ★★★★★★★★★★★★★★★

    「ハロ~♪ トラジくん!ひっさしぶりィ~♪」
    「・・・・・・・・・・??」
        
    1208948087.jpg

    「相変わらず腹筋か?精が出るなぁ」
    「・・・・・」
    「なんだよ。オレを見忘れたか?」
    「・・・・・」
    「ホラ!オレだよオレ!サンゴちゃんの時の」
    「・・・覚えてるけど思い出したくない」
    「わかる!わかるぞ!あん時はオレが悪かったよ。ハハハ」
    「そのまったく悪いと思ってなさそうな態度が気に入らない」
    「そうトンガルなって~トラジく~ん。同じオッパイ星人同志じゃないか」
    「ボクはそんな星の住人じゃないし、そもそも人じゃない」
    「相変わらずいけずじゃの~」

    1208948011.jpg

    「・・あのね、ハッキリ言ってキミなんかと関わってるヒマなんてないし、
    関わりたいとも思わないし、女のコの紹介なら間に合ってるから結構」
    「・・・なんだって!?今、何て言った!?」
    「・・・キミに用は無いって言ったんだ」
    「違う!最後の方に何て言った!?」
    「・・・・・」
    「女のコなら間に合ってるって聞こえたぞ?」
    「・・・・・」
    「トラジ・・・オマエ・・・」
    「うるさいな~・・・そんなたいそうな話じゃないでしょ」
    「マジ!?ついにカノジョができたんだな!!」
    「“ついに”は余計だよ」
    「うをををを!そうか!!トラジ!おめでとう!!」
    「・・・・・」
    「いや~良かった良かった!マジおめでとう!!」
    「・・・あ・・・あ~・・・あり・・がとう・・・」
    「で、どのコ?」
    「・・・・・」
    「な?な?どのコだよ?ウヒヒヒヒ」
    「・・・ボクは祝福の対象?それともゴシップの対象?」
    「大の男が細かいコトを気にするな!どのコだよ?」

    1208948011.jpg

    「あのコ」
    「え?どれどれ?」
    「あのコ。青いヨットのそばの・・・」
    「ほうほう」
    「キラキラ純白の毛の・・・」
    「ほうほうほう」
    「尻尾のスラッとした・・・」
    「オッパイの大きいコだな?」
    「そんな目で彼女を見ないでよ」
    「やっぱり同じ星の住人だ」
    「断じて違う」
    「カッコつけなくてもイイぞ。ウヒヒヒヒ」
    「・・・祝福されたと一瞬でも思ったボクが浅はかだったよ」

    1208948087.jpg

    「で、トラジくん。ゼヒ感想を伺いたいね」
    「感想ってナニさ?」
    「決まってるだろ?あんなキレイでオッパイの大きいコをカノジョにした
    んだ。要するにアレだ。どんな按配よ?むふふふ」
    「・・・まったく、キミは相変わらずケダモノだね」
    「っつーかトラジ、いつから彼女と付き合ってんだ?」
    「・・・半年前からだよ」
    「ほうほうほう?」
    「それがナニ?」
    「だからアレだ。どんな按配よ?半年も付き合ってるなら、イイことも悪い
    コトも一通りやらかしただろうが。同じ星の住人に隠しごとはナシだ!」
    「キミと同じ星だなんて御先祖さまに申し訳が立たない」
    「今更プラトニックとか言うなよ?オレにごまかしは通用しないぞ」
    「・・・・・」
    「さあ吐け!ココだけのハナシとして聞いてやる」
    「・・・・・」
    「どうなんだ?見た目通りのイイ女か?」
    「・・・・・」
    「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・??」
    「・・・・・」
    「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
    「・・・・・」
    「・・・トラジ・・・もしや・・・」




















    「プラトニックなワケ?」

 「それが悪いワケ!?」



    1208948087.jpg

    「アイタタタ~・・・トラジくんはぁ・・・」
    「・・・・・」
    「付き合ってから」
    「・・・・・」
    「はんとーし過ーぎても」
    「・・・・・」
    「あーなた~って、手もにーぎーれーない~♪」
    「それ以上歌ったらキミの顔面にマーキングするからね」
    「しっかりしろよぉ!オチン●ンに自信が無いのか?」
    「そんなこと一言も言ってない」
    「だったら精神的なものか」
    「インポだなんて一言も言ってない」
    「あのなぁ、半年だぞ?半年!絶対あり得んぞ?」
    「・・・・・」
    「プラトニックが美しいのは最初の一ヶ月間だけ!」
    「・・・・・」
    「半年間な~んにも無かったら」
    「・・・無かったら?・・・」
    「カノジョは・・・・・・・・・」
    「・・カ、カノジョは?・・」
    「自分には魅力が無いんだろうか?・・・って悩んでるだろうな」
    「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

    1208948011.jpg

    「・・・そうかな・・・」
    「ん?」
    「・・・カノジョ、そんな風に思ってるかな・・・」
    「まぁ、あれだけキレイなコが半年も放っておかれたら悩むだろうな」
    「似たようなコト、他のヤツからも言われてるんだよね・・・」
    「言われて当然だろうなぁ」
    「・・・・・・・・」
    「名前は?」
    「・・・・え?」
    「名前だよ。彼女の」
    「・・・・・・・・・・・マキ」
    「カワイイ名前じゃん」
    「・・・・う・・・・うん・・・・」
    「新顔だよな。前に来た時には彼女のウワサとか聞かなかったし」
    「うん・・・半年前に島に移ってきたって言ってた」
    「ちなみにトラジが口説いたのか?それとも口説かれたのか?」
    「・・・・う・・・うん・・・・・」
    「“うん”ではわかりません!」
    「ボクが口説かれた・・・」
    「だったらオマエ、最初っから頼りにされてるんじゃないか」
    「・・・・う・・・・うん・・・・」
    「だったら尚更悩んでると思うぞ?マキちゃんは」

    1208948087.jpg

    「でも正直な話」
    「ん?」
    「あんなキレイなコから突然口説かれて」
    「ふむ」
    「付き合いだしてスグにデレデレしてたらさ」
    「ふむふむ」
    「男としてちょっと情けなくないかな?」
    「ぜーんぜん」
    「一方的に攻略されたみたいじゃない?」
    「攻略結構。蹂躙歓迎」
    「・・・フッ・・・やっぱりキミみたいなサエない君には解らないかぁ」
    「誰がサエない君だ。そんなくだらないプライドなんか一文にもならん」
    「一文・・・とはまた古風な表現だね」
    「だいたいだな、恋愛が始まる前ならいざ知らず、付き合いがスタート
    したら、ハートを奪うことより奪われることに意義を見出すべきなの!」
    「“古風”はスルーなんだね」
    「オマエはだな、最初の一歩をどこへ踏み出せばイイか解らないもん
    だから、さも勿体ぶった理屈をくっつけて自分を正当化してるだけさ」
    「ふふん・・・サエない君が大きく出たね」
    「サエない言うな。顔面にマーキングしちゃうぞ」

    1208948011.jpg

    「じゃァ、仮に聞くけど」
    「なんだ?」
    「キミだったらどうするのさ」
    「なにが」
    「最初の一歩はどうするのさ?大きく出たからには答えてほしいね」
    「ハッハッハ。愚問も愚問だな。いいか?“最初の一歩をどうするか”を
    一番最初に考えること自体間違ってるんだよ」
    「・・・はァ??」
    「ふッ・・・この際だから教えてやろう。いいかな?まず最初にすべき事
    はだな、“自分が獲得したい結果”を明確にする、コレがポイント!」
    「・・・・・」
    「たとえばトラジの場合だ。オマエが獲得したいのはなんだ?」
    「・・・・・なんだ・・・・・ってイキナリ訊かれても」
    「マキちゃんのオッパイを自由にすることか」
    「ボクはキミと同じ星の住人じゃないよ」
    「よし。獲得したいものはオッパイ・・と」
    「聞いちゃいない」
    「オッパイを自由にするためには何が必要だ?」
    「・・・何が必要だってイキナリ訊かれても・・・」
    「イイから考えろよ。2番目のプロセスだぞ?」

    1208948087.jpg

    「2番目のプロセス・・・」
    「そうだ。何が必要よ?」
    「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
    「例えば、一番大事なのは?」
    「・・・それは・・・やっぱり・・・お互いにそうしたいと思うこと・・・かな」
    「大正解。それが一番大事だな。それともう一つ、それが出来る状況」
    「・・・状況?」
    「意外と大事だぞ。物理的・空間的な状況が整ってないと、到底そんな
    気分にならないし、女のコはシチュエーションやムードに敏感だから」
    「・・・キミ自身を認めたくはないけど、言ってるコトは理解できる」
    「理解できたら考えましょう。さぁ、ドコならそういう気分になる?」
    「・・・・・」
    「ドコだったらお互いの気持ちが盛り上がる?」
    「・・・ドコ・・・かな・・・」
    「・・・・・」
    「・・・えーっと・・・」
    「・・・・・」
    「・・・う~・・・・・・」
    「・・・・・」
    「・・・・・・・・??」
    「だーッ!!じれってえぇぇ!何かテキトーに思いつかないワケ!?」
    「・・・そんなこと言ったってさ・・・」
    「自分の部屋とか、カノジョの部屋とか、ラブホとか!」
    「キミはボクが猫だってコト忘れてない?」
    「人気の無い雑木林とか、農閑期の田んぼのあぜ道とか!」
    「ボクのコト、露出癖の犯罪者か何かと間違えてない?」
    「平日のデパートの駐車場とか、海岸の防砂林の脇とか!」
    「次から次へ良く出てくるね。やっぱりキミはケダモノだ」
    「猫からケダモノ言われたないわ」

    1208948011.jpg

    「じゃあ、あそこはどうかなサエない君」
    「サエない言うな」
    「夕陽の見える海岸のテトラポッド群」
    「・・・ほほう?ふむふむ」
    「あそこは意外とジャマ者も居ないし、夕方はムードもあるし、キミの言
    う条件を十分に満たしていると思う」
    「ふむふむふむ。トラジにしてはグッドチョイスだ」
    「ボクはまだオッパイどうこうは考えてないけど、あそこで・・・」
    「あそこで??」
    「・・・その・・・」
    「なによ」
    「・・だから・・」
    「だから、なに?」
    「・・・う・・・」
    「・・・・・・・・・・」
    「・・チュ・・」
    「オマエは大正時代の女学生か」
    「だってチューを想像するだけで股から心臓が飛び出しそうだもの」
    「おかしな所からそんなモン出すな」
    「ボクのクチとマキちゃんのクチが・・・ごっくん」
    「オマエがインポだという疑惑は今晴れた」
    「チューってどうすればイイのかな」
    「オレは人間のチューしか知らん」
    「目をつむって・・・舌を引っ込めて・・・ブツブツ」
    「聞いちゃいない」

    1208948011.jpg

    「で、サエない君。3番目のプロセスは?」
    「3番目のプロセス?」
    「要するに結果から遡って、最初の行動を導き出せって事でしょ?」
    「下半身は熱いクセにオツムは冷静だな」
    「結果は確定した。状況も設定した。ボクの気持ちも盛り上がった」
    「気持ち以外のモノも盛り上がってるけどな」
    「3番目のカノジョのキモチを盛り上げるには?」
    「それが最初の一歩だって事に気付いたんなら答は簡単だろ?」
    「・・・簡単・・・かな・・・?」
    「簡単だ。シンプル極まりない」
    「・・・・・・・・・・そう?」
    「教えて欲しいか?」
    「・・・・・」
    「ハハハハ」
    「・・・・・」
    「教えなくても解ったみたいだな」
    「・・・・・」
    「今は夕方だ」
    「・・ウン・・」
    「太陽は西の空。空はオレンジ色に染まっている」
    「・・・そうだね・・・」
    「テトラポッドの海岸線は凪風。ジャマ者はどこにも居ない」
    「・・・・・」
    「状況は今まさに整っている」
    「整って・・・いる・・・」
    「『キミに見せたい景色がある。一緒に見に行こう』・・・コレが答だ」
    「・・・・・・」
    「早く行けよ」
    「・・・え?」
    「なにが“え?”だよ。前にも言っただろ?チャンスの時には機敏に
    行動しろって。今はその時だと思わないか?」
    「・・・・・」
    「ほら、マキちゃんこっち見てるじゃんか」
    「・・・・・」
    「早く行け!後で結果を教えろよな。この幸せモン!」
    「・・・あ・・・あ~・・・あり・・・がとう・・・」
    「礼なんかいらねーよ!頑張ってチューしてこい!」
    「ウン・・・ガンバるよ!」

                          ★★★★★★★★★★★★★★★

    ・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「お・・・トラジのヤツ帰ってきた」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「オ~イ、トラジ!こっちだこっち」
    「・・・・・」
    「どうだった?上手くいったか?」
    「・・・・・」
    「どんなハナシしたんだ?マキちゃんのハートを鷲掴みしたか?」
    「・・・・・」
    「勢い余ってオッパイ鷲掴みにしたんじゃないだろうな。ハハハ!」
    「・・・・・」
    「念願のチューは?感想聞かせてみ?ん?ん?」
    「・・・・・」
    「・・・・・・・」
    「・・・・・・・・・」
    「・・・・・・・・・?」














    1208948087.jpg

    「そのポーズはアレだな。腹筋とかではなさそうだな」
    「腹筋に見えるんなら別に腹筋で構わないよ」
    「なんだよトラジ~。チューできなかったのか」
    「・・・・・」
    「オマエまさか、いきなりクチを突き出したりしたんじゃないだろうな」
    「キミじゃあるまいし、そんなコトするワケがないよ」
    「会話がロマンチックにならなかったのか?よくある事だぞ?うん」
    「そういう問題じゃない」
    「ジャマ者がいたとか。そういう時に限ってそういうヤツがいたりするし」
    「二人きりだった」
    「わかった。オマエ、肝心な所でビビリ入ったな?まったく・・・」
    「ボクはそんなヘタレじゃない」
    「わかったわかった!次のチャンスでガンバレよ。次だ次!切り替えろ」
    「次なんか無いよ!!」
    「・・・・・」
    「・・・・・」
    「・・・・・なんだって?」
    「・・・・・」
    「・・・今、なんて言った?」
    「・・・・・次は無い・・・・・って言ったんだよ」
    「どういうコトだソレ??」
    「・・・・・」
    「オマエ、フラれたんじゃないよな?」
    「・・・違う」
    「だったら次のデートがあるだろ?」
    「・・・無い」
    「あぁん!?何言ってるのか解んね」
    「解ってもらわなくても構わない」
    「またウジウジすんのか?みっともない」
    「ウジウジなんかしてない!!」
    「じゃあナニか!?オマエから別れるとでも言ったのか!?」
    「そーだよっ!!ボクから“別れよう”って言ったんだよ!!」
    「なんでだよ!あんなキレイでオッパイ大きいのに勿体ねー!!」
    「うるさいなー!!キレイでオッパイ大きくたって!!!」
    「あぁ!!なんだってんだ!!」
    「今日マキちゃんの秘密を知ったからもう付き合えない!!」
    「あー面倒くせー!!!秘密ってなんだよッ!!??」



















  「彼女、ニューハーフだったの!」

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                      ご訪問ありがとうございました!
            こんな拙いフィクションを最後まで読んでくださった
                      トラジくんの幸せを待望する皆様、
               応援クリックをお願いいたします!m(_ _)m
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                   
人気blogランキング
スポンサーサイト

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。