■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪JEFF LORBER / Midnight♪


    midnight 00 

          十年単位で活躍を続ける息の長いアーティストは、たいてい
          その活躍ぶりに相応しい称号と共にその名をよばれます。
          たとえば「名手」「巨匠」「大御所」等々…。
          スムースジャズ・シーンにおいては、ボブ・ジェームス(Key)
          やデイヴィッド・サンボーン(Sax)、リー・リトナー(G)といった
          アーティスト達が、そういった称号を冠せらてその名を語られ
          ていますね。

          今回ご紹介するジェフ・ローバーも、プロとしてのキャリアは約
          30年。55歳で第一線。プレイヤー、コンポーザー、プロデュー
          サーとして活躍し、どの仕事も超一流。押しも押されぬアーティ
          ストのはずなんですが…。

                           jl00.jpg

                           【↑ ローバーさん】


          1952年米国生まれ。


          フィラデルフィア出身。


          キーボーディスト。



          …え~っと、ローバーさんごめんなさい。

          ・・・・・・・・・・。

          素晴らしいアーティストのはずなんですが、ごめんなさい。

          ・・・・・・・・・・。

          個人的な見解ですが、アナタには「名手」「巨匠」「大御所」


     
似合わないと思うんです。





                           jl01.jpg 

        「えッ!?



   「そ…そんな…」









          じゃあ「天才」という称号ならどうでしょう?
          4歳でクラシック・ピアノを、9歳でジャズ・ピアノを演奏し始めた
          という経歴は、立派に「天才」で通りそうなものですが…。

          …いや。違いますね。
          その後、音楽の名門バークリーに入学し、卒業後チック・コリア
          に師事しています。「天才」とよべる程のカリスマは感じません。

          それなら「職人」では名匠」とかどうでしょう。
          古今の鍵盤の名器を操り、あらゆる音源と音色に精通したプロ
          フェッショナル。その作品は「匠のワザ」となるはずですが…。

          …これも違いますね。
          ジャズに始まり、フュージョン、スムースジャズ、時期によっては
          テクノポップまで作曲しています。「職人」たり得る一貫性に欠
          けていますね。

                           jl00.jpg

        「では・・・」


    「私は・・・」



    「私は何者だと?」





             ★★★★ その答えはアルバムレビューで↓★★★★

          ① Midnight
          アルバムのタイトルチューンですね。ローバーさんの担当は
          言わずもがなのキーボード。主旋律を取っているのは名器
          フェンダー・ローズです。左右に揺らぐビブラートはこの楽器
          のデフォルト機能。ホロ酔い気分の“Midnight”ってカンジ。

            

          ② The Simple Life
          この楽曲は、楽器の半分以上がローバーさんの手によるもの
          です。「職人ギタリスト」マイケル・ランドーを差し置いて、自ら
          リードギターとバックギターを演奏していますね。名器その②
          のウォーリッツァーも演奏。ローバーさんて出たがり屋さんネ♪

          ③ Down Low
          “最低よりさらに下”という意味深なタイトルです。どういうイミ
          なんでしょう。溶けたパラソルチョコを義理チョコで頂くような
          状態のことを指すんでしょうか。こんなものを頂いたらホワイト
          デーに何をお返しすれば良かとです?(あ…レビュー忘れた)

          ④ I Ain't Thinkin' About You
          Chelseaなる女性ボーカルがフィーチュアされた、スムースな
          ボーカル・トラック。アルバムタイトルに非常にマッチしてます。
          「アナタのことなんか気にしてないワ」。言われたのが若い娘な
          らガンバレ!脈アリだ!言われたのが奥さんなら…。…終了。

          ⑤ Watcing The Sun Set
          生ピアノの繊細なタッチが美しいバラード調ナンバー。本当に
          何種類ものキーボードがこの一曲に使われています。各楽器
          のリバーブの深さがまた絶妙なバランスです。これだけ多音色
          にも関わらず音がちゃんと抜けているのも驚異。さすがです♪ 

    midnight 01 

          Dear Prudence
          ジョン・レノン&ポール・マッカートニーのナンバーをカバーした
          楽曲です。主旋律は名器その③ハモンドB3。オーバーダブの
          ベースとヴォコーダーもローバーさんの仕事です。コレはハッキ
          リ言って、ローバーさんの“趣味の世界”ですね。楽しそうです。


          The Wild East
          ゲイリー・ミークのフルートに合わせて、ファンキーなローズが
          キモチイイですネ。体裁はセッション形式を採っていますが、
          細かいパートのコダワリはかなりのものです。リズム・ギター
          だけはローバーさんが担当。変なトコにこだわるナ~( ̄^ ̄)

          Never
          再び登場のChelseaが歌います。そして一部のギター・パート
          以外は全てローバーさんが担当です。作曲も編曲もローバー
          さんです。ほとんどローバーさんなんです。レビューをご覧の
          皆さん、ローバーさんの実体が掴めてきたんじゃないですか?


          Perugia
          このタイトルを見て「ピクッ」としたあなたは、おそらくサッカー
          ファンでは?そう。そのイタリアのペルージャですね。奇しくも
          このアルバムがリリースされたのは’98年。ヒデがペルージャ
          に移籍した年です。イタリアの古い城下町を思わせる佳曲。


          
 

          Feelin' It
          最後は究極です。ドラムスのジョン・ロビンソン君以外は全て
          ローバーさんです。ソロの掛け合いも、アンサンブルも、勿論
          録音も全部ローバーさん。プレイするのも勿論ローバーさん。
          “感じてくれ”と題された曲です。感じましたとも。感想は後程!

    midnight 02 

          さて。今回のアルバムMidnight はいかがだったでしょうか。
          この作品は、前3作のヴァーヴ(JAZZレーベル)から離れて
          日本のエイベックスと手を組んだ異色作でもあります。
          エイベックスと契約したことは当時かなりのトピックでしたが、
          出来上がった作品は、実は非常に
ローバーさんっぽい作り
          で、スムースジャズの王道を行くものとして評価されました。

          そしてこの
「ローバーさんっぽい」というポイントこそが、私が
          彼に与えたい称号へと繋がるのです。
          つまり…。

          4つのポイント

          「こだわるタイプ」
          「名器の収集が好き」
          「新しいモノはスグ試したい」
          「出来るだけ一人でやってみる」


          それは…。

                           jl00.jpg

 
         「それは・・・」




          そう。ローバーさん。
          あなたに相応しい称号は…。

          ・・・・・・・・・・。















          『キーボードオタク』!!

                           jl01.jpg


          ・・・・ orz



          あるいは『永遠のMTR小僧』。

          でも、
ローバーさん
          そんな称号を恥じることはありません。
          あなたの作った楽曲は、私達を楽しませ、癒し、幸せな気分
          にさせるのですから。

          これからもそんな姿勢を崩さずに、永遠の「オタク」であってほし
          いと私は願っているのです。
          レビューも結局こんなに長くなっちゃって、要するに彼のファンで
          あることがバレバレな私、ヤセガエルがお送りいたしました。

          ではまた次回♪

                                


                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

             ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


トラックバック(転載)


» イタリアのサッカー [イタリアのサッカー]
イタリアが正しいのか、イタリヤが正しいのか。
[続きを読む]

受信: 2007.03.03 21:51

» ホワイトデー お返し ランキング [ホワイトデー お返し ランキング]
ホワイトデーのお返しに人気なプレゼント・ギフトをランキングで紹介してます!特にアクセサリ,ブランド,香水!!
[続きを読む]

受信: 2007.03.04 01:45

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 09 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。