■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / Portrait♪


    portrait.jpg 

            フュージョン界の30年選手、リー・リトナー。ジャズに始まり、
            AOR、ブラジル音楽、スムースジャズといった様々なジャンル
            へ進出し、その高い芸術性を評価されるとともに、商業的にも
            成功を収めている名ギタリストです。

            リーのギタープレイの魅力である、ソフィスティケイトされたフレ
            ージングや、アンサンブル重視のインタープレイが、強力な独自
            性を見せ始めたのは80年代中頃のこと。名盤と呼ばれている
            「Harlequin」で、デイヴ・グルーシンとラテン感覚溢れる色彩
            豊かなメロディを共有したリーは、先鋭的なシンセ・サウンドを
            取り入れた「Earth Run」を経て、’87年、そのギタープレイの
            魅力を凝縮した一枚のアルバムをリリースしました。

            その作品の名はPortrait。ブラジル音楽のフレーバーを
            取り入れたメロディアスな楽曲群は、それまでのフュージョンに
            ありがちだった、テクニック主導のメロディ・メイクや、冗長なソロ
            ・プレイを排除した、シンプルでエンタテインメント性の高いもの
            ばかり。バックを固めるミュージッシャンも、当時の精鋭がズラリ。
            見事なアンサンブルを実現しています。
            後のリトナー・サウンドの確立へとつながる快作Portrait
            この機会にゼヒ注目してください。

               ★★★★★★ レビューはコチラ↓ ★★★★★★

            ① Asa
            ラテン・フレーバーが香るポルトガル語のヴォーカル・ナンバー
            です。歌うはDJAVAN(ジャヴァン)。 「Harlequin」で、同じ
            くポルトガル語のヴォーカルを披露したイヴァン・リンスよりも、
            透明度が高く、青い声音ですね。切なげな旋律に胸がググッ。

             

            Turn The Heat Up
            「Rit 」、「Rit2」で一躍有名になったボーカリスト、エリック・
            タッグが三たび登場。う~ん・・・なんと言いますか・・・う~ん。
            悲しいかな、過ぎ去った5年の月日は重かったですね。この
            時点で、リーの音楽性とは合ってません!イイ曲なんだけど。

            ③ Windmill
            夕映えの丘を越えてゆくそよ風のようなイメージ。リーの奏でる
            ガット・ギターのメロディーと、その残響の余韻が快く鼓膜を撫
            でて通り過ぎます。後にFOURPLAY で合流する、 ネイサン・
            イーストとハーヴィ・メイソンがムーディな演奏で強力後押し。

            ④ White Water
            リーならではの、光沢のあるメロディー満載のナンバー。当時
            はあまり主流でなかった打ち込みを、非常に効果的に使用し
            ています。Aメロではアコースティック・ギターが中心で、サビ
            ではエレクトリック・ギターが主役。「泣き」多用のソロがキモ。

            ⑤ Portrait
            グレッグ・フィリンゲインズの、水面に投射された光のような
            キラキラ・キーボード・プレイが印象的なトラック。リーのアコ
            ースティック・ギターとのバランスが絶妙。バランス。コレ、と
            っても重要ですね。このアルバムのバランス感覚は至妙です。

            

            G-Rit
            お祭りトラックですよヨ!フュージョン界の(当時の)新星、ケニ
            ー・Gとのコラボレーションが実現。タイトル名「G-Rit 」の「G」
            はケニー・Gの「G」です。このトラックでは、リーのエレクトリック
            ・ギターの迫力にタジタジ(?)。ケニーの位負けですかね。

            ⑦ Shades in The Shades
            コレはもう、リー・リトナーというアーティストを知っている人なら、
            誰がどう聴いてもリーの楽曲ですね。マイナーとメジャーを巧み
            に入れ替えながら進行するコード。コントラストの鮮やかな曲
            構成。直感的でシンプルな美メロ。これぞリトナー・クオリティ。

            ⑧ Children's Game( Double Rainbow )
            ’83年にリリースされた「On The Line 」の頃に戻ったかのよ
            うな楽曲です。アルバム中でもっとも落ち着きのあるナンバー
            ですが、ちょっと落ち着きすぎかな?まあ・・・ココまで結構飛ば
            してきたもんね(笑)。ホッと一息入れてみよう、みたいな曲。

            ⑨ Runaway
            ④と同じく打ち込みを効果的に取り入れたトラック。昔からリー
            は進取の精神に富んでます。前作「Earth Run」での成功と
            失敗に鑑みて、おそらくかなり緻密なアレンジを施したであろ
            う本作の、代表的な工夫がよく表れているトラックですね。

            ⑩ Route 17
            アナログ盤では収録されなかったボーナス・トラック。メイン・フ
            レーズのアウトラインが混濁した印象がありますネ。アレンジ面
            でどうにか工夫できなかったんでしょうか。「らしくない」中途ハン
            パなナンバーです。ま、あくまでオマケというコトで。(おいおい)

                       ★★★★★★★★★★

            さて、このアルバム。もし興味をお持ちでしたら、Amazon
            ぜひ試聴してみてください。FOURPLAY を離れる’96年まで
            の、リーのメロディの「核心部分」がこの作品で確立しています。
            今は、自分のレーベルでのプロデュース業がメインになりつつ
            あるリーですが、後続のギタリストがイマイチ育っていない状況
            で、隠居みたいな感じになってきてるのは自分的に不満(爆)。
            このPortrait リリース時のフレッシュさで、再びフュージョン・
            シーンを華やかに盛り上げてほしいものです。

                                

                            ★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。