FC2ブログ

■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪EARTH,WIND&FIRE / I AM♪


    i am 

          ’79年にリリースされたI AM(邦題:黙示録)』
          当時ブラック・ミュージックの頂点に君臨していたアース・ウイン
          ド&ファイアーが、ソウル、ロック、ファンク、POPSの有機的
          融合を目指し、見事それを成功させた傑作です。

          作品のレベルの高さ、セールスともに、アースの頂点と言われ
          ているこのアルバムの聴き所は・・・・・・・・・・・・・・・・全部!!
          いや、冗談でもなんでもなく、本当に全部です。
          バンド・メンバーの技術的・精神的充実度、楽曲の完成度、レコ
          ーディングの臨場感、何もかもがパーフェクト!

          ジャンルと人種の垣根を越えて、世界中のリスナーを熱狂させ
          た魂のアルバムを貴方に!

             ★★★★★★ レビューと試聴はコチラ♪↓ ★★★★★★

          ① In The Stone
          アースらしい壮大な世界観を持ったナンバー。石に刻まれた
          真実と、人類の経験と歴史を辿るという歌詞は、アルバム・
          ジャケットに象徴される「生」への賛歌であり、全人類への「愛」
          がテーマです。LIVEのオープニングとしてもお馴染みですね。 

          ② Can't Let Go
          私の人生で(今のところ)もっとも衝撃を受けたナンバーです。
          当時中学生になったばかりのヤセガエルが、その迫力とグル
          ーヴ感の虜となり、ブラコン、洋楽に突っ走るキッカケとなった
          のがこのナンバーでしたね。私の人生を変えた一曲です。

          

          ③ After The  Love Has Gone
          デビッド・フォスターがプロデュースし、全米2位を記録した不滅
          のバラード。このアルバムが成功した大きなファクターの一つと
          して、デビッドの参加が挙げられることは誰もが認めるところ。
          人種間(黒人・白人)のボーダーを越えて咲いた大輪の花です。

          

          ④ Let Your Feelings Show
          LIVEでもたびたび演奏されているファンキーなナンバー。リズ
          ム隊のキメと、ホーン・セクションのアレンジがキモ。アル・マッ
          ケイの「カミソリ」カッティング・ギターも神。生演奏で一番ノリノリ
          なのはベースのヴァーダインかな。この頃のアースはキレキレ。

          ⑤ Boogie Wonderland
          超強力ディスコ・ヒット・ナンバー。「コレ踊らないと帰れないゼ」
          と言われていたディスコ・ブーム時代の定番中の定番ソングだ
          そうです。私は当時、まだお子様だったから良くは知りません
          ケド。ゲストの女性コーラスグループ、エモーションズがGoo !

          

          ⑥ Star
          フィリップ・ベイリーがリード・ヴォーカルを取るナンバーです。
          日本ではシングル・カットもされました。通常、アルバムの中の
          2~3曲はフィリップがリードを取るんですが、この「I AM」では
          「Star」だけですね。音域が広くて、声のハリがすげぇ。神です。

          ⑦ Wait
          分厚いアンサンブルが聴き物。ギターとベース以外は生音だけ
          で録音されており、それぞれのパートの息遣いまでもが聴こえ
          てきそうな臨場感があります。チェンバロ風のピアノが曲のカラ
          ーを作っており、ホーンがアースのカラーを固持。カッケー!!

          ⑧ Rock That !
          ホーン炸裂のインスト・トラック。タイトルからして「Rock」です
          からね。ギターなんかディストーションでギュンギュンいってます
          し、ドラムなんか8ビートでズバズバいってますし、それはもう
          ロッケンローるです。バックのシンセは当時としては画期的。

          ⑨ You And I
          アースの懐の深さを実感するトラックです。リーダーであるモー
          リス・ホワイトの、卓越したソング・ライティング能力が生み出す
          奥深いサウンドがキラリ。この曲の根底にあるサウンドのコア
          はJAZZ。ホーン・アレンジは正にスウィング・ジャズ。すげぇ!

                 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          このアルバムは冒頭にも述べたように、アース史上における
          「頂点の作品」と言われています(中には『 All'N'All 』という
          ヒトもいますかね)。また、アメリカの音楽史においては、人種
          やジャンルによるテリトリーを超越した稀有の作品として認知
          されています。その後80年代に訪れた、クインシー・ジョーン
          ズやマイケル・ジャクソンの大ブレイクも、アースの偉業が無
          ければあり得なかったでしょう。

          もしこのアルバムを持っているのならもう一度、持っていない
          方はゼヒ入手して聴いてみてください。現在の作品には失われ
          ている「ナマ音の迫力」も楽しめますよ!

                                

                      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 04 2019 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。