■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪DIANE SCHUUR / Timeless♪


    timeless.jpg 

          【聖なる夜はスタンダード・ジャズで♪】

            盲目の歌姫、ダイアン・シューア。’53年ワシントン州生まれ、
            スタンダード、モダン、R&BからPOPSまでこなす天性の歌声
            と、類稀な音楽的才能を与えられたシンガーです。

            白人特有のクリアな発声とパワフルな声量、細かいニュアンス
            を拾い出せる情感豊かな表現力を持った歌声は、リスナーを
            陶然とさせる香気に満ちており、一度それを耳にしたら決して
            忘れられない魅力ある響きを持っています。

            また、ピアノの腕前も達者で、弾き語りも大得意。自身のコンサ
            ートや、ゲスト・ヴォーカルで参加したLIVEでも、たびたびその
            パフォーマンスを披露しています。

            今回ご紹介するのは、’86年発表のアルバムTimeless
            GRPレーベルのジャズメン達がこぞって参加したこの作品は、
            スウィング・ジャズの醍醐味を堪能できる洒落たアレンジと、
            ダイアンの変幻自在のヴォーカルが楽しめる、グラミー賞
            受賞アルバムです。

                             ★★★★★★★★★★★★★★

            いつもですと、ココから各曲のレビューに入るとことろですが、
            今回のアルバムはスタンダードばかりなんで、アルバムレビュ
            ーのみにいたします。(逃げたな?)

            まずはパーソネル。
            バックのフルバンドの中には、ダイアンを見出したスタン・ゲッツ
            を始め、トム・スコット(Sax)、デイヴ・グルーシン(Key)、リー・
            リトナー
(G)といったレーベルのトップ・ミュージッシャンたちが
            参加しています。ビリー・メイらのアレンジに乗って展開される
            スタンダード・ナンバーは、いずれも洗練された都会的な味わい
            でまとめられており、あくまで主役のダイアンを殺さない、抑えの
            効いた演奏に徹しています。

            ダイアンの歌声はまさに変幻自在。
            曲によって様々なテイストを、ごく自然に使い分けています。
            特筆すべきは、低音から高音へスライドしていく際の、滑らかさ
            と声量の配分(バランス?上手く表現でき~ん!)の加減の妙。
            曲調がテンパってくると、ナチュラルにハズれるところはご愛嬌
            としましょうか。ビブラートのワンパターンさ(失礼!)も、ヘタな
            テクニックの品評会みたいになってないので私は好きですね。

            個人的にこのアルバム、大切な人とのデートにいかが?という
            作品なんで、以下はおすすめトラックと、それに相応しいシチュ
            エーション(?)です。よろしかったらご活用くだされ。

                          Easy to Love               
                        ・・・車中のBGMに。
                         How About Me           
                                     ・・・夜景を観ながら。 
            I Can't Believe That You're in Love With Me 
                                ・・・②と同じ。車中のBGMに。
                                      Impossible      
                        ・・・プレゼントを渡すならこの曲をバックに。
                               Don't Like Goodbyes
                                 ・・・押し倒すならこの曲だ!

            ・・・アホな話はさておいて・・・。(^-^;)
            フルバンドを従えたスタンダードのアルバムは、他にカウント・
            ベイシー・オーケストラと共演したものがありますが、私はこの
            Timelessの方が好みです。
            もしこのレビューで興味をお持ちになりましたら、サンプル・ファ
            イルへのリンクを貼っておきますので、試聴してみて下さいね!

           

                            ★★
★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。