■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪AIRPLAY / Airplay♪


    airplay.jpg

          ジェイ・グレイドン(G)、デビッド・フォスター(Key)、トミー・ファ
          ンダーバーク(Vo)によって結成されたユニット・AIRPLAY
          彼らが残した唯一の作品Airplay(邦題:ロマンティック)』は、
          リリース後26年を経た現在でも、「AORの金字塔」としてファン
          の心の中で輝きを発し続けています。

          面白いのはバンドの辿った軌跡ですかね。
          当時、売れっ子プロデューサー兼ミュージシャンだった、ジェイ
          とデビッドの間で、最初はバンドというより、楽曲の共作をした
          のが AIRPLAY 発生のキッカケ。
          こんなカンジ(脚色アリ)。↓

          「ジェイ。いいバラードが出来そうなんだ」
          「ほうほう、どんなの?」
          「どんなの?って、こんなカンジかな。♪♪ ~~~~♪♪ 」
          「イイじゃんか!素晴らしい!」
          「イイかな?」
          「デビッド、明日時間ある?」
          「へ?明日?」
          「せっかくだから仕上げようぜ」
          「それはまた早いね」
          「奥さんに歌詞作ってもらえよ。歌はオレ担当な♪ 」

          こんな会話がなされたかどうかは別として、これに近い経緯で
          『Should We Carry onがまず完成。当初はこの曲、こ
          れまでがそうだったように、他のアーティストに提供されるはず
          でした。ところが、提供先のアーティスト周辺でゴタゴタがあっ
          てこの曲はお蔵入り。これ以外にもポツポツと共作が出来つつ
          あったジェイとデビッドは、「いっそのこと自分らでメンバー集め
          て、アルバム作ったろか」って話に発展していったとか。

          一度そういう話になると、LAにシマを持つ彼らの弟分たちが
          黙ってません。「ジェイ兄貴とデビ兄貴が一旗挙げるらしいぞ」
          と伝わるや否や、彼らのもとに腕利きたちがゾロゾロと集結。
          TOTOからはポーカロ兄弟を始め、スティーヴ・ルカサーデイ
          ヴィッド・ハンゲイト
が、ソウル畑からはレイ・パーカーJr.ジェ
          リー・ヘイ
率いるホーン・セクションが、さらに「マブダチ」ビル・
          チャンプリン
らも参加。
          さらに、リード・ヴォーカリストとして、「フィリップ・ベイリーのファ
          ルセット・ボイス(裏声)を地声で歌う」トミー・ファンダーバーク
          合流し、緻密な楽曲作りとレコーディングが開始されたのです。

                     ★ レビュー&試聴はコチラから↓ 

          ① Stranded
          アルバム1曲目はトミー・ファンダーバークの見せ場です。
          作詞とバック・ボーカルを担当したトム・ケリーとのハイトーン・
          コーラスは、正にLAポップ・ロックの王道。イントロ部分の歌い
          出しから、ドラムのフィル・インまでの17秒間はすでに伝説。

         

          ② Cryin' All Night

          曲の中心となるピアノとシンセ、鮮やかに奏でられるツインギ
          ター・ソロ、AIRPLAY の「らしさ」が美しく表れたナンバーです。
          この曲の影響力はかなり大。様々なアーティストがこの曲の
          フレーズをパクってます。日本ではハウンド・ドッグとか(@_@;)

          ③ It Will Be Alright
          リード、バックともにヴォーカルはトミー・ファンダーバークです。
          作詞のアリー・ウィリスは、このトミーを、ジェイとデビッドに引き
          合わせた功労者。アリーが居なければこの曲もAIRPLAY
          無かったかもしれません。非の打ち所が無い珠玉のバラード。

          ④ Nothin' You Can Do About It
          マンハッタン・トランスファーのアルバムにも収められた名曲。
          デビッドの作品だが、ジェイもお気に入り。’94年に日本で催さ
          れた「JT・スーパー・プロデューサー」イベントで、デビッドとジェ
          イが同じステージに立ち、「AIRPLAYの曲」として演奏。感涙。

          ⑤ Should We Carry on
          冒頭にもあるように、AIRPLAY 始まりの曲であり、ファースト・
          シングルです。デビッドの奥さんが作った歌詞を歌うのはジェイ
          その人(笑)。ヴォーカリストとしても抜きん出ていますね。当時
          のAORの教科書的サウンドです。ボズが歌っても似合いそう。

         

          ⑥ Leave Me Alone

          面白いです、歌詞が。一聴すると、「オマエは自分で思ってる程
          イイ女じゃねーよ」とか「ウザイから消えてくれ」とか非常に強気
          です。でもよ~く聴いてると・・・・・「独り言」のようです。コレは。
          つまり心の中の「叫び」ですね。ハッキリ言えばイイのに・・・・。

          ⑦ Sweet Body
          個人的な話題でアレですが、この曲、友人達とモメる原因に
          なった曲です。このアルバム、曲ごとのパーソネルが不明なん
          ですね。アルバム単位でしか書かれてないんです。で、この曲
          のギターは誰だ、と。ジェイだ!いやルカサーだ!と。懐かし…

          ⑧ Bix
          トミー・ファンダーバークとビル・チャンプリンが交互に、あるい
          はコーラスで迫るナンバー。トミーの抜けのよいハイ・トーンと、
          ビルのハスキー・ヴォイスのコントラストが秀逸。トム・ケリーも
          参加している(かもしれません)。ホーン・セクションも大迫力!

          ⑨ She Waits for Me
          ナゼか日本でのシングル・カット第1号。記憶違いでなければ、
          リボン・オレンジだかシトロンだかのCMで使われてたような?
          ’77年にジェイが作曲したポップ・チューンです。アルバムの中
          では最も「わかりやすい」タイプの楽曲ですね。スシで言うトロ。

          ⑩ After The Love Is Gone
          全米チャート2位を獲得したナンバー(EW&Fバージョン)で
          あり、デビッドの代表曲。セルフ・カバー版は、原曲バージョン
          よりもメリハリが効いていて、ギターが前面に出ていますネ。
          コーラスもパンチが効いてます。こういうのもアリかなと。  

         

             ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          さて、この AIRPLAY。アルバムAirplayが完成後、まる
          で何事も無かったかのように解散してしまいます。
          その作品の完成度の高さ、先進性を見せつけられた私たちの
          感動・賛辞、続編への期待など意にも介さずに。

          いや「解散」という表現も適当ではないかもしれません。
          そもそも彼らに「自分達はAIRPLAYというグループだ」という
          意識があったかどうかも疑問。常時、複数のレコーディングと
          プロデューサー業で超多忙だった当時の彼らが、バンド活動
          など出来る筈はないし、Airplayという「作品」が完成すれ
          ば、それで満足だったのかもしれません。

          ジェイとデビッドから何気なく始まった共作活動は、LAの俊英
          たちとのスタジオ・ワークへとつながり、そこで紡がれた才能と
          職人技は「AORの金字塔」となる楽曲を生み出しました。
          昨年、ジェイ自らによるリマスター版がリイシューされ、ファン
          から熱烈歓迎されましたが、ジェイが語るように、ベースとドラ
          ムの中低音域の再現は未完のままです。マスターテープは
          彼らの近くに現存しているようなんで、次はリミックスまで踏み
          込んだ「完全版」をリリースして欲しいですね。

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 11 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。