■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪BOZ SCAGGS / Middle Man♪


    Middle Man

          キング・オブ・AORの称号を持つボズ・スキャッグス
          タラレバの話をすると、このアーティストが居なかったら、AOR
          というジャンルは成立していなかったかもしれません。

          ボズのルーツは、ハイスクール時代から続けていたブルースと
          ロック。’71年に発表されたアルバム『 Moments 』は、彼の
          ルーツがそのまま形となって現れた泥臭いものでした。しかし
          ’72年『My Time』、’74年『Slow Dancer』とアルバム・
          リリースを重ねていくうちに、その洗練の度合いを高めていき、
          ロスの有望なスタジオミュージッシャンをメインに据えた’76年
          発表のアルバム『Silk Degrees』では、これまで誰も成立さ
          せていなかった「大人のためのロック」という新ジャンルを完成
          させたのです。

          今回ご紹介する作品Middle Manは、『Silk Degrees
          を製作したスタッフに、デビッド・フォスターというロスのスタジオ
          ミュージッシャンの大ボスを加えた最強布陣。「中年」と名付け 
          られたタイトルとは裏腹に、ハチ切れるビートや、きらびやかな
          シンセ・サウンドがフィーチュアされた楽曲も多く、洗練された
          バラードとの鮮やかな対比が楽しめます。 
          (2012年6月15日、通りすがり氏より、Middle Man は仲買人
          を指すとのご指摘をいただいたため、打消し線を挿入しました)

             ★★★ おすすめトラックのレビュー&試聴はコチラ↓★★

          ① Jojo
          ボズのヴォーカルの非凡さが発揮された秀作。オープニングの
          退廃的な歌い出しと、サビ部分の感情豊かなハイトーンヴォー
          カルが二重丸。典型的なロック・バンドの編成に、ストリングス、
          ブラスをMIXした形は、後のAORサウンドのスタンダードに。

          ③ Simone
          「洗練された」という言葉に尽きる名曲。バックの各パートが
          奏でるメロディは、優れたテクニックに裏付けされた名演。
          ボズの歌と寄り添うように演奏されるアコーディオンがムード
          を盛り上げています。このスタイリッシュな音作りこそAOR! 

          ④ You Can Have Me Anytime
          「ボズのバラードを一曲挙げろ」と言われた時、この曲をピック
          アップする人は多いでしょうね。彼の代表曲であり、傑作です。
          楽曲の素晴らしさはモチロンのこと、そのレコーディングのクオ
          リティもまた傑出しています。ギターソロのインパクトも話題に。

          

          ⑦ Angel You
          ボズには珍しいデュエット曲です。曲調はアップテンポで激し
          く、ボズとローズマリー・バトラー(だっけ?)のヴォーカルが掛け
          合う様は、従来の「デュエット曲」の概念を覆す迫力。面白いの
          はAメロとサビのチグハグさ。でも破綻しないのは編曲の勝利。

          ⑧ Isn't It Time
          全体的にロック色が強いアルバム中で、フッと肩の力が抜ける
          落ち着いたムードをもったトラックです。ボズのキャラかどうか
          は別として、こういう「微笑ましい系」ナンバーは貴重。女性コー
          ラスの雰囲気作りといい、バックの演奏といい、イキですねぇ。 

                ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          今回のアルバムはいかがでしたか?
          あまりにもメジャーな作品なんで、「今更言われんでも!」って
          カンジだったかもしれませんネ。

          ボズは、このMiddle Manをリリース後、その音楽活動を
          停止し、なんと実業家に転身!その輝かしいAORの軌跡も
          伝説になってしまうのかと思われました。
          しかしボズのAORの系譜は、その「ボズ・スタイル」を創造した
          バック・ミュージッシャンたちへ受け継がれ、やがてその系譜は
          TOTO というバンドの成立によって、形を変えて大輪の花を咲
          かせることになります。

          ’88年に一時的に復活したボズは、AORのもう一人の雄・
          ボビー・コールドウェルから『Heart of Mine 』を提供されて、
          これをヒットさせるなど、大きな話題を呼びました。
          こちらのアルバムも、いつかレビューしたいと思っています。

          それではまた次回!

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
日本語訳は、正しく。
Middle Man
は、仲買人、仲介業者、ブローカーなどと訳すべきです。
Middle Aged Manなら中年と訳してもいいですが。
恥ずかしいです、変な訳は。
To 通りすがりさん
通りすがりさん、わざわざ恐れ入ります。

発売当時にFMのパーソナリティが紹介していた訳を
そのまま信用していたのがアダになりましたね。
本文中に注釈を入れましょう。

ご指摘ありがとうございました。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 06 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。