■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪THE RIPPINGTONS / Weekend In Monaco♪


    weekend in monaco 00

          今回ご紹介するアルバムは、 THE RIPPINGTONS 
          ’92年に発表したWeekend In Monacoです。
          通算6作目となる本作は、リーダー、ラス・フリーマンの、頭に
          湧き出してどうにも止まらないメロディを、その才能とマンパワ
          ーでスタイリッシュにまとめ上げた快作。勤勉で緻密、美しくて
          POP、妥協を廃して編み出された全9曲は、フレーズの端々に
          ラスの芸術家としての理念が込められています。
          Smooth Jazz ファン必携の一作、ゼヒお試しあれ!!

                          【論より証拠!試聴&レビューはコチラ↓】

          ① Weekend In Monaco
          当時、これだけ多種多彩な音色を、破綻する事なく鮮やかに
          アレンジできるアーティストはラス以外に無いでしょう。ラスは
          ギター×2種、キーボードを担当していますが、他のどの楽器
          とも潰し合うことなくアンサンブルを完結させてます。お見事!

          

          ② St.Tropez
          静と動が美しく交錯するメロディアスなナンバー。ジェフ・カシワ
          のテクニカルなSaxがメインです。シンセはベースラインが細か
          く動く時は伸びやかに。ランニングする時はリズミカルに躍動。
          曲中の透明感が持続するのは、この非凡なアレンジの賜物。

            

          ③ Vienna
          ラスのアコースティック・ギターが、時に感傷的に、時に軽快に、
          文字通り「歌い上げる」ナンバー。RIPの曲としては音色は少な
          めで、各メンバーの気の利いたオカズPLAYが、心地よく耳を
          刺激します。フレットレス・ベースも、もっと歌って欲しかった!

          ④ Indian Summer
          誰が聴いても「RIPだ!」と判るRIP節サク裂(笑)。歯切れの
          良いリムショットに乗って、踊るように弾むギター。流れ星の
          ようにキラめくシーケンサー・サウンド。サビでドライブしまくる
          Sax。も一回。誰が聴いても「RIPだ!」と判るRIP節サク裂!

            

          ⑤ A Place for Lovers
          「恋人たちの場所」ですね、直訳すると。とてもとてもセンチメン
          タルなナンバーです。「決して結ばれない二人が、約束の場所
          で愛を語り合う」みたいな感じです。途中アップテンポになる所
          なんか、駆け落ちっぽいです。ラス君…辛いコトでもあったん?

          ⑥ Carnival !
          「カーニバル!」ですね、直訳すると。とてもとてもお祭り騒ぎな
          ナンバーです。「決してネガティブにならない男が、祭の広場で
          腰をフリまくる」みたいな感じです。途中スローテンポになる所
          なんか、躁病っぽいです。ラス君……いいコトでもあったん?

          ⑦ Moka Java
          午後はカリブ風モカ・ジャバタイム。ジャマイカンなリズムと、オ
          ルガン・テイストのシンセが雰囲気出してますね。ラスのアコー
          スティック・ギターも、ちょっとダルいカンジが粋です。でも本当
          の主役はスティーヴ・ライドのパーカッション。気分は南の島♪

          ⑧ Highroller
          打ち込みでバンバン攻めまくるナンバー。いやスゴイです。
          アルバム中で最もメロディが充満している楽曲ですが、洪水
          みたいにならない秘密は、相互の音の周波数と、録音時の
          位相を絶妙に噛み合わせているせい。正にアレンジの権化。

          ⑨ Where The Road Will Lead Us
          アルバムの最後を飾るのは、アコースティック系楽器が主役の
          メロウなナンバーです。おそらく100人中95人は、美しい夕陽
          や、風にそよぐヤシの葉、瞬きだした星なんかを思い浮かべる
          でしょう。一番大切なヒトと一緒に聴きたいナンバーですネ。

    weekend in monaco 01

          さて!今回のレビューはいかがでしたか?

          リッピントンズは、音色の拾い出しから、バンド・アンサンブル、
          スタジオでのミキシングに至るまで、曲作りには吟味に吟味を
          重ねることで有名です。個々人のプレイヤーとしてのスキルも
          相当なモンですし、さらにLIVEでの再現度もかなり高いときて
          るんで、彼らのセンスには絶句してしまいますネ。

          今年は20周年記念アルバムをリリースしたRIP。来年からは
          彼らも新しいスタートとなります。スムースジャズ界のリーダー
          でもあるリッピントンズの、今後の動向に注目しましょう!

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング
スポンサーサイト

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。