■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪EARTH,WIND&FIRE / Touch The World♪


    touch the world

          これまで好き勝手に語ってきたアルバムレビュー。しかしこの
          伝説のグループを、私ごとき一般シヴィリアンが語ってよいも
          のかどうか……大変悩みました。

          でも、やっぱり語っちゃいます。
          だって好きなんだもの。

          EARTH,WIND&FIRE(アース・ウインド&ファイアー)
          モーリス・ホワイト率いるブラック・ミュージック史上最大の
          スーパー・グループです。

          「Fantasy」、「September」、
          「After The Love Has Gone」、
          「Boogie Wonderland」に「Let's Groove」。

          数え上げればキリが無いメガヒット・ナンバー。そして、人種差別
          が色濃く残っていた70年代のアメリカにおいて、初めて人種の
          枠を超えて支持された偉大なグループです。

           ewf.jpg

          ’83年に発売された『Electric Universe 』以後、事実上解
          散状態となっていたEW&F が、4年の沈黙を破って突如発表
          したTouch The Worldは、多くのファンを狂喜させました。

          ’84年に、メイン・メンバーの一人フィリップ・ベイリーが、ソロ
          アルバム『Chinese Wall』発表時に、インタビューの中で
          語っていた、

          「このままソロ・アーティストになるのかだって?冗談だろ?
          僕はEW&Fのメンバーだよ。モーリスから話があれば、全て
          の仕事を放り出してスグに駆けつけるさ。他のメンバーもね」


          という前向きな発言を頼りに、復活を信じてきた私にとっても、
          このアルバムのリリースには大興奮でしたね。

                    【おすすめナンバーの試聴&レビューは↓↓↓】

          ③ Thinking of You
          エレクトリック・カリンバで始まるグルーヴィなナンバー。シンセ
          サイザーとの融合も熟成されて、紛れもないアース・サウンド
          の復活です。エモーションズを思い出させるファンキーな女性
          コーラスもマル。モーリスのパワフルなヴォーカルにジ~ン。

            

          ⑧ Here Today And Gone Tomorrow
          こちらはフィリップ・ベイリーのバラード。ひときわエモーショナル
          なファルセット・ヴォイスが泣かせます。やっぱフィリップさん!
          駆けつけてくれましたね!あなたはフィル・コリンズと遊んでる
          より、こっちの方が断然ヨイですよ。あぁ・・・・・・染みるなぁ~。

            

          ⑨ Victim of Modern Heart
          素晴らしい。「Electric Universe」で、モーリスが目指していた
          サウンドはコレだったんだと思いますね。シンセサイザーも
          デジタル化され、音の厚みも表現力も、同アルバムの比では
          ありません。彼の目指した音の、正当性を証明するナンバー。

             

                   maurice white

                 verdine white

           philip bailey

          さて、今回のアルバムはいかがでしたか?

          書き終えて思うのは、全然レビューになってないという事(笑)。
          いや、だって、私がもっとも尊敬するグループであり、ミュージ
          ッシャンである彼らですから、なかなか難しいのです。(^-^;)

          パーキンソン病を発症したモーリス・ホワイトは、2004年に
          グループを引退しましたが、この難病と戦いながら、なんと翌
          '05年に復活!同年発売のIlluminationでも製作に参加
          しています。LIVEでの勇姿は見られなくなったとはいえ、彼が
          健在な限り、アースの前進が止むことは無いでしょう。

          懐かしい思い出といえば、’94年の代々木体育館でのツアー。
          初めての生アース。オープニングは「September」。
          生モーリスから、「Do you feel alright!?」なんて言われた
          時には、わたしゃ絶叫しましたね。
          「イエー!」でも「ヒューヒュー!」でもなく「うおおおおーー!!」
          ですよ「うおおおおーー!!」
          私の席の左前で、私より数段ハデに盛り上がってる2人組が、
          ドリカムの2人(本物)だったのには笑いましたが。

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
               ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。