■BoneyFrog Blog■

 

 

♪EARTH,WIND & FIRE / Illumination♪


    illumination 00

      【生涯ファンであり続けることを誓います!】

    「・・・・・なに、コレ??(´・ω・`)」

    過去、何度か味わったこの“期待外れ”感。アースのファンなら、多かれ
    少なかれ経験がおありではないでしょうか?
    古いところでは、'83年の"Electric Universe" で。あるいは'90年の
    "Heritage" 、'96年の"Avatar" で。

    「いやいやいや、コレはアースじゃないでしょうが!」

    私は'05年、今日ご紹介する"Illumination" で久々に味わいました。
    「・・・・・まったく理解できん・・・・・。なに、コレ??(´・ω・`)」 って感じで。
    「アースがHIPHOPって、コレはあり得ないでしょうが!!!!!」って。

    illumination 01

    中学時代、あの"September" でアースを知り、アルバム"I AM" を
    一日中爆音で聴き続けて近所から「お宅は公害だ」とまともに指弾され、
    初めてのライブでは半失神状態になるほど感動し、その偉大なリーダー
    モーリス・ホワイト様を“神”と崇め奉る私でも、その経典(アルバム)の意
    義を即座に理解できない事は多々ありました。

    "Heritage" の良さを実感するのに2年。"Avatar" の意図を理解す
    るのに5年。"Electric Universe" の真価を体感する為には、なんと
    25年(苦笑)も必要としたのだから、実に不明と言わざるを得ませんね。
    白状してしまうと、これらの作品を初めて聴いた時は、「こんなの、オレの
    知ってるアースじゃねーや!もうファンなんか辞めてやる!!」…なんて
    バチ当たりなカンジでございましたから。

    illumination 02

    しかしながら、そこはやはり偉大なるモーリス・ホワイト様率いるアース。
    "Heritage""Avatar" 、そして"Electric Universe" 。実は
    その経典の中には、私のごとき未熟な信者でも、その真骨頂へ辿り着け
    るように、ちゃんと“鍵”が用意されていたんですよね。

    “時の流れ”、“普遍的主題”、“融合”、“前進”、そして“人類愛”。それら
    過去の経典と軌を一にする“鍵”を発見し、スピーカーから溢れ出る音に
    身を任せた時、私はその経典の尊さと、神(モーリス様)の絶対的存在を
    感得し得たものでした。(ノリしんどい?)

    ですから、この"Illumination" のファースト・コンタクトで感じた違和
    感も、まぁ、いずれ“鍵”が見つかるだろうと、見つかれば作品の素晴らし
    さに気付くに違いないだろうと。そんな風に思っていたんですね。

    illumination 03

    そして見つかりました。鍵。
    意外なところから、意外に早く(25年もかからなかった)。

    それは4曲目にトラッキングされた、非オリジナルメンバーがプロデュース
    したナンバー、"Love's Dance" で。(↓ の再生ボタンをクリックしてね)

           

    あー…スイマセン。言い方がおかしかったですね。非オリジナルメンバー
    というか、ジミー・ジャム&テリー・ルイスなんです。プロデュース。
    あのジャネット・ジャクソンや、キャリン・ホワイト、最近だとメアリー・J・ブラ
    イジの作品を手掛けて大ヒットを連発しているコンビですね。

    そのジャム&ルイスがアースの土俵で、フィリップ・ベイリーのヴォーカル
    をフィーチュアし、ジェリー・ヘイ率いるホーン・セクションを踊らせ、隠し味
    にモーリス様のカリンバなんか入れちゃったりして、「キミたち、どんだけ
    アースが好きなの?」とツッコミを入れたくなる入れ込み具合。
    「あ~なるほど!そういうことか!今回のアースは、自分達を『いじくらせて
    みよう』ってのが“鍵”なのか」と。つまり、様々なジャンルのプロデューサー
    やアーティストを召集し、自分達を素材に自由な解釈と表現を追求させて、
    新たな境地を拓こうと。プライオリティは主(アース)ではなく従(ゲスト)で、
    そこから発生する強烈なフィードバックこそが“鍵”なのだろう。そんな風に
    感じましたね。(ちょっと、後半何言ってるか解らない)by サンドウィッチマン

    illumination 04

    その“鍵”に気付けば、作品の魅力に引き込まれるまで時間はかかりま
    せんでしたね。早い早い。
    ウィル・アイ・アムの解釈はどうか?ブライアン・マックナイトのバラードを
    いかに咀嚼するのか?ケニー・Gだなんて間違って呼んじゃったの?とか
    あれこれ想像しながら聴くアース・サウンドのヴィヴィッドな事といったら。
    根底に漂うアフリカン・グルーヴとスピリチュアルなミュージシャン・シップ。
    多くの天才・鬼才を掌中で輝かせる気宇壮大な“ソウル”。その創造力の
    力強さを感じながら私は呟くのです。

    「生涯ファンであり続けることを誓います!」と。(ノリしんどい?)

           

    ↑ バラディアーの雄、ブライアン・マックナイトと、アース・サウンドの美しき
    融合体"To You" 。…ブライアン…、キミは良く理解しているねぇ、アース
    の"Love" の本質を。それは人と人とが、艱難を恐れずに交し合う心の絆。
    自分の心に相手の心を迎え入れる事。それがアースの"Love" なんだよ。
    (ちょっと、後半何言ってるか解らない)

           

    「誰?ケニー・G君呼んだの。シーラ・Eって頼んだはずなんだけど」
    「えッ!?シーラ・Eですか!?マジっすか!?」
    「もう、仕方ないなぁ。いいやG君で。G君よろしく」
    「・・・・・・・・・・」

    まさかそんな会話があったワケでもないのでしょうが、どうして彼の名が挙
    がったんでしょうね。しかもコレがまた絶妙のマッチングでグッジョブだし。
    この"The Way You Move" は“ゲストが主”の最たる楽曲で、ケニー
    君がソプラノ・サックスを吹きまくりです。そしてバック・ヴォーカルが入ると
    一気にアース・ワールドへ。この重力の往復が魅力でありキモですね。

                     ★★★★★★★★★★★★★★

    今回の作品は、モーリス・ホワイト様の(メンバーとしての)復帰というグッド
    ・ニュースもトピックとなり、多くのファンを歓喜させました。
    2008年の現在、「このアルバム、アースとしてどうよ??」と疑問を抱いて
    いる方は、もう一度聴いてみていただきたいですね。アースが好きで、この
    拙いレビューをここまで読んでくださったアナタなら、絶対に琴線に触れる
    “鍵”を見つけ出せるハズですから。ゼヒゼヒ。(・∀・)b

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★           

                                    
1.Lovely People
                feat. Will-I-Am of the Black Eyed Peas
 
                                       2.Pure Gold 
                          3.A Talking Voice Interlude  
                                    4.Love's Dance               
                               5.
 Show Me the Way
                               feat. Raphael Saadiq
 
                                6.This Is How I Feel 
         feat. Big Boi, Kelly Rowland and Sleepy Brown
 
                                      7.
Work it Out         
                                     8.
Pass You By
                                         9.The One
                            10.
Elevated feat. Floetry
                                      11.Liberation
                       12.
To You feat. Brian McKnight
                  13.The Way You Move feat. Kenny G


    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!

                     「ワタシも信者の一員だ!」
                      というモーリス様信者の皆々様、
          下の応援クリックが、信者の務めかもしれません。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 04 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.