■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪RICK BRAUN / Kisses in The Rain♪


    kisses in the rain 00

           【コレがトランペットのスムースジャズ!】

    もしもスムースジャズに“殿堂”があったら、間違いなくピックアップされる
    作品でしょう。"Kisses in The Rain"
    スムースジャズ・トランペッターの第一人者、RICK BRAUN (リック・
    ブラウン)
が、スーパー・プロデューサー、ポール・ブラウンとタッグを組
    んで製作した、'01年リリースの傑作アルバムです。

    いきなり「傑作アルバムです」と言い切った以上、その傑作たる所以を披
    露しなければならないのですが、一体どこから語ったら良いのやら。
    とにかく、プレイヤーも、そのパフォーマンスも、楽曲も、完成度もすべて
    第一級のアルバムですから、語るべき傑作ポイントが多すぎて迷ってし
    まいますね。(ノ ̄∀ ̄)ノ
    ただ、まず語らなければならない最大のポイントは、トランペット(もしくは
    フリューゲル・ホルン)が、スムースジャズ作品の主役たりうることを証明
    した数少ないアルバムだという部分でしょう。

    もちろんそれまで、ラッパが主役のスムースジャズ作品が無かったわけ
    ではありません。リックの他にも、クリス・ボッティやティル・ブレナー、古い
    ところではチャック・マンジョーネなんかがヒット作を出しています。
    しかしながら、これらが純然たるスムースジャズ作品かと言われると微妙
    な部分があったり、まして同じ金管楽器であるサックスが主役の作品から
    見ると、その数の少なさ、層の薄さは比較にもなりません。
    これはすなわちソリストとしてのラッパが、スムースジャズという音楽形態
    に適合しにくい、あるいは音色の特性がジャンルの指向に反している(キャ
    ラが立ちすぎている)という事実を物語っているように思えます。
    では、リックの"Kisses in The Rain" はどうか??

    kisses in the rain 01

    リックは見事に“スムースジャズ”していますよ。   
   
    このアルバムの収録曲は全部で10曲。バリエーションはかなり豊富で、
    ジャズ寄りのもの、ブルース寄りのもの、典型的なスムースジャズ作品
    が混在し、楽曲のテンポも、形態も、使用されている楽器も様々です。
    リック自身もトランペット(ノーマル)、ミュートを装着したトランペット、フリュ
    ーゲル・ホルンを楽曲毎に使い分けており、構成上の一貫性はほとんど
    「無い!」と言っても過言ではありません。
   
    ところが、一聴するだけで作品全体を貫く強固な“共通項”を見出すことが
    ができるのです。そしてそれがリックの個性となり、その個性こそが、この
    アルバムをスムースジャズ作品たらしめている事に気付くんですね。
    “共通項”とは何?いや、カンタンなことです。それは、彼のフレージングが
    R&B だということ。ジャズではなく、リズム&ブルースが根底にあるという
    ことなんですね。一緒に歌ってみると良く解ると思います。
    さらに言うと、メイン・フレーズをシッカリと歌い、明確な発音とパッセージ
    でコンパクトなソロを完成させていること。人間離れしたテクニックや意表
    を突くフレーズを用いず、各パートとのバランスとその構成力を生かして
    アンサンブルを完成させている事。すなわちスムースジャズを成立させる
    多くの重要な要素を備えているのが"Kisses in The Rain" なのです。

    kisses in the rain 02

    オーソドックスな楽器を用いて、音数を極度にシェイプアップさせて作ら
    れたグルーヴ感満点の1.Car Wash 2000 。乾いたトランペットの
    音色とウェッティーなキーボードの対比が美しい、アルバムのタイトル・
    チューン2.Kisses in The Rain 。ソング・ライティング、アレンジ、キ
    ーボードも“by RICK ”。7.One for The Girls 。シャイのボーカル
    をフィーチュアしたレオン・ラッセルのナンバー8.For You 。リックの
    フリューゲル・ホルンがしっとりと歌い上げる10.Emma's Song
    いずれも“殿堂入り”させたくなるスムースなナンバーばかりです。

    似合うのは、アルバム・タイトル通り“雨”の日。そして“雨の夜”です。
    これから夏休みまでの一ヶ月間、スムースジャズ・ファンなら必携の一枚
    ですね。お持ちの方はもう一度聴いてみてくださいね!(・∀・)

                      

                                  1.Car Wash 2000
                               2.Kisses in The Rain
                                        3.Use Me
                                4.Groover's Groove
                                      5.Your World
                               6.Middle of The Night
                                 7.One for The Girls
                                        8.For You
                                       9.Simplicity
                                  10.Emma's Song


           

             



                 ★★★★★★★★★★★★★★
             

                      ご訪問ありがとうございました!
    
            「聴いてみっか?」という気になった皆様、
    最後に いつもの応援クリックをお願いいたします!m(_ _)m
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
ちょっとおヒサですが~
トランペットのアルバム最近あまり聴いてなかったんですけど、こういうトーンを押さえた曲もイイですね!!しっとりゆっくり「ペット」聴コ!!って
日にはもってこいじゃないです~!
甲乙つけがたいなあ
2001年はこの作品とChris BottiのNight Sessionsがリリースされましたね。「ちょっとこもったオープン(Flugelhornも)、粘っこいミュート」が特色のRick。「クリアで太いオープン、ビーンと音が張ったミュート」のChris。甲乙つけがたいですが、見事にコンセプトは好対照ですよね。(アメリカンソウルとブリティッシュポップ?でしょうか。)

Rickは全編にfunkyなSoulを持った演奏をしていると感じました。そしてとても優しさをて底辺に持っていると。Paul Brownもその部分を巧く引き出していると感じます。2.6.10が大好きですね。

お引っ越しをされたようで、僕のブックマークも変更させていただきました。またよろしくお願いします。
To masuda323さん
こんばんは!(・∀・)
ご訪問&コメントありがとうございます!

リックのtpは、masuda323さんご指摘の通り抑え
目のトラック(試聴リンクの2曲みたいなタイプ)と、
スパーン!とファンキーに弾けるタイプの、メリ
ハリが効いているところが特徴なんです。

音的には非常に端整で、共演するプレイヤーの
邪魔をしないスムースなサウンドがイイですね。
と、言いましょうか、こんなキレイな音を“出せる”
というだけでリスペクトの対象です。
へなちょこトランペッターの私としては。(笑)
To 五郎兵衛・風来坊さん
こんばんは!(・∀・)/
新ブログ・■BoneyFrog Blog■へようこそ♪
初コメありがとうございます!

いや~サスガ五郎兵衛さん!リックとクリスの
要点をまとめてくださいましたね。仰る通りだと
思います。

クリスの方は最近スタンダードへシフトしてます
けど、リックはスムースジャズで頑張ってますね。
リックのソウルフルな演奏は、やはりスムース
ジャズに“向いている”という事なんでしょうか。

ポール・ブラウンの手腕は、もうパーフェクトと
言いましょうか、非の打ち所が無いです。
メンツの集め方も、ただ豪華なだけではなく、
楽曲の指向性に合致したプレイヤーを配置し
ているように感じます。リックの味(ファンキー、
ジェントル、ソウルフル)を引き出した功労者で
すね。

最近、ようやくFC2のシステムに慣れてきた所な
ので、投稿もスムースになってまいりました。
ココログ・忍者時代の過去ログも、ペースを上げ
て移転中です。これからも宜しくお願いします!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 10 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。