■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / Color Rit♪


    color rit 00

          【貴女のために書きました】

    「私、大ファンなの。ヤセくんもきっと気に入るから、ゼッタイ聴いてね415

    ・・・・・・・・・・・・・・・

    オトコとはまことに悲しい生き物です。
    いかに鋼鉄の意志を持っていようとも、どれほど激しいコダワリを持ってい
    たとしても、それを泣く泣く捨て去らなければならない事があるのです。
    たとえば、ホレてしまった女性を振り向かせようとする時に。

    高校時代、逆立てたロン毛に、鬼をもひしぎそうな凶暴な瞳。“●●●高校の
    狂犬ベーシスト”の異名を取ったメタルフリークの私も、ホレた同級生から
    冒頭のセリフを頂戴したら、やはり聴かねばならなかったのです。いや必
    死で聴いたものです。…ユーミンやオフコースを。(ついには好きになった) 

    本当は"Get f●ck up!" のプリントが踊るT シャツをステージ衣装に用意
    していたのに、「コレ、カワイイよ!」の一言で"天晴れ!" 印のランニングに
    差し替え(同じく高校時代)。デーハーなダメージ加工の施されたデニムを、
    「履いたら?」の一言で履き(40歳過ぎてからの話)、チーズ・フォンデュの
    美味しい店を3時間以上かけて検索(チーズ食べられない)。観覧車に乗る
    (高所恐怖症)。それはすなわちホレているからこその努力であり、男という
    生き物の、悲しい習性の縮図な訳です。

    “オトコのコダワリ”とか、“オレ流スタイル”とか言っても、そこに行き着くま
    でには、多かれ少なかれ外側、特に女性から投射されたポリシーの影響
    が存在するワケで、また、それを否定してしまうと、オトコはオトコでなくな
    ってしまいますよね。「ゼッタイ気に入るから」と女性に言われて、ユーミン
    のファンになった男性は私だけではないハズ。

    …って、なんのハナシだったっけ?(脱線キング)

    color rit 01

    そうそう、音楽のハナシです。
    『貴女のために書きました』の件。

    本日ご紹介する、LEE RITENOUR (リー・リトナー)"Color Rit" 
    は、リーさんが、“ホレた女性から大いに影響を受けて”製作したであろう
    ことを想像させる、微笑ましいコンセプトが詰め込まれた佳作です。

    そのコンセプトとは、すなわち“ブラジル”。
    「リーさんて、昔からブラジル・ファンじゃなかった?」と仰るなかれ。
    デイヴ・グルーシンとの共同作品"Harlequin" 以前のブラジル志向
    と、"Portrait" 以降のそれは似て非なるもの。いわば、リーの“本気”
    が窺えるのは後者の方で、この"Color Rit" はその“ブラジル度”が
    ピークに達したと思われる作品なのです。

    ブラジルの地名がそのままタイトルとなった"Bahia Funk" を始め、
    ブラジルの社会派シンガー、ゴンザギーニャの作品をカバーした"É"
    イヴァン・リンスの代表曲を焼き直した"All The Same Tonight"
    アルバムの顔となるジャケットには、ブラジル人アーティストのアントニオ・
    ペティコフを起用するという念の入れよう。どう考えても本気度100%!

    ナゼそこまでブラジルにこだわるの?どうして?
    ハイ、その答えは、ジャケットの隅の方にひっそりと記されてありましたよ。

    "A special thanks to Carmen Elisa, my love."

    パパとママ、くだんのゴンザギーニャ、そのゴンザ君を推薦したホセ・サン
    トスさんを差し置いて、一等最初に女性の名を"my love" 付きで。
    これは正しく『貴女(ブラジル人)のために書きました』というワケだったと。

    ただ、この女性のLove に溺れることなく、自らのポリシーを保持し続けた
    ところはさすがリーさん。ジャジーなギターワークと、ラテン・フレーバーを 
    程よいパーセンテージでブレンドし、煌びやかな“New リトナー・サウンド”
    へと昇華させた所はお見事です。 
    半泣きでコスモワールドの観覧車に乗った誰かさんとは大違いだ。

    新春とは言いつつ、これからが冬本番。心身がフリーズしそうになったら、
    "Love" で満たされた、こんなあったか~い作品を召し上がっては如何?

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★              

                      LEE RITENOUR / Color Rit (1989) 

                                      
1.Bahia Funk    
                                           2.É     
                             3.All The Same Tonight   
                                   4.Mister Reggae                   
                                    5.
 I Can't Let Go     
                                        6.Color Rit      
                                        7.The Kiss
            
                                          8.Malibu
   
                                   9.Tropical Storm   
                                         10.Etude
                                    

           

           

    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!

     今度は観覧車のシースルー・ゴンドラに乗せられそうなんです。
                乗れない言い訳を考えてコメントくださるか、
        下の応援クリックをいただければ勇気が涌くかもしれません。
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
ヤセガエルさん、こんばんは!
男性はやはり女性にモテたいっていうのが一番みたいですね。
音楽(楽器)始める理由も最初はそれだったりするらしいですね。
女性の場合は?というと、もちろん男性にモテたいというのもあるんですが、実は女性(同姓)の目のほうが気になったりします。
いずれにしても女性の力は偉大?なのかもしれませんね。だから女性を大事にしましょうね。
なーんて。。
ところで、このアルバム大好きですよ。
20年前くらい?かなー。ちょうどわたしの人生の転機を迎えたころのアルバムです。
このあとから私はしばらくの間(6年くらい前に復活するまで)音楽を全く聴かなくなってしまったんです。
「イン・リオ」と「リット」はレコード持ってまして、リー・リトナーはカールトン同様大好きでした。
とっても明るく軽やかなアルバムなのになぜか哀愁感じちゃったりしますね。あー懐かしい!
To poohさん
poohさん、いらっしゃいませ!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

ムフフ。懐かしいでしょう~?
私も、アルバム"Rit"から、フォープレイ在籍
時のアルバムまでは聴きまくりましたから。
モチロンこの"Color Rit"も。

“人生の転機”ですか。ありますよね。
ワタクシ、去年がそれでした。(^-^;)

音楽を始めるキッカケは色々ですが、「バンド
やろうぜ!」っていうノリは、「女のコにモテた
い!」という理由が圧倒的じゃないかと(笑)。

ちなみにワタクシは、あ~…モテたらイイな、と。
でもベース弾きはカナリ地味で、あまりモテなか
ったぞ、と。そんな残念なバンドマンでしたね。
ですから、今後も出会う女性は大事にしたいと
思っております。(⌒-⌒;)

ソプラノサックスは、「モテたかった!」という潜在
意識が衝動買いに走らせたのかも。
かたや、poohさんをサクソフォニスト・デビューへと
導いたものは何だったのだろう?と興味津々な私
でございます。(・∀・)


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。