■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪PHIL PERRY / The Heart of The Man♪


    The heart of the man 00

          孤児として生まれ、生年月日も出身地も、名前すら与えられて
          いなかった彼が、「歌」というたったひとつの花を咲かせる為に
          、忍苦と努力の日々を重ね、25年という歳月をかけて結実さ
          せた作品が、このThe Heart of The Manです。

          14歳で孤児院を後にして以来、常に生きていく糧であり、手段
          であり、そして夢でもあった「歌」。アカペラを歌う街頭ミュージッ
          シャンからスタートし、17歳の時に初めてのレコーディング。
          その後、挫折と再出発を繰り返しながら、その才に磨きをかけ
          ていったフィルは、また多くの音楽人たちと出会います。

    The heart of the man 01

          フィル・ペリーという名前が知られるようになったのは80年代。
          スタジオのセッション・ヴォーカリストとして再スタートし、ビル・
          ウィザース、アニタ・ベイカーといったソウルのビッグ・アーティ
          ストのアルバムへ参加し始めた頃でした。

          そのパワフルでスピリット溢れるヴォーカルは、やがてボズ・ス
          キャッグス、ロッド・スチュワートなどの異ジャンルで活躍してい
          るアーティスト達をも虜にし、さらに、当時フュージョン界の最先
          端を走っていた、リー・リトナーやグルーシン兄弟とのコラボレー
          ションは、彼のヴォーカルの存在感を、その多くのファンへ印象
          付けました。

          そして、1991年。(推定)39歳になったフィルは、これまでの音
          楽人生の集大成ともいうべきThe Heart of The Man
          待望の再デビューを果たし、シングルカットされたCall Me
          は、全米ブラック・コンテンポラリーのシングル・チャートで1位
          を獲得。その名を音楽史に刻むこととなったのです。

                         【おすすめナンバーレビューは↓↓↓】

          ① Amazing Love
          「Countdown !」の掛け声で始まる、パワフルでダンサブルな
          ナンバー。ココが肝心!とばかりに気合の入ったヴォーカルは
          、いったい何オクターブの音域で歌われているのやら。加えて
          そのキレの鋭いこと!バックコーラスでも大活躍してます。

            

          ⑦ Call Me
          アレサ・フランクリンによる70年代の名曲を、ジョージ・デューク
          が焼き直したものですね。フィルの再デビューを、大きく後押し
          したのもまた、このジョージ・デュークでした。前述の通りこの
          ナンバーは、米ブラコン部門のチャートでNo.1を獲得しました。

            

          ⑨ The Best of Me
          デビッド・フォスター会心のラブ・ソング。原曲はフォスター自身
          と、オリビア・ニュートンジョンによる美しいデュエット曲です。
          フィル・バージョンは、原曲の持つ透明感をさらに昇華させた
          アレンジと、フィルの魂のこもった歌声とのコントラストが秀逸!

            

    The heart of the man 02

          さて。今回ご紹介した作品はいかがでしたか?
          このアルバムには、過去、フィルとスタジオ・ワークを共にした
          カルロス・リオス、ドン・グルーシン、ジェラルド・オルブライト、
          リー・リトナー、デイブ・コーズにアーニー・ワッツ・・・・本当に
          もう書ききれないくらいのグレイト・ミュージッシャンたちが、
          「オレも、オレも!」と言わんばかりに参加しています。
          フィルの人柄と、その歌声の力量を想像させる作品ですね。

          興味を持たれた方は、Amazonでその他のトラックも試聴して
          みてください♪

                                   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング


コメント(転載)

はじめまして★毎回楽しく拝見させています。
僕もSmooth Jazz系の音楽が好きなので、Phil Perryのことを少しは知っていたのですが、このような過去があったとは知りませんでした。
彼の他を寄せ付けない歌唱の裏には、弛み無い努力があったのですね。では、また遊びに来ます♪

投稿 Lime flavor | 2006.09.30 13:18


To Lime flavorさん
初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます!

スムースジャズとフィル・ペリーの深い関わりを知ってらっしゃるあたり、かなり「通」な方とお見受けいたしました。(^^)
フィルは本当に苦労人なんですよね。あの才能が埋もれなくて良かったと思います。
Lime flavorさんもチェック済みかもしれませんが、『An Evening Of Fourplay』というDVDで、彼の歌っている姿を見ることができます。要チェックですヨ!

再度のご訪問をお待ちしております!

投稿 ヤセガエル | 2006.09.30 19:08

スポンサーサイト

テーマ : Soul,R&B    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 03 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。