■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪MARC ANTOINE / Universal Language♪


    universal language 00

              【困った時のアントワン♪ 】  

    桜が開花しそうな暖かさから一転、指先の感覚も頼りなくなる程の寒さ。
    曇り空からは雨がパラつき、かと思えば、時おり太陽も顔を出すという、
    なんとも支離滅裂な天候だった本日の神奈川。皆様お住まいの地域は
    いかがでしたか?(・ω・)

    こういう気温・天候が目まぐるしく変化する時期は、BGMの選定も思案の
    しどころですよね。凍てつく寒さも、激しい風雨も、さらには全ての場所、
    あらゆる状況に対応するオールラウンダーなアルバムは無いものか?
    …なんて考えていたら浮かんで参りました。その要件を満たす作品が。

    寒い朝をポカポカに。雨が降ればエレガントなひとときを。蒸し暑い午後
    には爽やかな涼風を送り、通勤のお供にしても、デートのBGMに使って
    も見事に対応するそのアルバム、MARC ANTOINE(マーク・アント
    ワン)
"Universal Language" がその作品です。

    universal language 01

    『コンテンポラリー・ジャズと世界の音楽を、マーク・アントワンの味わい
    深いギターでブレンドしてお聴かせいたします』

    ↑ コレはアルバムのパッケージに貼付されたPRステッカーの文言。
    このPRとアルバム・タイトルが示す通り、その作品群の中には、北欧の
    冴え冴えとした空気を連想するクラシカルな楽曲から、地中海の太陽や
    南半球のリゾートをイメージさせる情熱的な楽曲、さらには、N.Y.や東京、
    PARIS といった都会の無機質的情景をモチーフにしたと思われる楽曲も
    インクルードされており、その多彩なカラーはまさしく"Universal" 。
    “全ての場所、あらゆる状況に対応する”という要因は、この"Universal"
    なアルバム・コンセプトが影響しているのかもしれませんね。    

    universal language 02

    ちなみに、このアルバムが、多彩なカラーを持ちながらも不統一に陥ら
    ないのは、アントワンさんの洗練されたギターワークと、フィリップ・セス
    の簡潔なアレンジメント、そして、あのトミー・リピューマの名プロデュー
    スが、ガッチリと一本の綱としてより合わさっているせいです。

    「今日のBGM、どうしよう??」と迷ったら、この全天候型オールラウンダ
    ー・アルバム、"Universal Language" をゼヒどうぞ!

              ★★★★ 録曲はコチラ ↓ ★★★                 

           MARC ANTOINE
 / Universal Language (1999)   

                                     
1.Palm Strings       
                                          2.Valerio        
                                            3.Celta      
                                  4.Children at Play                      
                                       5.El Camino
        
                                     
6.N.Y.Strolling         
                                     7.Elikya(Hope) 
              
                                  8.Bossa Nouveau
      
                                     9.Point of View      
                                     10.Crossroads


           

           

    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
  
                          ちなみにワタクシ最近、
            『季節感の無い男』と言われショックを受けました…。 
           哀れと思し召しましたら、クリックお願いいたします!

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
気が付くと結局全部アルバムもってました(笑)。
そりゃ財布が寂しくなるわけですよね(泣)。
彼はスパニッシュなサウンドが持ち味。
そこが他のスムース・ジャズ・アーティストと一線を画する部分でしょうか。
大好きなアーティストです。
そういえば3月に「ポール・ブラウン」とのコラボレーション・アルバムを発表するそうです。
どんな仕上がりになるか非常に楽しみですね!
これは全天候型ですね!!
すごく気に入りました。
「Bossa Nouveau」なんて、ボサノヴァなのに冬の空気を感じる、不思議な気分…。
ギターがそうさせるのでしょうか??
クールなアルバム、ありがとうございます!!

ところで、以前教えていただいたボニーの「TRUST」ですが、トラバさせていただきましたので、よろしくお願いします。
すごく良いアルバムでした!
To Musicmanさん
Mu師匠、ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)

…なんてこった。
ポール・ブラウンと組みますか。
ベンソン&クルーみたいな名盤になる予感。
来月はボニー・ジェイムスの新譜が出るらしいし、
お金がいくらあっても(いや…そんな持ってない
し)足りないッす。

Mu師は、アントワン作品もコンプリートとは恐る
べし。『気が付くと…』というフレーズの中に、飽く
なき芸術への欲求と、歯止めのかからない少年
の衝動を感じます。( ゜∀゜)

金銭面で大変な事にならないよう、「お互い自制
いたしましょう!!」と言っても、お互いムリなん
だろうなぁ…。
To ひさしさん
ひさしさん、いらっしゃいませ!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

お気に入っていただけましたか!
良かった良かった。^-^

この作品の持ち味であるラテン・フレーバーと
スタイリッシュ・サウンドの融合は、ひさしさんの
ようなボッサ通にはかなりツボだろう!と思って
おりましたよ!
ちなみに、お酒にも合うんじゃないかと。
(↑ 飲めないから想像するだけですが)

ボニー君の"Trust" のTB、後ほど公開しますね。
ひさしさんの記事も拝読させていただきます!
ジプシーギター
今晩は!
この方ちょっとジプシーギター的な魅力ありませんか?
どこかPeter WhiteやDominic Millerと違う野性味を感じます。

あ、3月にPaul BrownとのDuet作が発売されるようですけど。(^^)
To 五郎兵衛・風来坊さん
五郎兵衛さん、いらっしゃいませ!
ようこそお越しくださいました♪

おお、“ジプシー”!
なんと申しましょうか、アントワンさんのギターの
“乾いた情熱”の正体は、きっとそのジプシー・
マインドでしょう!
ホワイトさんやドミニクさんとは、また違った個性
ですよね。

そして、あのスムースの権化のようなポール・ブ
ラウンとタッグを組んだら…と思うと、これはもう、
(上のコメにも書きましたが)ベンソン&クルーの
"Collaboration" みたいな名盤になるんじゃない
かと大変楽しみです!お互いマストバイですね!
( ゜∀゜)

私はアルバム購入に向けて、明日から節約だ!
(苦笑)


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。