■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪EARTH, WIND & FIRE / Electric Universe♪


    1207483587.jpg

              【僅かな“違い”が大問題だった】

    “ホームランバッターの最も苦手なコースは、最も得意なコースからボー
    ル一個分外れた所”、なんていうお話はご存じでしょうか。

    つまり、好物と苦手な物は非常に近距離にあるという定説めいた話です。

    --------------------

    “大のコカ・コーラファンなのに、出されたのはペプシ”。

    “アイドル歌手になってほしかったのに、アイドル・バンドのヴォーカリス
    ト
になってしまった菊池桃子(ラ・ムー)”。

    “「○○クン…脱がせたいでしょ…?」と、見せてくれたセクシーなパープ
    ルのおパンツ
。でもバックプリントにベティちゃん”。(´д`)

    “「ゲットできて夢のようだ!お前の分もあるからな!」と大興奮の友人から
    渡された、ジャーメイン・ジャクソンのコンサートチケット”。

    “スタンダードを歌うボビー・コールドウェル”。

    “当たったのは、仲本工事の首チョンパ”。

    --------------------

  「ボール一個分をナゼはずす!?」

    ものすごく近いところまで来ているのに、最後の最後に裏切られるという、
    何とももどかしい、怒りにも似た感情がふつふつと湧いてきます。

    '83年。このEW&F のアルバム"Electric Universe" を聴いたアー
    スのファンも、そんな感情を味わったんじゃないでしょうか。

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

    '79年の"I AM" 以降、"Faces""Raise!""Powerlight" と、グ
    ループもアルバム・セールスも徐々に下降線を辿りつつあったアース。
    この時点で多くのファンが新作に期待していたのは、おそらくアルバム
    "All'n'All" 辺りの有機的でモダンなファンク・サウンドだったでしょう。
    ところが、リリースされた作品はなんと、アース・サウンドの中核を担うはず
    のホーン・セクションが排除され、代わりに、当時お世辞にも“熟成されて
    いる”とは言い難かったシンセ・サウンドがフィーチュアされていたのです。

    このアルバムで、アースは、“最新音源を効果的に使うソウル・グループ”
    から“ソウルっぽい雰囲気のポップ・グループ”へと変貌してしまいました。
    ボール一個分の差で。

    --------------------

    白状しましょう。

    実はワタクシこのアルバム、このレビューを書こうと思い立つまで、たった
    の一回しか聴いてません。

    当時、そのくらいショッキングだったということでしょう。
    そしてそのままお蔵入り。四半世紀の眠りに就くこととなったのです。

    1207564680.jpg

    『長い間借りてても~しわけない。最近のオススメCDと一緒に送ります』

    そんな手紙と共にこの懐かしいジャケと再会したのは、ほんの2・3日前の
    ことです。

    貸した記憶はありませんが、昔からレコードやCDを“回し聴き”していた元
    バンド仲間からだったので、まあ受け取っておくかと。
    …で、今聴くとどんな風に聴こえるかと。聴いちゃおかなと。
    (↓ プレーヤーの再生ボタンをクリックしてね)

           

  「あら!なんかすごい“アース”じゃないですか!」

    確かにキメキメのホーンや、カミソリ・カッティングギターは無いけれど、
    そのメロディ、そのスピリット、グルーヴは紛れも無く“アース”のもの。
    25年前は違和感アリアリで耳障りに感じたシンセ・サウンドも、現代の
    打ち込みサウンドのように無機質なオートマティズムさが無く、むしろア
    ナログチックでエキサイティングに聴こえます。

    秀逸なのはヴォーカルとコーラスライン。コレは(電子デバイスを使った)
    オケとの対比がもっとも顕著な部分で、“肉声であること”を非常に意識
    しているように感じます。アプローチ的には、私の大好きな作品"I AM" 
    に近いですね。PANのポジションの取り方も絶妙で、分厚いコーラスが
    前方から後方へ回り込むように迫ってきます。

    楽曲の洗練度も高いです。ひとつひとつが作りこまれており、メリハリが
    効いていますね。ダンス・ミュージックとしては失格ですが、じっくりと聴き
    込むに値する丁寧なアレンジが施されています、ってオイ!

  「やっぱり“アース”じゃないですか!(゜∀゜)」

    これは再評価しなきゃいけないのでは?
    25年経って、ボール半分くらいホームラン・ゾーンに近づいてないか?
    当時「アースは終わった」とか嘆いていたけど、この変革が無かったら、
    もっと早い段階で“終わってた”かもしれないんじゃないのか?

    このアルバムを所有されている皆様、25年目の真実をその耳で確かめ
    てみる気はないですか?きっと何か得るものがあると思いますよ。
    だって“アース”ですから!

                   ★★★★  収録曲はコチラ↓★★★★

                                        1.Magnetic
                                           2.Touch
                                       3.Moonwalk
                                 4.Could It Be Right
                                       5.Spirit of A
                                      6.New World
                               7.Sweet Sassy Lady
                      8.We're Living in Our Own Time
                                   9.Electric Nation

                                    


                  
★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                        ご訪問ありがとうございました!

                       「でもベティちゃんはドン引きだ!」
                   ついに脱がせられなかったヘタレな私へ、
        いつもの応援クリックをお願いいたします!m(_ _)m
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                   
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 10 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。