■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / RIT♪


    rit 00

          フュージョン・ギタリストの、LEE RITENOUR (リー・リトナ
          ー)
。マニアックで閉鎖的なイメージの強かったフュージョン
          というジャンルを、一般層に拡げた最大の功労者です。

          ’81年に発表された作品RITは、当時のフュージョン界
          の名プレイヤー、ハービー・メイソン、ドン・グルーシン、エイブラ
          ハム・ラボリエルらに加えて、POPS・ROCK界で活躍している
          デビット・フォスター、ジェフ・ポーカロ、デイヴィッド・ハンゲイト、
          ビル・チャンプリンといったミュージッシャンを起用。
          さらに、新人ヴォーカリストのエリック・タッグをメイン・ヴォーカ
          リストにするなど、本格的なジャンルの融合を目指した野心的
          な作品となりました。

          そして、このアルバムを最も熱烈に歓迎したのは、評論家でも
          マニアでもなく、一般のPOPSファンたち。
          耳に心地良いサウンドの中で、宝石のように散りばめられてい
          る、キメの細かいテクニカルなプレイは、多くのPOPSファンへ
          フュージョンというジャンルへの新鮮な発見をもたらし、格好の
          入門用アルバムとして受け入れられることとなったのです。

                          おすすめナンバーレビューは↓↓↓

          ① Mr.Briefcase
          オープニングを飾るこの曲は、リード・ヴォーカルを担当する
          エリック・タッグ作詞・作曲のポップ・チューン。デビット・フォス
          ターのプロデュースにより、洗練されたアレンジと、リズム隊の
          ポーカロ、ハンゲイトのシュアなプレイが爽快です。二重マル!

           

          ④ Is It You ?
          AOR史上に燦然と輝く名曲。ビルボード誌の最高位で15位を
          記録したこの曲は、当時のフュージョン畑の作品としては空前
          のヒットであると同時に、リー・リトナーの名を広く知らしめる事
          となりました。この曲からフュージョン入門した人も数知れず。

           

    rit 01

          というワケで、今回は二曲しか紹介できませんでしたが、この
          二曲以外にも、オススメ多数アリですね。リトナー若かりし頃の
          チャレンジャー魂が躍動するRIT。Amazonへのリンクを
          貼っておきますので、この機会に試聴してみてください♪

                      

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方は、
                         1クリックにご協力ください!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング


コメント(転載)

はじめまして。
いろんな音楽取り入れていて、とても素敵なブログですね。
私もフュージョンがすごーく好きだった時代がありまして、知ってるアルバムも多くて、懐かしくなりました。もしかしたら、同じ年代の方かなーと。。
このアルバム"Rit"も大好きでして、アナログレコード持っています。
最近はほとんどフュージョンも聴かなくなってしまいましたが、たまに聴くと明るくなれていいですよね。カシオペアも大好きで、よくLIVE通いましたっけ。。。

投稿 pooh | 2007.03.02 00:04


To poohさん

はじめまして。
コメントありがとうございます!

私も“Rit”から“Portrait”まではアナログ盤で聴いてました♪
カシオペアのLIVEに「通った」のは、高校生から大学生の時
です。poohさんの予想通り、同年代かもしれませんね~(^-^)

最近、日本のインストがなかなか浮上(?)してこないので、
スムースジャズの方ばかり目が行っていたのですが、たまに
昔のフュージョン・アルバムを聴くと、何かこうグッとくるものが
あったりします。「あの頃は若かったナ~」なんて…(^-^;)

これからも、新・旧こだわらずにアルバム・レビューを続けて
参りますので、またお気軽に遊びにいらしてください!
「輝いていた(?)あの頃」を語り合いましょう~♪

投稿 ヤセガエル | 2007.03.02 00:56

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 03 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。