■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪CHIELI MINUCCI / Got It Goin' on !♪


    got it goin on 00

    【“スムースジャズ”と呼ばないで!】 

    人にはコダワリというモノが存在します。

    10人居れば10のコダワリ。100人居れば100のコダワリ。それぞれが、
    「コレはこういうモノだ!」という確たる信念の下、あえて他人の価値観を
    度外視して保持し続ける、その人の生き方を表す“スタイル”ですね。

    たとえば、“ビートたけし”時代の北野たけしが、たけし軍団の面々に向か
    って、「オレを師匠と呼ぶな!!殿と呼べ!!」と強制したのは有名な話。
    某映画の主人公、マーティ・マクフライは、「僕を“チキン”と呼ぶな!!!
    (クリント・イーストウッドと呼べ!)」と言っていたし、かく申す私・ヤセガエ
    ルも、「オレの必殺技を、スラップ・ベースだなんて小洒落た呼び方をす
    るな!“ズビズバ・チョッパー”と呼べ!」と他人に強制したものでした。

    他人の感覚では、「そんなコトにこだわらなくても」という些細な事柄であ
    っても、当人には、それが絶対に譲れない“コダワリ”だったりするのです。

    got it goin on 01 

    そしてこの方↑ 、ギタリスト・CHIELI MINUCCI(キエリ・ミヌッチ)
   
さんのコダワリ。キエリさんのソレは、本日ご紹介する作品の楽曲群と、
    そのライナーノーツに滲み出ています。
    結論から言ってしまうとキエリさん、どうやら自分の音楽を“スムースジャ
    ズ”にカテゴライズして欲しくないようなのです。すなわち、
   
    「スムースジャズと呼ぶな!“フュージョン”と呼べ!!」

    …というニュアンスが伝わってくるんですね。

    彼が世に出た時代、スムースジャズという音楽ジャンルは、ほとんど形を
    成していなかったし、また自分達の音楽が、インターネットやラジオ局で
    BGM としてエアプレイされることも想定していなかったようなのです。
    もちろん、自分達がスムースジャズとしてカテゴライズされることも。
   
    キエリさんが目指してきたのは、ストレート・アヘッドなジャズ、ブルース、
    フラメンコ、フォーク、プログレッシヴ・ロック等をコンバインし、融合させた
    ドラマティックでセンセーショナルな音楽。すなわちフュージョン。それが、
    こともあろうにBGMとして扱われる。ナゼだ??納得いかねぇ。一生懸命
    作ったのに262 みたいな。ちゃんと聴いてもらいたいのにッ!みたいな。

    ライナーノーツには、『フュージョン・ミュージックは、貴方へリッチな音楽
    体験をもたらすことでしょう』とズバリ記載しているし、アルバムに収録され
    ている、トラック5."Chic" や、7."Destiny" 、9."Denial"  などは、
    「ネットラジオで掛けられるもんなら掛けてみろ!」くらいな、非スムースな
    アプローチですからね。もちろん聴き応えもタップリですし、「ああ、そういう
    コダワリなのね」と納得できる“濃い”作品となっています。

    でもキエリさん。ごめんなさいね。
    私も、キエリさんの主張を容れて、フュージョン作品として聴いてあげたい
    ところなんですけど、私が最も「キエリっぽい」と感じ、最も「お気に入り」に
    なったツボ・ナンバーは、↓の"Good Times Ahead" だったんですワ。
    “コダワリ”って、他人にはなかなか理解されないとゆーコトで。

               ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★   

                                
1.Stars in Your Eyes       
                                   
2.Got It Goin' on                
                               3.Good Times Ahead           
                             4.Love Is Always Young
                                           5.Chic    
                               
6.Deeper Than Deep                 
                                        7.Destiny    
                                      
8.The Juice
              
                                         9.Denial              
                                    10.Still Waiting     

    

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                      ご訪問ありがとうございました!
              
       「世間では、こういう音楽をスムースジャズと呼ぶのでは?」
                 という、私と同様のツッコミを入れたい方は、
               下のボタンをクリックするべし。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
お久しぶりです!キエリ・ミヌッチいいですよね~!
あのアルバム「ルネッサンス」以来、大ファンになったライムです。
この人の楽曲って、スペシャルEFX時代から、スムースジャズの
範疇に収まりきらない、一癖あるものが多いですよね♪
To ライムさん
我が友ライムさん、お久しぶりです!
ようこそおいでくださいました♪(・∀・)

例のアルバムの件はありがとうございました!
今年も、あの“ホノルル”サウンドが似合う季節
がやってまいりましたね。

今回の"Got It Goin' on !"は、ライムさんの指摘
されている、『スムースジャズの範疇に収まりき
らない一癖あるサウンド』が満載のアルバムです。

試聴ファイルで挙げた楽曲は典型的なスムースジ
ャズですけど、他にもテク重視のソロ合戦がメイン
のナンバーや、明らかにフュージョンを強く意識した
作品もあって、聴き飽きることがありませんね。
ライムさんがお持ちでないなら、オススメしますよ!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。