■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / Smoke 'n' Mirrors♪


    smoke n mirrors 00

     【遊びたいヒト、この指と~まれ♪ 】 

    …と言ったかどうかは別として、このギターリストの呼びかけに集まった
    スゴ腕プレイヤーは総勢23名。名盤"Harlequin" で双頭リーダーの
    一を担ったデイヴ・グルーシンを筆頭に、“低音王”ブライアン・ブロンバ
    ーグ。ジェントル・ソウツのメンバー、パトリース・ラッシェン。パーカッショ
    ニストの第一人者、パウリーニョ・ダ・コスタ。“ジャコの再来”リチャード・
    ボナ。さらに、エイブ・ラボリエル、アレックス・アクーニャ、シーラ・E に、
    ヴィニー・カリウタ、ジョン・パティトゥッチ・・・・・・・・ああ、もう面倒くさい!

    これだけのメンツを「と~まれ♪ 」の一声で集結させられるのは、おそらく
    この方ぐらいのもんでしょう。LEE RITENOUR(リー・リトナー)さん。
    本日のアルバム・レビューは、このリーさんが2006年に発表した、壮大
    な“フュージョン遊戯”的作品"Smoke 'n' Mirrors"。前述した23名
    のプレイヤーが、リーさんのギターと共に、恐ろしくハイレベルに( 時に
    限りなくユル~く)遊びまくっている好作です。(・ω・)b ~★★★

    smoke n mirrors 01 

    この作品、ネット通販サイトや、音楽誌におけるアルバム評では、必ずし
    も『賞賛されている』とは言い難いものがあります。
    概して、「アフリカンって、どうよ?」とか、「メンツのワリに地味」、あるいは
    「グダグダ」といった酷評もあったりしますね。正直な所、私の第一印象も
    それらに近いものがありました。「あらららら?・・・・う~ん・・・・」みたいな。

    ところが、昨年あたりから、個人的に楽器を再開した影響なのか、このア
    ルバムに対する印象が大きく変わって来ているのです。
    一回目よりも二回目、二回目よりも三回目といった具合に、リスニングを
    重ねていくと味が染み出してくるアルバムってありますよね。この作品も
    どうやらソレらしい、と最近思うようになったんですね。

    ↑ 一曲目にかかるのは、リーさん作の"Waters Edge" 。注目して
    いただきたいのは、美しく配置された、ひとつひとつの音の競演。そして
    その中で大胆に“遊ぶ”、各プレイヤーのテクニカルなフレージングです。
    特にベースのリチャード・ボナのパーカッシヴなプレイは必聴。リーさんの
    メロディをクリアに引き出し、ドラム、パーカッションのリズムと緊密に連動
    しています。曲名のムードを見事にイメージ化していますね。(曲が先?)

    二曲目はパトリース・ラッシェン往年のヒット曲"Forget Me Nots"
    原曲はパトリースがリード・ヴォーカルを取っていますが、こちらではザマ
    ジョベという女性がリードを取っています。パトリースはフェンダー・ローズ、
    オルガン、バック・ヴォーカルで活躍していますね。
    このトラックは、アルバムのコンセプト、『真剣に遊ぶ』(?)を象徴してい
    るように感じます。曲中に一瞬だけ挿入されるアフリカン・ヴォーカルや、
    曲のフェイズ毎に異なるカラーを持つリズム・アレンジを施している辺り、
    妥協しない遊び心を強く感じますね。ギターの音色変化も万華鏡のよう。

    smoke n mirrors 02 

    上で挙げた以外にも、シタールの音色が印象的なオープニング・トラック
    "Smoke 'n' Mirrors" 。名曲"Mountain Dance" を彷彿とさせ
    る、デイヴ・グルーシン作 "Southwest Passage" 。アンプラグドな
    テイストが耳に心地よい"Lovely Day"。リーさんとボナのソロ対決が
    炸裂して、残った頭髪に引火しそうな勢いの"4 1/2 Storm" などが
    私・ヤセガエルがヘヴィロテしているナンバーです。

    もう一度申し上げますが、最初に一回聴いただけでは、この作品の真価
    は堪能できません。何回も、それこそ「これでもか!」と聴いてみてくださ
    い。彼らがどれだけ真剣に遊んでいるか、どれだけ凄まじい才能を有して
    いるか、ハッキリと体感できるアルバムですよ!(`・ω・´)b ★★★

    smoke n mirrors 03

                  ★★★★ 曲はコチラ ↓ ★★★★      

                                
1.Smoke 'n' Mirrors          
                                      2
.Capetown                   
                               3.Southwest Passage              
                                    4.Waters Edge   
                            5.Blue Days(Dias Azuis)       
                                    
6.Spellbinder                    
                                       7.Memeza       
                                         
8.Povo
                 
                                      9.Lovely Day                 
                                      10.Township
                                 11.Forget Me Nots
                                     12.Stone Cool
                                    13.Motherland
                                   14.4 1/2 Storms

    

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
こんばんは♪
そうそう!
何度も聴いている内に、じわじわと良さが分かってくるアルバムってありますよね^^
あと、昔聴いた時はイマイチだったのに、大分時間が経ってから聴き直すと良さが伝わってくるアルバムとか・・・・自分はサンボーンがそうでした♪

リトナーさんは90年代以前のアルバムは数枚所持してますが、最近のは知らないので、じっくり試聴させて頂きましたが、いいかんじですよ!!

今月後半は忙しく、通勤時の車の中位しか音楽を楽しめる時間が無かったので、又ヤセガエルさんに色々教えてもらって、来月も新たなイイ音楽に出会いたいです♪♪

では、応援 ぽち☆
To kickさん
kickさん、いらっしゃいませ!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

サスガはkickさん。一発でピンと来たんですね。
私はちょっと時間が必要でしたが。(^-^;)

実を言うと私、サンボーンのアルバムもあまり
聴き込んでいないのです。
理由は今回と殆んど一緒で、ファースト・インプ
レッションが良くなかったというカンジで。
聴き込めば響きますかね…。

ちなみにKkickさんが所有されているかもしれな
い80年代のリーさんの作品は、私の現在の音楽
的嗜好の基礎となっています。
"Rit"から"Color Rit"までは、聴き込みましたし、
デートのBGMにも使い回したような。(あまり理解
は得られなかったスけど)懐かしいですね。
今度Kickさんのブログでも取り上げて下さいね!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 09 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。