■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

"I Love You"をありがとう ~MICHAEL JACKSON~

thriller 01

ステージの上で、インタビューの席上で、時には移動中の車の中から、いつも彼は私達にその言葉をプレゼントしてくれました。

その存在がどんなに遠くても、たとえ言葉が通じなかったとしても、彼のその言葉があったからこそ、私達は、彼とつながっていることを実感し、彼と同じ時代を生きていることに希望と誇りを持つことができました。

MICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)
KING OF POP。不世出のスーパースター。私達の夢。

michael jackson 02

喝采。賞賛。敬意。栄光。名声。富・・・・。
彼が手に入れたものの全てを、私達が知ることは到底不可能でしょう。

真実。友情。そして、愛・・・・。
失ったものの大きさもまた、計り知ることはできません。

想像を絶する孤独な世界で、彼は歌い、踊り、私達に素晴らしい魔法をかけ続けてくれたのです。一人の人間として。

michael jackson 03

2009年6月25日。彼は天国へと旅立ちました。

この地上で、その姿を見つけることは二度とできません。
その歌を聴くことも。彼の言葉を聴くことも。

それでも私達は知っています。
彼の、私達へ注いでくれた愛の大きさを。
そしてマイケルが、私達を永遠に愛してくれていることを。

たくさんの"I Love You"をありがとう。

R.I.P Michael Our Dream.
We love you forever.
スポンサーサイト

テーマ : 80年代洋楽    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
king of pop
Boneyさん、コンバンワー。
マイケル・・本当に、この世に居ないのですね。
7月に迎えていたUKツアーも、行うことなく、、
なんだか、始まりを終わりもなく、直前に逝ってしまうところなんか、、まるで、シナリオだったように。。
彼は、夢を膨らませたまま、消えちゃうなんて、、本当に、パーターパンのままねって、、、
私はふくみ笑いしてしまいました。
私もBONEYさんも多分、同じマイケル時代の記憶を辿ってきてますよね。だから、尚更、彼はどこか、別格の人で、、人がおなじように同意できる世界には居なかったからこそ、とても、大きいな存在でした。Boneyさんが言われるように、次世代に少しでも、彼の長い長い神話を語り継ぎたいものですね。そして彼への想いは世界共通だと信じてます。
To JJさん
JJさん、こんばんは。
ようこそおいでくださいました。

居なくなっちゃったんですよね。やはり…。

正直、私は、マイケルの“熱烈な信者”という程の
ファンではなかったし、「亡くなった」というニュース
が入っても、「前にもそんな誤報があったよなー」
くらいなカンジだったんです。

でも、そのニュースが現実だと判って、ジャーメイ
ンの記者会見の映像や、マイケルが搬送された
病院に人々が殺到する様子を見て、自分の中に
あったマイケルの存在の大きさを知らされました。

JJさんの仰るように、彼は別格だっだんですよね。
私個人にとってもそうだったんです。
彼の楽曲、ダンス、スキャンダルまでも、その存在
は『別世界のもの』であると同時に、『有って当然の
もの』だったワケです。
それが・・・・今は無い。その事実はとても絶望的で、
非現実的で、ただひたすら悲しく思います。

でも、悲嘆にくれているだけでは済まされませんね。
同じ時代に生きた私達は、かつてのビートルズ、プレ
スリーのファンがそうしたように、マイケルのストーリー
を、大切に、愛をもって語り継いでいかなければなりま
せん。それが私達の責務であり、世界中の人々の願い
だと信じています。
こんばんは~
ヤセガエルさん、こんばんは!
私も大ファンではなかったけれど、残念!
偉大すぎる故に背負ってしまった宿命的な最期なんですかね~。寂しい、というか可哀そう。
「スリラー」は若い時よく行っていたディスコでいつもかかっていたんですよ。従業員がゾンビの着ぐるみきて動き回って脅かすんです。
あー懐かしい。感慨深い思い出です。
でも彼はいつも皆の心の中に生きていますよね。
To poohさん
poohさん、こんばんは。
ようこそお越しくださいました。

そうですよね。
マイケルは、皆の心の中で永遠の存在になりました。
背負っていた宿命や、全ての苦しみから解放されて、
安らかに眠っていると信じたいです。

私がディスコに行っていた頃(マハラジャとか、キンク
イとか:笑)では、ユーロビートが幅を利かせていて、
マイケルの楽曲はあまり掛かっていなかったんですけ
ど、それでも"P.Y.T"とかが掛かると、ものスゴく踊れる
ヤツが出現したり、それでボルテージが上がったりした
記憶があります。懐かしいですね。

あの悲報から一週間。今、改めて彼の発表したCDや
DVDを鑑賞しています。
やはりマイケルはスゴイ!!遠い世界からやってきた
音楽の使者だ!…なんて感じましたね。
そして、「ありがとう」の気持でいっぱいです。

3日のエントリーは彼の作品"Thriller"をピック・アップ
しているので、よろしければ再度ご来訪ください。
コメントありがとうございました!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。