■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪RICHARD ELLIOT / Jumpin' Off♪

jumpin off 00

【七月七日の夜だから】


優美にきらめくヴェガと、雄々しく輝くアルタイル。南天には真円の月。そしてリチャードのサクソフォン。それだけあれば、もう何も要らない。七月七日の夜だから。

 軽妙なジョークも、上等なシャンパンも、美女のささやきも要らない。ブ厚い財布も、申請がやたらと面倒なエコポイントもやっぱり要らない。七月七日の夜だから。

 年に一度の逢瀬と、星々の輝き、そして活力溢れる毛根があればいい。
 


そんなワケでお聴きになっていらっしゃいますか?試聴ファイルをば。今夜のピックアップ・アルバムは、スムースジャズ界の人気サクソフォニスト、RICHARD ELLIOT(リチャード・エリオット)が1997年にリリースした"Jumpin' Off"。星空の美しい夜、ゆっくりと心と体を開放しながら愉しみたい、スムース&シルキーな佳曲が詰まった快作です。

jumpin off 02

このアルバムの聴き所は、プロデューサーであるポール・ブラウンが作り込んだ緻密で洒脱なサウンドと、そこで情感タップリに歌い上げるリチャードのサックス。ほぼ同時期にポール・ブラウンが手掛けたボニー・ジェイムスの作品、"Sweet Thing"あるいは"Body Language"あたりとサウンドの傾向に共通点が多いものの、ボニーの艶っぽいテナーとは異なる、肌理の細かいムーディなサックスがハートにググッと迫ってきます。

 バンピーなリズムの中で、リチャードお得意の“クドくないグロウ”が炸裂する1.Jumpin' Off。ブルージィなAメロと、メロウなサビのコントラストがチビりそうなくらい美しい2.All Night。テリー・スティールのペンによるルーサー・ヴァンドロスの代表曲4.Here And Nowなどが私のレコメンド・トラックです。ミュートの効いたリック・ブラウンのtp.が、リチャードの深みのあるテナーを照らす6.Slow Burn も最高ですね。

jumpin off 01

今夜はココ神奈川も、近年稀な雲の少ない七夕。逢えてますかね?ヴェガとアルタイルの二人は。
満月の月明かりに、涼やかな風も吹いたりして、こんな夜はリチャードのサックスがあれば、あとはもう何も要りませんよワタクシ。(毛根は必要)

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

1.Jumpin' Off
2
.All Night
3.If You Want My Love
4.Here And Now
5.Tell Me About It
6.Slow Burn
7.In The Groove
8.One Last Kiss

9.Nobody Knows




★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
「毛根ガンバレ!」という応援のお気持ちは、
下の応援クリックにてありがたく頂戴いたします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
横浜が似合うぜ
横浜が似合うなあと感じる作品ですね。
僕は8曲目が好きだなあ。
理由は........
アマゾンのレビューをみてね。
To 五郎兵衛・風来坊さん
五郎兵衛さん、コンバンハ!
ようこそおいでくださいました♪

いいですね、いいですね!(・∀・)
"One Last Kiss"も、私、ダイスキですよ。
リチャエリのバラッド作品の中でも出色の
デキだと思います。

Amazonにある五郎兵衛さんのレビューの
通り、この作品のメロウな作品群は、ボニ
ー君やデイヴさんとはまた違った、ムーデ
ィな味がありますよね。私も最初に聴いて
思い浮かんだのは、テンプレにあるような
都会のウォーターフロントでした(で、画像
がシドニーになったと)。

『最後のキス、夜明けと共に離れ離れの二人』

…って、やっぱ“七夕”というコトでしょうかね。
( ̄▽ ̄;)
ヤセガエルさん、こんばんは♪

アルバム全体を通して聴いたときには気付かないことってありますよね。
こうして切り取って聴いてみると、なんてロマンチックな楽曲なんだと、ハッとさせられました。
なぜだろう、アーバンな香り、というよりはリゾート的なチルアウトを感じます。

沖縄のリゾートホテルって、田舎にあるんですが、そこのプールを思い出しました。
眼下に見える自然と、プールという人工物の中間で漂っている、不思議な浮遊感です。

新しい発見でした~!ありがとうございます♪
To ひさしさん
ひさしさん、いらっしゃいませ!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

ほんとロマンチックですよねぇ~。( ̄∀ ̄)★
ソプラノ派の私も、リチャエリのテナーが奏でる
芳醇なサウンドにはメロメロです。

ひさしさんの指摘されている、『切り取って聴く
と解る良さ』。これってありますよね。
アルバムの中で聴くのと、抽出して聴くのとでは
全く異なる聴こえ方がする曲がありますから。

そうそう、次々回のエントリーでは、そんなナンバ
ーを集めたコンピをアップしますよ。
アルバムの中ではアクセント。抽出するとシング
ルカット可能!…みたいなカンジの楽曲集で。
楽しみにしておいてください♪

…しかし…沖縄ですか。
…沖縄のリゾートホテルですか…。

…行ってみたいな~…(←金欠)
同じく1曲目と2曲目が洗練されてて好きです。
特に1曲目、並のスピーカーでは再生が
できないような低いベース音が印象的で。
低音再生能力をチェックする時に使う曲として
結構重宝してます。
この頃はまだサックスがゼブラ柄じゃないんですね。
To lyonさん
lyonさん、いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます!

おおっと、lyonさんもこちらの作品をお持ちでし
たか!再生チェック用とはまた驚きました。

この作品を聴いていると、リチャエリのサックス
はモチロン、その魅力を際立たせるポール・ブラ
ウンの手腕にも感じ入ってしまいますね。
音数は決して多くはないのですが、その空気感
と言いましょうか、広がり感と言いましょうか、音
がとても立体的で伸びやかに聴こえます。
lyonさんが、サウンドチェック用にコレをピックア
ップされるのも解る気がしますよ!

ちなみにゼブラのサックスは、アルバムのジャケ
を見る限りここ数年のお気に入りのようですね。
塗りのカンジから想像すると、音ヌケや音圧重視
になってきたのかも。
今度来日したらライブ行きたいなぁ…。( ̄∀ ̄)


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 06 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。