■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪LARRY CARLTON / Fingerprints♪

fingerprints 00

【全然わかっちゃいなかった!】

LARRY CARLTON(ラリー・カールトン)さんです。

'70年代から活躍しているジャズ・ギタリストです。ミスター335と呼ばれいます。現在、スムースジャズ・バンド、FOURPLAY (フォープレイ)のギタリストとしても活躍しています。“超”有名ギタリストなんです。

「そんなもん今更言われなくても」というカンジでしょうかね。
かく申す私も、FOURPLAY の作品なら、ラリーさんが加入した"4" 以降、全作所有していますし、リー・リトナーとの共作"Larry & Lee"は愛聴盤ですし、これまでリーダー作は一度もちゃんと聴いたことがなくても、「ラリーのギターなら良く知ってるぞ」みたいな感覚だったんです。ですから、今回の"Fingerprints" を、ロクに試聴もせずに購入した際も、全曲聴き終わったら、『初めてのカールトン 』みたいなお題で、ブログに紹介しようかな?なんて軽~い考えでおったワケなんですね。


しかしながら、家に帰って、この↑ アルバムから流れてくる“ラリー節”を聴きながら、私はふと気が付いたのです。

「そういえば、ラリーさんのプロフとか、ちゃんと調べたこと無いなぁ…」

実は私は、約30年に及ぶリー・リトナーさんの大ファン。昔から今に続く“ラリーVSリー”の派閥対決においては、常に“リー派”にいた人間です。白状すると、FOURPLAYのギタリストが、リーさんからラリーさんに代わらなければ、あるいは、"Larry &Lee"共演していなかったら、ラリーさんのギターを聴く機会は無かったんじゃなかろうか、というカンジだったんですね。ですので、今回は、良く知ってはいるけれど、リーダー作は“初聴き”でもあるし、この機会に少しおさらいをしておきましょうと。調べてみた訳です。

fingerprints 01




・・・知らないことだらけでした・・・(´Д`)




・初期の(ジャズ)クルセイダーズのメンバーだったこと。

・グラミー賞を4回も受賞していること。

・ジョン・レノン、マイケル・ジャクソン、スティーリー・ダンといった超一流アーティストのアルバムに多数参加していること。

・1988年に、自宅近くで暴漢に銃撃され、声帯と精神に深刻なダメージを受けながらも奇跡の復活を果たしていたこと。

・余談だけど、彼の公式サイトにある“日本語変換”ボタンを押すと、サイトの英文が、ヘタな漫才よりも何倍も面白い和文に変換されること。

--------------------------------------


 そして知らなかったのはプロフだけではありません。何よりも肝心な、ラリーさんのギターそのものを、私はどうやら聴きそこなっていた、つまり『知らなかった』ようなのです。

fingerprints 02

これまで、私が FOURPLAY のアルバム・レビューなどで語ってきたラリーさんの演奏評、例えば『ブルージィ』とか『エモーショナル』といったもの(あえて言うと『泥臭い』)。これは実は、しごく表層的な事柄であって、ラリーさんの本質を捉えていなかったことに気付いたのです。


少なくともこの"Fingerprints" での演奏と、その後改めて聴き直したFOUPLAYでのパフォーマンスは、『簡潔』、『直感的』、『創造的』。そのプレイは、泥臭いどころか、ギブソンES-335 とラリーさんの右脳が、様々な次元でディスカッションを交わした中で導き出した究極の洗練度を誇っており、それは、ギターを“心のままに”操ることのできる名匠の技に他ならないという事に、今更気が付いたワケなのです。今更。(´д`)

----------------------------------------

まあ、リー(リトナー)さんが、ああいうキャラで、ああいう音ですからね。そっちに気を取られていたんですかね(…と言い訳してみる)。

この作品では、スムースジャズの敏腕プロデューサー、ポール・ブラウンもプロデュースに携わっていますが、今では彼の、「オレの曲がこんな風に表現されるのか!?」と、目をパチクリさせる様子さえ浮かんできます。
 
多くのラリー・ファンからは、私の認識も「まだまだ」というところでしょう。でもご勘弁を。「全然わかっちゃいなかった」んだもの。これからはラリーさんの旧作も勉強していきますので、今後とも宜しく。(これまた、ゼンゼンまとまってないし。 ´д`)

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

01.FingerPrints
02
.Silky Smooth
03.The Storyteller                         
04.'Till I Hurt You
05.Slave Song
0
6.All Thru The Night
07.Lazy Susan
08.Chicks With Kickstands
0
9.Gracias
10.Crying Hands



★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
「もっと勉強しなさい!」というラリーファンの皆様、 
お叱り・ご苦情は下記まで。
 ↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
意外でしたねー、ヤセガエルさんがソロを聴いていなかったとは(笑)。
と言ってる私も「ROOM335」は知っていてもちゃんと聴き始めたのはかなり後になって。
でもこのアルバムは私も以前紹介した事もありますがかなり好きな1枚です。
昔からのファンは「スムース・ジャズに魂を売った!」なんて陰口叩かれているみたいですけどね(笑)。
でも、フュージョンもスムース・ジャズもブルースもプレイできるなんて、やっぱ凄いギタリストだと思います。
個人的には「リトナー」時代の「フォープレイ」の方が好きなんですけど、今の「フォープレイ」も大好きです。
初期作品なら「ROOM335」が収録された『夜の彷徨』、中期なら復帰後の『Alone But Never Alone』『Discovery』辺り、そして近年なら『Kid Gloves』『The Gift』辺りがヤセガエルさん好みだと思います!!
そう!これこれ!
こんな「アイ・ラヴ・スムース♪」な文章って、すごくヤセガエルさんらしいですよね!!
いつも読んでて、すっごく参考になります。

ハイ、僕もラリーの音は初めて聴きました。
何ですか?このクールでエロティックな音は?(笑)
「惚れてまうやろ~」とは、まさにこのコトですね♪
To Musicmanさん
Mu師匠、ようこそおいでくださいました。
コメントありがとうございます!

『夜の彷徨い』は、私の友人(ラリー派で、アンチ・
リトナー)の愛聴盤です。
今、思えば、その友人への対抗心から、「オレは
ラリーさんは聴かないぜ」みたいな流れになって
たのかも。
どちらも素晴らしいギタリストなのに。

"Fingerprints"は、スムース系に馴染んでいる私
にとって、とても聴き易い作品でした。
ポール・ブラウンのプロデュースも、マイク・マクド
ナルドのヴォーカル・ナンバーも、ラリーさんのギ
ターを良く際立たせていると感じました。

そろそろ来年のフォープレイ作品のレコーディング
に取り掛かる頃でしょうか。ものすごく楽しみです!
To ひさしさん
ひさしさん、こんばんは!(・∀・)
いらっしゃいませ♪

ラリーさんのギター、イイ音ですよねぇ。
「リー・リトナーさんと、どっちが優れているか?」
なんていう議論が、いかに無意味かを悟らせてく
れる名演じゃないかと思いますね。

なるほど。「アイ・ラブ・スムース♪」ですか。
現状、『ラブ』の度合いが強すぎて、新作の購入に
歯止めがかからなくなりそうで怖いッス。
アルバム評は参考にしていただいても結構ですが、
浪費グセは参考にしないでくだせぇ。( ̄∀ ̄;)
やっぱラリーさんのギターは素敵ですね。
逆にリーさんについてはサッパリなEspoirでした。
とはいってもラリーさんそこまで詳しいわけでは無いのですが・・・(モノマネを白けさせる程度の知識)
どちらにせよ、二人共素晴らしいプレイヤーって事なんですよね^^
To Espoirさん
Espoirさん、ようこそいらっしゃいました!
コメントありがとうございます♪

「やっぱり」ということは、Espoirさんも、私よりも早く
ラリーさんのスゴさをご存じだったんですね。
うむむむ。。。先輩と呼んでしまいましょうか。

かたや、リーさんはまだ?
もし、入門盤をお探しでしたら、個人的な好みですが
"Portrait"あたりをオススメします。
乾いたブラジル・フレーバーが夏の終わりにマッチ
する佳作ですよ。ゼヒゼヒ。(・∀・)


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。