■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪TOM SCOTT / Keep This Love Alive♪

keep this love alive 00

【やっとアナタに逢えました】

FENでエアプレイされていた、あるラブソングに心を奪われて以来18年。
アーティスト名も、曲名も、もちろん収録されているアルバムも判らない状況で、音楽に詳しい友人や、馴染みのCDショップの店員に向かって、

「ず~っと探している曲があるんだよね。知らないかなぁ?サビの部分が、♪ かみんばっとぅーゆ~♪ ひゆみーあんぽんたん♪ あいきーかみん…♪

そんな、英語とタイ語と日本語がこんがらがったような歌を披露しては、失笑を買っていた私・ヤセガエル250。しかし、ついに見つけました!319TOM SCOTT(トム・スコット)作、"Keep This Love Alive"を。



↑コレです。デヴィッド・パックの歌う"Keep This Love Alive"。音楽系SNSのimeemで、偶然この曲を見つけたのが2007年。さらに収録されているアルバムが判明し、入手するまでにプラス2年。本当に長い間待たされました。(…てか、アーティストが判明した時点で、単純にググれば済む話だった。オイラ、本当にあんぽんたんでございます)(井上尚人著・『あんぽんたんへの道』:日本文学館)

keep this love alive 01

本作は、サクソフォニスト、トム・スコットさんとしては異色のA0R作品で、上にご紹介したデヴィッド・パックの歌モノ以外に、ビル・チャンプリン、ブレンダ・ラッセルが歌うデュエット・ナンバーや、TOTOの中心人物・デヴィッド・ペイチがフィーチュアされた楽曲など、'80年代のA0Rシーンで活躍したアーティスト達が大きくフォーカスされています。

 また、そうした歌モノの中で、水際立ったソロを聴かせるスコットさんのテナーは非常にインプレッシヴで、さらにインスト楽曲で発揮されるファンキーなフレージングも圧倒的な安定感と存在感を示しています。
ジャズ、フュージョン、POPS、A0Rと、ジャンルの垣根を超えて活躍する(浮気者?)スコットさんの“面目躍如”といったところでしょうか。

-------

いや~…それにしても、パックさんの歌声の沁みることよ…。(T-T)本当に入手できて良かった。。。

♪ あ~りがとキープ、ヅラ、ブラ~♪ ♪ げっちゅキープ、ヅラ、ブラ~~♪

何て素晴らしい歌詞でしょう。日本語の空耳は中年の寝言のような歌詞ですが、英語では甘く切ないラブソングです。過去、私の歌った歌詞が周りの人達に何語で聴こえたかはともかく、これはもうA0R史上に残る傑作だと思いますね。(モト冬樹・『ヅラ刑事~頭上最大の決戦』)

ここの所、秋雨やら台風やらで天候も良くありませんが、週末に天気が回復したら、こんな切ないラブソングに満たされたアルバムをバックに、秋の夕暮れを眺めてみてはいかがでしょうか。(・∀・)b ~★★★★★

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

01.If You're Not The One for Me
02
.Miz Thang
03.Keep This Love Alive
04.Kilimanjaro
05.Reason for The Rain
06.Givin' Our Best
07.Only A Heartbeat Away
08.You Mean Everything(to Me)

09.Whenever You Dream of Me




★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
入手したのはいつもの中古ショップです!
「新品買えよ!」というスコット・ファンは、
下記リンクに怒りをぶつけるべし。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
パックパク
ジャズ・フュージョン系のアルバムに収録されている歌モノって、かなりポイント高いものが多いですよネ。だいたいビル・チャンプリンの名前があるとはずれナシですね。このアルバムもまたしかりで。

いや、デヴィッド・パック。ヤセガエルさんはソフト&スムースな曲調が好きなんですね。私はロックをやっていたアンブロージアの頃の音も好きです!
To marsさん
mars師匠、ようこそお越しくださいました!
『パックパク』というコメントタイトルを見て、
いつもの出●い系迷惑コメントだと勘違い
しちゃいました(笑)。

mars師の仰る通り、ソフトでスムースな楽曲
が大好きな私ですが、特にパックさんに関し
ては、入り口が"Biggest Part of Me"だった
せいもあり、彼の透き通った歌がフィーチュア
されたバラードが好きなんですね。
後追いでアンブロージアの作品を聴き、彼らが、
カリカリのアメリカンロックバンドだと知った時は
大変驚きましたよ(なにげに好きです)。

ビル・チャンプリンといえば、最近、iTunesで、彼
の廃盤"Runaway"がDLできるようになって感激
しているところです。お皿でも欲しいですね。
名盤ですね。
もうその一言しかありません。
フュージョン・ファンよりもAORファンの方がこのアルバムの評価は高いですね!
またこんなアルバム作ってくれないかなぁ・・・。
To Musicmanさん
Mu師匠、いらっしゃいませ!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

名盤ですか!やはり。
そうですよねぇ。歌モノもインストも輝いてますもんね。( ̄▽ ̄)

お目当てのナンバーが、パックさんのソロアルバムにも、アンブ
ロージアのアルバムにも入ってなかったんでスイブン探しました
(ググればすぐに判明したんでしょうが…)。
でも見つけた時のハッピーと、収録された作品(スコットさん名義
という)サプライズは、非常に衝撃でした。
今は、通勤の車でヘビロテ中です。

♪あ~りがっと、キープ、ヅラ~ or ブラ~♪
ヤセガエルさん、こんばんは♪
ホント、秋の夕暮れに似合う曲ですね~。
もう少し暗くなって、星が1つ2つ見えるくらいがイイかもしれませんね♪

それよりも何よりも、最近ヤセガエルさんの細かなネタに即座に反応してしまいます。本も読んでみたいし、モト冬樹の映画も見なくちゃいけない気がしてきました(笑)
To ひさしさん
ひさしさん、いらっしゃいませ!
ご来訪&コメント、誠にありがとうございます♪

良いでしょう?パックさんの歌!
スコットさんの、短い尺の中で演じられるソロも
超カッコイイですよね。
星が一つ、二つ瞬きだしたら、誰かを口説きたく
なりますね。

…しかし、この新機軸(?)の小ネタまでチェック
されているとは、ひさしさん侮りがたし(笑)。
これで小ネタも手を抜けなくなりました( ̄∀ ̄;)

ちなみに、『ヅラ刑事』を製作した監督の作品に、
『日本以外全部沈没』という作品を発見し、タイトル
だけで20分笑いました。こちらもオススメです。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 09 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。