■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪BRIAN McKNIGHT / Back at One♪

back at one 00

【聖なる夜の数え歌】

♪ One...   君は、叶えることができた夢のよう。
   Two...  一緒にいたいんだ。
   Three...分かっているだろう?
              君は、僕にとって唯一の存在だってことが。
    Four... One,Two,Threeをもう一度。
    Five... そして君を虜にしたいのさ・・・・。


-----------

'99年に、BRIAN McKNIGHT(ブライアン・マックナイト)のリリースしたアルバム"Back at One"のタイトル・チューン、そのサビの部分の歌詞を載せてみました(英詞対訳:ヤセガエル)。

どうですか、このスウィ~トな歌詞。レッツゴー・トゥ・ザ・ベッドな迫りよう。
数え歌形式で畳み掛けるこんなベタなやり方は、普段の日なら噴飯ものでしょうが、その日だけはおそらく許されることでしょう。

サンタクロースが夜空を駆ける、クリスマスの前夜(イヴ)ならば。


-------------------

back at one 01


'80年代のルーサー・ヴァンドロス、ピーボ・ブライソン、ジェイムス・イングラム。'90年代に入ってからは、フレディ・ジャクソン、ベイビーフェイス。ピュアなラブソングを、力強くオネストなボーカルで表現するバラディアーの系譜を現在受け継いでいるのは、まずこの人でしょう。マックさん。

2000年代に入り、R&Bの主流となったHIPHOP勢に対して、旧ソウル勢、ブラコン勢の衰退は目も当てられないものがありますが、一年に一度の聖なる夜くらいは、「♪ X'mas にYo♪  贈りすますYo♪」なんつーHIPなダジャレは封印して、このマックさんのバラッドをBGM に、「君と一緒にいたいんだ」と直球で攻めてみそ漬け。(『おやじギャグカルタ』:ビバリー

back at one 02

ただいま試聴していただいている、猪木コンセプトな"Back at One"、エレピがキラキラの"Home"以外にも、マックさんのヴォーカルの実力が発揮された"Stay or Let It Go"。オーガニックなアコースティック・ギターがメロウなヴォーカルを際立たせる"6.8.12"。これを聴いて泣かない男は男に非ず(出師の表か)、マライア・キャリーと共に熱唱する最強デュエット・ナンバー"Whenever You Call"などがオススメ。ついでに言うなら、ラスト・トラック"Back at One(Spanish Ver.)"は、「やっちまった」感が炸裂する珍トラックなので、こちらもススメです。(『13cmFigure アントニオ猪木 ダーポーズ』:新日本プロレス(株)

back at one 03

ちなみにオイラ、イヴもクリスマス当日も仕事です(TдT)。オイラのぶんまで、みんなクリスマスを楽しんでね。キミとボクとのやくそくダーー!281

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

01.Last Dance
02
.Stay
03.Played Yourself
04.Back at One
05.Stay or Let It Go
06.6.8.12
07.You Could Be The One
08.Shall We Begin

09.Gothic Interlude
10.Can You Read My Mind
11.Lonely
12.Cherish
13.Home
14.When Never You Call
    (Duet With MARIAH CAREY)
15.Back at One / Uno,Dos,Tres
    (Spanish Version)



★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
「働けるだけ幸せだ!!」
と、
ヤケクソ気味な私・ヤセガエルを哀れとお思いなら、
きっと下のリンクをポッチリしてくれることでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
こんにちは!Brian、イイですよね。私もこのBack at Oneが彼との出会いでした。以後、ずっとハマっております。以下に関連記事をアップしております。よろしければ見てやってくださいませ。
http://trinidad.blog.so-net.ne.jp/2012-06-05-7
http://trinidad-parallel.blog.so-net.ne.jp/2012-07-21
To solさん
solさん、はじめまして。
拙■BoneyFrog Blog■へご来訪いただきまして誠に
ありがとうございます!

solさんの出会いはコレでしたか。
私は、サクソフォン奏者・ケニーGさんのアルバムで彼を
知り、その後この作品に出会いました。
最近はマックさんのようなバラディアーはマイノリティー
ですからね。今後も頑張ってほしいです。

後程solさんのブログへもおジャマしますね。
コメントありがとうございました!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。