■BoneyFrog Blog■

 

 

♪PAUL JACKSON Jr. / Lay It Back♪

lay it back 00

【名脇役の底力!】

ジャズ、フュージョン、ロックにポップス。さらに、ソウル、R&B にヒップホップ。懐かしいところでは、日本のニューミュージックに歌謡曲。
…は?…いえいえ、音楽ジャンルの講釈ではありません。

マイケル・ジャクソンの"Thriller"、ジョージ・ベンソンの"20/20"、マドンナの"True Blue"、さらに、鈴木雅之の"Martini Duet"
はいはい、これまた私のフェイバリット作品の羅列ではございません。

ハイ、上記のキーワードは、本日ピックアップしたセッション・ギタリスト、PAUL JACKSON Jr.(ポール・ジャクソン・ジュニア)の参加した音楽ジャンルおよびアルバム作品の中のほんの一部。全米ヒットチャート・ランキングTOP100アルバムの作品群から、ポールの関わった作品を取り除くと、“TOP100” が“TOP40” に縮小してしまうとまで言われた、当代最強のセッション・ギタリストが残した、足跡のほんの一部です。



2008年にドロップされたポールさんの作品、"Lay It Back"は、彼の残した膨大な足跡を自ら俯瞰したような、ハイブリッドで自由な発想を散りばめた魅力的なアルバムとなっており、また、普段の脇役プレイとは大きく趣の異なる、個性派ソロイストとしての一面を表出させた作品。身体とギターがパーフェクトに同期したマジカルなカッティング・ギターと、メロディの立ったリズミカルなリードギターを同時に堪能できる快作です。

lay it back 01


このアルバムの意義深い部分は、ポールさんのギタリストとしての実力を示したという部分だけに止まりません。すなわち、現在形成されている主要なジャンル形態において、ギターという楽器が『どれだけ主役としての役割を果たせるのか』という可能性を、一枚のアルバム作品で見事に表現・披歴してみせたという部分にも着目すべきですね。

試聴ファイル中の、ファンク系インストゥルメンタル"The Workout"、往年のフュージョン色を纏うスムーストラック"2 for 10,000"、スティービー・ワンダーのカバー曲"Don't You Worry Bout A Thing"、ネオ・ソウルのジャムなビートが熱い"Swing It"、ハウス系の打ち込みサウンドがCool な"Hit It"など、それぞれ全くカラーの異なる楽曲を、ほとんど音色を変えないまま、何の違和感も無く歌わせるポールさんのギターワークは圧巻。「ギターがあれば何でも出来る!!」という事実を、衝撃と共に知らされた心地がします。(アントニオ猪木特製カレー

lay it back 02

ジャケ写真は思いッきり(また)サマ~なカンジではございますが、オールシーズン対応の極上スムース作品ですので、これから帰省される方は、移動・渋滞(渋滞かよ)のお供にご用意してみてはいかがでしょうか。

あ。ちなみにポールさん、明日30日で還暦を迎えます。おめでとう~!405これからも、超かっちょええギターをいっぱい聴かせてくださいね。250


★★
★★ 収録曲はコラ ↓ ★★★★


01.The Workout
02.Lay It Back
03.Don't You Worry Bout A Thing
04.To Be Like Him
05.2 For 10,000(Featuring Bobby Lyle)
0
6.Ballad for Uncle Ronnie
07.Can This Be Real(Featuring James Reese)
08.Lucy The Cat

09.Bay Shore Drive
10.Hind's Feet
11.Easy Like Sunday Morning
12.Swing It
13.Hit It
14.Fourteen 'Till



★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
いよいよ2009年も終わりですね。
年越しの準備が済んだ方から

下のリンクをポチポチしていってつかあさい。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
名脇役の主演作は最高だった
名脇役の主演作は最高だった。
そんな印象の作品ですね。渋くてCoolなんだけど
暖かみのある音色。「多重人格」とも思えるけど
聞いてみるとやはりこの人以外考えられない音です。

「ドライブのお供」納得です。
ヤセガエルさん、こんばんは!
いや~洋楽の凄さを見せつけられます!
数々の大物アーティストの脇役にいる人も、とてもつもなく素晴らしいアーティストであること。
本物が本物を引きよせる"引力"なのかも。
「え?このバックのギターの人、スゴクね?」と思ったときに、その人のアルバムがアッサリと出てくるところが素晴らしいです!
ThrillerとTrue Blueのセッション・ギタリストが一緒だったとは・・・!!
実家にいるので、ちょっとCDをゴソゴソ漁ってみます♪
To 五郎兵衛・風来坊さん
五郎兵衛さん、いらっしゃいませ!
ようこそお越しくださいました!

まさしく仰る通り、『この人以外考えられない音』を
奏でますよね。ポールさんは。

正確無比なカッティングだけでなく、ハンマリングや
プリングを効果的に添えたリードギターもオンリー
ワン。「あ。ポールさんのギターだ」と感じます。

この作品は本当に楽曲のバリエーションが多彩で、
様々なアプローチでメロディを創っていますから、
“多重人格的”という五郎兵衛さん評は言い得て妙
だと思いますね。それだけ“深み”のあるミュージッ
シャンなのでしょう。次作も楽しみです!
To ひさしさん
ひさしさん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪

そーだったんですよ。この方はもう、ありとあらゆる
アルバムで、『出過ぎず、引っ込み過ぎず』の絶妙
なギターを演奏しています。

マイコーの"Thriller"では、私の大好きな"P.Y.T."
で、グレイトなカッティングを披露しています。
マドンナの"True Blue"では…??…あ~…忘れ
ちゃった。(おいおい)
いや、とにかくスゴイ方なんです。

ちなみにポールさん、多くの日本人アーティストとも
仕事をしていて、大の日本通であり、日本語も堪能
だそうです。なんか嬉しいですね。
そう言えば、松田聖子のアルバムにも参加していた
ような。私もLPを調べてみよう。(LPかよ)
今年はありがとうございました
ヤセガエルさん、こんにちは。
昨日伺ってコメント書きながら寝てしまいました。なんか疲れが出てる~。
今年も訪問&コメントありがとうございました。
サックスぼちぼちやってます。なかなか上達しませんが。来年2月の発表会に向けて頑張っています。

今年もご訪問&コメントありがとうございました。
ヤセガエルさんが私よりずっとお若いと知ってちょっとショック。私40代後半(かなり)。^^;
まあ、歳関係なく今後ともよろしくおねがいしますね。

記事のコメントじゃなくてごめんなさい。
では、良いお年を。。
To poohさん
poohさん、こんにちは!
コメントありがとうございます♪

こちらこそ一年間ありがとうございました。
個人的には、ソプラノサックス元年・ベース
復活元年となりました2009年。ヘナチョコな
がらも、楽器演奏の楽しさを再確認した一年
でした。

poohさんのサックスも、いよいよ本格的にな
ってきたようですね。二回目の発表会ですか!
私も来年は、バンドを組むぞ~という野望を
実現しようと考えてますよん。

年が明けましたら、そちらに訪問させていた
だきますね。来年もどうぞ宜しくm(_ _)m


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 07 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.