■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪KEN NAVARRO / Ablaze in Orlando♪

ablaze in orlando 00

【ヤケドしたって知らねーぞ!】

私の友人に、“スリーピー”というアダ名のついた変わったヤツがいます。

滅多に感情の波が表れない顔。敏捷性に欠けた行動。鈍い反応。初めのアダ名は“ナマケモノ”(あの、ノソーリと動く動物ね)。
「それはイジメです。呼び名を改めなさい」と中学校の先生からの大号令が無ければ、あるいは今でも“ナマケ君”などと呼ばれていたかもしれない、その“スリーピー”君。本人はおそらく、「別にナマケ君でも構わないんだけどね~」くらいの感覚だったでしょうか。とにかく、どんな時も暢気で太平楽。動じることなど皆無な“睡眠”キャラなのです。

しかし、20歳くらいの時だったでしょうか。彼が車の免許を取得し、私を含めた友人4人でドライブに行った時のことです。

ハンドルを握るスリーピー君に、「運転する時は起きてろよ」と初めジョークを言っていた私達は、走り出してから僅か3分後に、生涯で幾度も無いであろう恐怖を体験することになりました。

a position near the death

「お…、おいおい、スリーピー!飛ばしすぎ飛ばしすぎ!高速かよ!」
「オメー免許取って一週間だろーが!殺す気か!」
「うおーうおー死ぬー死ぬー!」

片側一車線の田舎道で、砂煙を巻き散らしながら暴走するファミリアの車内で、狂ったように流れる外の景色を横目に見ながら、同乗する3人が揃って運転者にクレームを付けた瞬間、スリーピー君は叫んだのです。

「うるせえ!」

・・・・・・・

世の中には、ある特定のフラグが立った瞬間、それまでのキャラが嘘だったのかと思うほど豹変してしまう人がいます。
たとえば、からかわれた時。異性と接する時。上司が相手の時。 また、アルコールが入った時、等々、フラグの立つ条件は様々です。
スリーピー君のそれは、『ハンドルを握った時』でした。

同乗していた私達3人の制止を振り切り、みるみるうちに近づく前方車両へ嵐のようにクラクションを浴びせかけ、何物かに憑かれたかのごとく、独り言(というか絶叫。「どけー!!」とか)を繰り返すスリーピー君。その凄まじい豹変ぶりと、アオられている前方の車が、全面にスモークを施した漆黒のメルセデスであることに気付いた瞬間、「コイツとは絶交しよう」と決意したものです。(『なぜ「よい子」が暴発するか』:村山士郎著

ablaze in orlando 01

↑ 「ボクのエレキ、どお!?」

満面の笑みでギブソンのフルアコを披露するこの方。本日の主役、ギタリストのKEN NAVARRO(ケン・ナヴァロ)さん。
私、思うに、この方も、かのスリーピー君と同じ、特定のフラグ(豹変スイッチ)を持っておられるんじゃないかと。うおー!なカンジだぞと。

ナヴァロさんといえば、ヨーロピアンで、シック&セクシーなガットギターが持ち味。ピーター・ホワイトやジョナサン・バトラー、マーク・アントワンらと並ぶ、アンプラグド・ギターの代表的プレイヤーです。
私事で恐縮ですが、この年末・年始を休まず働き、久々の休みを控えた仕事の帰り道、フラッと立ち寄った中古CDショップで、彼の「沁みる~」的な表情をジャケ前面にフィーチュアした作品を買い求めたのは、体がナヴァロさんの癒し系ガットギターの音色を求めていたからでした。

「帰り道はコレだな。“沁みる~”なカンジでいこう。うんうん」

帰路、早速とばかりに、カーコンポへCDを挿入し、音量をチョイ上げ。流れ出る麗しのガット…ガット…ガッ…?…??(↓ じゃないじゃん?)


(㊟動画ファイルが削除されてしまいますた…TωT)


そう、流れ出したのは人々の歓声と熱気。そしてそれを喚起する生演奏。
主役は、ガットギターではなく(おそらく)フェンダー・ストラトキャスターをギュインギュインかき鳴らすナヴァロさん。あのシック&セクシーな演奏がウソのような熱血エレキギターを弾くナヴァロさんだったのです。

↑ に挙げた"Make It Rain" はミドルテンポのスムースジャズですが、後半の5分あたり、ディストーションのスイッチが入ると、急に人が変わったようにエキサイティング・モードへと突入。さながら、ロック・ギタリストのような激しさでソロを弾きまくります。思い出しましたね。スリーピー君を。ナヴァロさんのフラグは、『ライヴの時』なんだろうかと思ったワケで。

---------

よくよく考えてみれば、この作品のタイトル名"Ablaze in Orlando" (“オーランドで燃えてるゼ!”)をちゃんと解読すべきでしたね。タイトルを見れば癒し系でないことは明白。「ヤケドしたって知らねーぞ」だもの。

しかしです。この豹変スイッチの入ったナヴァロさん、なかなかイイです。
要するにギターという楽器と、それを用いた表現方法を熟知しているとでも評すべきでしょうか。ガットにはガットの、エレキにはエレキの、そしてライヴにはライヴの表現方法があるんだゼ!とでも言わんばかりに自信満々なパフォーマンスを聴かせてくれるのです。

そう…ジャケの表紙の写真は、『沁みる~』ではなく、『俺ってグレイト!』と解釈するのが正解だったようです。
まぁ、癒し系では全然なかったけれども、おかげで元気が出ましたね。(豹変後の)ナヴァロさん、年初に元気をくれてどうもありがとさんでした!

追記: ちなみにワタクシのフラグはパンツ。パンツを履いてる時は紳士、脱ぐと暴君です。(『早撃ちマック ・ロバのルイ』:ファンコ社

ablaze in orlando 02

★★
★★ 録曲はコラ ↓ ★★★★

01.Introduction
02.Live And Learn

03.Make It Rain
04.Intro to Eric's Dream
05.Eric's Dream
06.Skating on The C&O Canal
07.I'll Tell You What

08.Intro to Fortunate Son
09.Fortunate Son
10.Can't Get Enough
11.After Dark
12.The Blues




★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
いよいよ2010年も本格スタート!
旧年同様、よろしくお付き合いくださいませ。

下のボタンもポチポチしていってね。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
ヤセガエルさん こんばんは♪
実は自分も隠れNavarroファンです!・・・って、アルバム1枚しか持ってないけど(苦笑

たかがスムジャマニア歴1年ちょっとの自分ですが、今まで聴いたスムジャ系ギタリストの中でもテンションの使い方(効き具合?)の巧みさがイイナァと思い、何げにモードジャズの進化系を感じさせる楽曲もあったりして、落ち着いたら?追いかけてみようかな・・・と思っていた人です。

話は変わりますが、我が家の愚猫(♂)には放浪癖(今まで2.3日程度の家出が数回)があります(溜息

それでは、パンツ脱いでも「借りてきた猫」の様に大人しい(悲) kick でした。
 _ト ̄|○il||li
To kickさん
kickさん、いらっしゃいませ!
ご来訪&コメントありがとうございます♪

おお~…『テンションの使い方』ですか!
やはりギターリストの耳は鋭い。

かくいう私も、所有するナヴァロさんの作品は数枚
程度ですから、マトモなレビューが出来るだけの材
料は持ち合わせていなかったりして(だからスリー
ピーくんなんかが登場するワケで)。
んで・・・・恥ずかしながら、ナヴァロさんがエレキを
ぎゅんぎゅん鳴らしていたコトも、全くもって知りま
せんでした。いや汗顔、汗顔…。

で、そうですか。kickさんは『借りてきた猫』ですか。
私は暴君です。最初の5分だけは。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 06 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。