■BoneyFrog Blog■

 

 

♪JEFF LORBER / Heard That♪

heard that 00

【ローバーさん、お帰りなさい♪

音楽好きな方なら、おそらく誰もが、いわゆる“安牌アーティスト(新作が発売されたら無条件で買うようなアーティスト)”がおられる事と思います。

1枚目のアルバムで衝撃を受けて次作を購入→その期待を上回るデキに感動してさらに3作目→完全にツボに入って4作目→もう大ファンです!…みたいな、例えれば恋愛感情に似た悦びをもたらしてくれるアーティスト。そんなアーティストに出会う事は、それ自体が非常にエキサイティングな快事であり、また彼らの作品たちは人生の宝物になったりしますよね。

かく申す私も、幼少期に出会ったアース・ウインド&ファイアーや ビリー・ジョエル、さらにリー・リトナーに リッピントンズ。我が日本のアーティストなら、カシオペア、佐野元春さん、オカダのユッコちゃんなどのアルバムは、新作リリースの情報が入るや否や、馴染みのレコード屋さんへすっ飛んでいって購入予約をしたものです。恋人に会うような気持ちで。

------------------

ところがこの擬似恋愛。いとも簡単に終わりを告げることがあるのです。

例えば、佐野元春さんが大傑作"Someday"の発表後、ニューヨークへ渡り、ラップまみれで帰ってきた時。
カシオペアがポップ・フュージョンの究極進化形となる"Euphony" の発表後にバンドを分裂させた時。
ビリー・ジョエルが"The Nylon Curtain"で社会派アーティストとしての名乗りを上げた直後、「おっちゃんがぁ~♪(Uptown Girl~♪ )」と浮かれたラブソングをぶっ放した時。
「なぜ君は変わってしまったの?」というやりきれない思いと共に、唐突にその恋心は失われたものです。

当然のことながら、その後の彼らの作品は購入してません。ワタクシは“元”恋人とはお友達になんかなれないタイプですから。
ベトナム戦争というアメリカの負の遺産に鋭いメスを入れたその両手に、花束持って「おっちゃんが~♪」とか歌われても。(´・ω・`)

heard that 01

で、↑ ローバーさんです。

・・・・・・・・・

実はワタクシ、ローバーさんも、危うくビリーさんと同じになる所でした。

と、いうのも、前作"He Had A Hat"。ローバーさんが手掛けた多くのアーティストが参加し、“スムースジャズ・オールスターズ ”とも言うべき絢爛豪華なメンツを縦横に用いて、重厚かつ芸術的な生アンサンブルを完成させた超豪華盤。記念となる第50回グラミー賞にノミネートされ、コンテンポラリージャズ・チャートでも長期に渡って上位を維持し続けたその"He Had A Hat"。間違いなく名盤、傑作です。…世間的には。

でも、私はそのアルバムを聴いて、寂しさと共に思ったのです。

「…しょこたんが小雪になっちゃったお…( /д\)」


-------------------

私の中におけるローバーさんは、“永遠のMTR小僧”。そして“世話好きで陽気なキーボードオタク”。いやいや、“オタク”と言ってはいけない。古今未曾有の“スーパー打ち込み名人”。(>高橋名人小室テツヤ

名器ウーリッツァーの真隣りにフェンダー・ローズを配置して、その上に、世界に1万2千台(マトモに動くのは、おそらくその内の1割程度)しか無いミニ・モーグを乗せてニコニコ微笑んでいる人物。さらに、そのミニ・モーグをCUBASEに取り込んで、右か左かと試行錯誤しながら幸せ電波をゆんゆん放出している人物こそが、私の知っているローバーさんなのです。
そのローバーさんが、生演奏のみのバンド形式て。そんでタキシード着てグラミー賞て(取らせて上げたい気持ちはありますよ。大ファンですから)。
…ていうか、思いましたよ。「…ああ…なぜ君は変わってしまったの?」と。
「カシオペアやビリーの時のように、恋は終わってしまうのか?」・・・・・ と。

-------------------

しかし、です!2008年、コンコード移籍後の初作品は…↓↓↓↓


♪ ビコビコビコビコ ♪ (ローズ)ポロリラ~♪
♪ \(∀T)(T∀T)(T∀)/♪ \(ωT)(TωT)(Tω)/♪

…コレなんですよ。ローバーさんは!

この精緻なモザイク画のような絶妙のオタマジャクシ配置。エッジを失う事なく快く鼓膜を刺激する音のせせらぎ。疎と密のバランス。3D的音場。その中で水際立った存在感を発揮するヴィンテージ楽器の数々!!唯一無比の“ローバー・ワールド”が、確かにピカピカ輝いていたのです。

お聴きいただいているオープニングの"Come on Up" 、さらに3曲目"Don't Hold Back" 、5曲目"Gamma Rays" などは、ローバーさんのファンであれば、イントロの数小節だけでそれと判るローバー節がサク烈。前作がノミネートされたグラミー賞で、目の前でウィナーの栄誉を持っていったエイミー・ワインハウスのカバー曲"Rehab"はご愛嬌?前述のミニ・モーグが隠し味の"The Bomb""Take Control"も秀逸。「これだけは僕が弾く!」という必殺のコダワリWahギターが踊る"Night Sky" もローバー・ワールド満開です。

嬉しいことですね。私の恋は戻ってまいりましたよ。(T∀T)これまでのボルテージをさらに増幅するパワーを漲らせて。

ハイ。そんなワケで、ローバーさん、お帰りなさい♪

heard that 02


★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

01.Come on Up
02.Rehab
03.Don't Hold Back
04.You Got Something
05.Gamma Rays
06.Don't Stop
07.The Bomb
08.Take Control
09.Night Sky
10.Heard That




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「別れたら次の人!」

そう言いつつも、美しい思い出には揺れてしまう
軟弱者のワタクシに、愛のクリックくださいな。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
Jeffさんも原点回帰ね
今晩は!
結構アーティストって原点回帰する人多いですね。
StingはThe Police復活させたし、U2はギターを生かした音に戻ったし。
Jeffさんもそうなのですね。新旧のSmooth Jazz Artistのアルバムに必ずいる
Jeffさん原点はこのサウンドなのですね。実に興味深い。
To 五郎兵衛・風来坊さん
五郎兵衛さん、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます!

それですね。“原点回帰”!
この作品に表れている音という音が、ローバーさんの
原点を偲ぶに足る響きを持っていると感じます。

彼は元来、フュージョン(マルチジャンル)アーティスト
ですから、どんな作品を作っても素晴らしい盤になるん
でしょうけど、やはり、打ち込みの“♪ビコビコビコ♪”、
ローズ“ポロリラ~♪”は忘れてほしくないワケです。
あくまで私個人の好みの問題ですけどね。

これからもこのサウンドで、オリジナルも、プロデュース
も継続してほしいです。次回作も大変楽しみにでござい
ます!(お金無いけど)
私も前作は正直「??」ってカンジであまり好きになれなかったんですけど、今作はお気に入り!
「エイミー」のカバーが無ければより良かったんですけど(笑)。
なんだかんだ言って気がついたら「ジェフ・ローバー・グループ」時代も含めて全部持ってました・・・バカですねー(笑)。
To Musicmanさん
Mu師匠、ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます!

やはりMu師匠も同様の感想をお持ちでしたか。
前作は前作で、確かに良いモノだったのでしょう
けど、何かこう、腑に落ちないというか、不完全
燃焼気味だったんですよね。

Amazonのカスタマー・レビューで、レビュアーの
方が、「前作の流れだと、次はオーケストラをバ
ックに作品を作ってもおかしくなかった」みたいな
感想を述べられてましたが、実は私も、そんな事
になっちまったらどうするべ?…と危惧していた
クチなのです。
でもそれは杞憂でしたね。良かった良かった。

んで、ローバーさん作品コンプリート!
それは“バカ”ではなくて、“愛”でしょう!!(笑)
私も再び、次回作は“即買い”しまっす。
ヤセガエルさん こんばんは♪
UPされた曲最高っす LOVE★⌒ヾ( ̄〓 ̄ヾ)

ファンキー&グルーヴィーな曲調に、アーバンでスムースな雰囲気がタマラない、まじで自分好みのナンバーでした^^

有難う御座います&帰ってきてくれて良かったですね♪

でも、またヤセさんトコ遊びに来て欲しいアルバムが増えてしまって・・・困った困った(嘘w
To kickさん
kickさん、こんばんは!
コメ返し遅くなりましてすみません!m(_ _)m
ようこそおいでくださいました♪

うん。ファンキー、グルーヴィ、アーバン、スムース!
ローバーさんの「素晴らしい部分は?」と問われたら、
kickさんの言及された4要素に集約されるでしょう。
もう一つ挙げるとすれば“テクニカル”でしょうか。
ヲタ…じゃなくて、職人ですからね。ローバーさんは。

kickさんが、この試聴ファイルをお気に召したのなら、
たぶんこのアルバムは、作品ごと“お気に入り”になる
と思いますよ。(フルアコ購入の)節約モードが終了し
たら買っちゃいましょう!\( ̄∀ ̄)ノ


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 04 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.