■BoneyFrog Blog■

 

 

♪NAJEE / Morning Tenderness♪

morning tenderness 00

【『クビレの無さ』が魅力の秘密】

「紀香でしょう!やっぱ!!」

学生時代、理想の女性像を声高に喧伝しながら、なかなかその理想像へ辿り着けない(そういう女性には見向きもされない)友人がおりました。

「女性はクビレが大事なんだ。クビレが」と熱弁を振るうその友人が、スッキリ顔で、身長も高く、金も持ってたりしたら、そんなイヤミな奴はきっと誰も相手にしなかったでしょう。ところがその友人は、大学生になっても子供料金で映画のチケットが買えるほどの身長に、『学食のスペシャルランチを自腹で食べるのが目標』という貧乏苦学生。さらに顔ときたら、鼻先へコショウスプレーを食らった直後のミスター・ビーンに激似という、お世辞にも美男子とは言い難い男でしたから、「な!クビレだろ!!!」と力説されれば、簡単に納得できないながらも、「まあ頑張れよ。いつかそんなカノジョが出来るかもな」…みたいな、「夢はデカイ方がいいだろ」くらいなカンジで、ヌル~く応援していたワケなのです。

大学を卒業してから約5年の後、そのビーン君(仮名)が、自らのコダワリを貫いて、キュキュキュ~っと見事なクビレを持つ女性とゴールインした時には、私たちは驚きもし、祝福も惜しまなかったワケですが、意外だったのは、それから更に3ヶ月程経ったある日、ビーン君の口から溜息と共に発せられたセリフ。すなわち、

「クビレた女って、気が休まらないんだよね…」

学生時代から、あれほど切望していた美(欲望?)の象徴たるキュキュ~な細腰をその手に掴んだハズなのに、「気が休まらない」と。一体どこまで贅沢なんだと思う反面、個人的に『女性の美=クビレ』説には反対の立場を取る私としては、「さもありなん」と思ったり。(↓ 画像はイメージです)

nrk.jpg

よくよく話を聴いてみると、ビーン君の奥方は、そのボデーだけではなく、性格的にもかなりクビレのある(メリハリの効いた)キャラらしく、相当な激情家だったようなのです。
仕事や家庭が上手く回っている時には良いけれど、そうでない時(人生は大抵そっちの時が多い)の場合、持ち帰った、あるいは持ち出す時の疲労が増幅されてしまい、気が休まらないとコボしたものでした。

どちらかと言うと、あまり『クビレていない』タイプが好きな私としては、その意見こそ『我が意を得たり』。ここぞとばかりに『女性の美 ≠ クビレ』説を開陳・展開したものでした。(お肉瞬間移動(R)長袖タイプ ベージュL-LL)

morning tenderness 01

で、です。いや、お待たせいたしました。

実はCDアルバムに関しても、ワタクシ同じ意見を持っているのです。

『オープニングでドカン!来る』 → 『ミドルテンポで渋く攻めて』 → 『バラッドで泣かせたその後に』 → 『エンディングで再びガツン!』

確かに調子のイイ時や、聴く気満々の時はそれで良いでしょう。 しかし多くの現代人の多くの場合は、時間や様々な物理的障害に遮られて、ゆっくりと音楽作品を楽しむ余裕はなかなか得難く、また、そんな中であまりにキュキュキュ~なアルバムを聴くと疲れが増幅してしまうと。つまり「なんだか気が休まらない…」となったりするワケで。

そこで求められるのは、均一のクオリティで美メロが散りばめられた、緩やかな楽曲を揃えている“非クビレ”系アルバム作品。あまりガチャガチャ騒がしくなくて、聴覚を優しく刺激した後はそのまま消え去っていく、一枚まるごと“浸れる”癒し系アルバム作品。私、こういった作品こそ、スムースジャズの真髄ではないかと常々考える次第なんですね。クビレじゃなくて、“非クビレ”にこそスムースジャズの魅力が集約されていると主張したいワケなのです。女性もしかりで。(ニュークラロ  ふっ素加工  ガラス蓋付  寸胴鍋  21cm  H-916)



で、聴いていただきたい本日のオススメ作品が↑ コレ(長かったな~)。
スムースジャズ・サクソフォニスト、NAJEE(ナジー)さんが、'98年にリリースしたアルバム作品"Morning Tenderness"

試聴ファイルの曲は、アルバムの②ですが、他の9曲も全部コレ(笑)。
緩やかになだらかに、そのメロディはあくまで繊細かつ流麗。疲れた体にスッと入ってきて、耳朶を柔らかく刺激して消えてゆく…。そんな感じ。
目に見えるクビレはなくとも、その爽やかさ、健康的な艶やかさに、癒しをもたらすメロディ、そして耳を凝らすと表れる、端正なソプラノサックスの響き。これこそスムースジャズ!ってなもんじゃ~ございません?

morning tenderness 02

以前、ナジーさんを、“恐ろしく講義の上手いイケメン大学教授”と評した私ですが、この作品のナジーさんは、“講義が上手すぎて思わず意識を失う”くらいにスムースなんで、「今日はもう何もしたくないな~」といった脱力加減の時や、パートナーとまったり語り合いたいときには絶好のBGMになるでしょう。またナジーさんのサブ・インストゥルメントであるフルートを使用した作品は、特にこの時期にマッチするので、スノボ・ツアーの車内にもススメです。

まぁ、クビレも良し悪し。それがなくても魅力的な女性達がイッパイいるという事を、皆様も認識してくださいまし。(結局何が言いたかったんだ)

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

01.Not A Day Goes By
02.Sapphire

03.Window of Change
04.All The Things(Your Man Won't Do)
05.Just for You
06.Room to Breathe
07.Morning Tenderness

08.Indian Summer
09.Second Time Around
10.Spirals




(↓ 画像はイメージです)

is.jpgas.jpghr.jpgys.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪
ありがとうございました!
“非クビレ系”バンザイ!
「そーだ、そーだ!」の賛意は、
下記へのクリックでお受付中! 
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
くびれのある曲も良いなあ
曲はくびれがある方が好きかなあ。
うんうん?!(^0^;)あ、間違えた「僕は」です。(^o^)
お茶漬けのようなNAJEEさんの演奏ですね。さっぱり系ですね。

ちなみに真ん中の写真の元ミス日本はくびれているというかメリハリのあるお身体をされているようで。(◎-◎;)\(^O^)/

では、お休みなさい。
To 五郎兵衛・風来坊さん
五郎兵衛さん、こんばんは。
ようこそおいでくださいました!

なるほど。ナジーさんは“お茶漬け”ですか。
私は“洋梨”だと思ってました。どっちもさっぱり系ですね^^。
それが“味”ってなもんでしょうか。

と申しましょうか、五郎兵衛さんは“クビレ派”??
下の4人より元ミス日本ですか?(笑)
私はみんな魅力的に見えます。(非クビレ派宣言はどこへ?)


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 08 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.