■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪MICHEL CAMILO / ON FIRE♪

on fire 00

【横隔膜へダイレクト!?】

『これ以上は無い』という“極まった”状態を感知した時、唐突に可笑しさがこみ上げてきて、思わず笑ってしまう事ってありませんか?

たとえば、あり得ないスピードで爆走するジェットコースターに乗っている時(速すぎ)。歯の治療がモーレツに痛かったとき(痛すぎ)。我慢に我慢を重ねた後に寝落ちする瞬間(眠すぎ)。お相撲さんを間近で見た時(デカすぎ)等々、笑いは時と場所を選ばず唐突にこみ上げてきますよね。

この“笑い”のツボは人によって様々のようですが、私の場合、公道で渋滞に巻き込まれているレーシング・モディファイ仕様のス●ル(ハデすぎ)を見ただけでこみ上げてくるし、未だに初心者の域から一歩も踏み出せないソプラノサックスを吹いている時(クチの筋肉弱すぎ)にも笑ってしまうし、やっとの思いでお部屋に連れ込んだコが、殆んどアルファベットのおパンツを履いている(T じゃなくてI 。実用性無さすぎ)のを見た瞬間にツボボンバー(平手打ち食らってジ・エンド)になったりしたものです。(『十六茶ティーバック ~20袋入り~』 : シャンソン

え~と、何が言いたいかと申しますと・・・『物事が極まると、思わず笑ってしまう瞬間があるものです』・・・というハナシなのでございます。

on fire 01

で、この方↑ です。MICHEL CAMILO(ミシェル・カミロ)さん。
ドミニカ出身のジャズ・ピアニスト、カミロさん。

この方はもう、とんでもない。

ハッキリ言って、笑いが止まらなくなってしまいます。

激しすぎて。

ご紹介するのは、'89年リリースのアルバム"ON FIRE"のタイトル曲、"ON FIRE"。↓のプレーヤーの再生ボタンをクリックしてみてください。私と同じアルファベットな感性の持ち主なら、思わずこみ上げるハズ。



いかがでしょうか?どーですか、このチカラワザ!

例えば、この方がピアノを弾いている姿を、ピアノのお教室に通い始めたチビッコたちには絶対見せられません。だって、↑↑ のジャケ写真みたく、鍵盤ひっぱたいてるもの。弾いてる手も指も見えないもの。

この方の弾き方が正しいピアノの弾き方だと思い込んでしまったら、子供達は、「ピアノは打楽器だ」と認識するだろうし、「こんな風に弾けるようになりたい」とは殆んど思わないだろうし、真似したらケガするだろうし、ケガは免れても、パパかママから「そんな弾き方どこで覚えたの!!」と叱責されて平手打ちが飛ぶかもしれませんから。(『積木くずし』:穂積隆信著

でも大人は別です。大人は。
思わず笑ってしまいますよ。感動しますよ。そのスゴさに。スピリットに。

アルバムは全十曲。激しいだけではありません。
上の動画とは対極に位置する、まんまホテル(連れ込みではない)のラウンジにフィットしそうな2.IF YOU KNEW。宵の空に時間と共に数を増してゆく星の輝きを連想させる4.FRIENDS。フラメンコのステップと情熱的に渡り合う5.HANDS & FEET 。デイヴ・ウェックル(Ds.)のラテンビートが熱い6.THIS WAY OUTなど、「美しすぎて、熱すぎて思わず笑っちゃう」佳曲が目白押しです。

on fire 02

ちなみに、このカミロさんの生演奏。実際に目の当たりにした方によると、「あまりのスゴさに笑っちゃって、最後には拍手も忘れるほど放心する」くらい人間離れしたピアノを弾くのだそうです。見てみたいもんですね。

★★★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★★★


1.ISLAND STOMP
2.IF YOU KNEW...
3.UPTOWN MANHATTAN
4.FRIENDS(INTERLUDE Ⅱ/
     SUITE SANDRINE)
5.HANDS & FEET
6.THIS WAY OUT
7.IN LOVE
8....AND SAMMY WALKED IN
9.SOFTLY,AS IN A MORNING SUNRISE
10.ON FIRE




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
“超絶”カミロ・ワールドに思わず「ワロタw」方、
その勢いで下のリンクへ飛んでくださると、
ブログ主がシアワセになったりします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Trackbacks
 ミシェル・カミロのメジャーデビューの2作目の作品です。録音は1989年6月20,24、25日です。前作『ミシェル・カミロ』が1988年1月の録音ですから、約1年6ヶ月ぶりの作品です。この1年6ヶ月ってあまり意味を持たないのですけれど、適度に時間が過ぎ...
Comments
おぉ!カミ~ロ♪
作品は持ってません(痛)が、日本にも多くのファンがいる彼の名前は良く知ってましたが、まさかヤセさんもファンのお一人でしたか^^

でしたら、同じラテンジャズ・ピアノの「エディ パルミエリ」辺りもハマるかもしれませんし(ご存知でしたらスイマセン)、もし宜しければバップ・スタイルを築き上げた一人で、その後ラテン・ジャズの創設者と言われている巨人「ディジー ガレスピー」作品なんかも是非♪
To kickさん
kickさん、コンバンハ。
ようこそお越しくださいました!

なんですって?
エディ…パ、パル…??パルミエ??
名前も楽曲も聞いたことないじょ…(薄学)。

ガレスピーさんは(名前だけ)知ってます。
ジャズランキングに参加していながら、いわゆる
ジャズにはサッパリ縁が無い私だったりして…。
なるほど。ラテンジャズの創始者。e-149

ちなみにカミロさんは、テレビ番組か何かで、ジャズ
フェス(たぶん読売ランド・イースト)で演奏している
映像を観たのがファンになったキッカケです。
「ナンダ!?コノヒトハ?スゲ~!」みたいな。
生演奏を間近で拝みたいアーティストの一人ですe-250
ゴンサロ・ルバルカバ
ヤセガエルさん、こんにちは。

kickさん、おすすめのエディ・パルミエリも良いですね。
もう一人、ゴンサロ・ルバルカバっちゅーピアニストもバカテクですねー。
私がカミロを知ったのは、マンハッタン・トランスファーが彼が作曲した「Why Not」を歌っているのを聴いてからでした。えっと、1983年のことですね。
カミロは、デイヴ・ウェックルのドラムとアンソニー・ジャクソンのベースとのトリオのものが良いですねー。3人ともテクニックとパッションがすごいので、対等にバトルしてる感じがして、聴いているこちらも熱くなってしまいます。
To Apolloさん
Apolloさん、いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます♪

おぉ?ゴンザロ・ルバルカバ!
ゴンザロくんなら一枚だけアルバム持ってます。

“低音王”ブライアン・ブロンバーグと、“爆撃ドラマー”
デニス・チェンバースと組んだ"THE TRIO"。バカテク
3人が集まって、さぞ変態マルダシのバトルになってる
かと思いきや、これが全然オーソドックスなプレイでま
とめていて、別の意味で聴き応えのある作品ですね。
未聴でしたらゼヒ。

それにしても…デイヴにアンソニー。カミロさんとケンカ
バトルしそうなトリオだ(笑)。

そうですか…エディ・パ…パリ…う。
有名人ですね。

次はそっち方面にもアンテナを向けよーかな?
佳作揃いに同感
初めまして、google検索でやってきました。「「美しすぎて、熱すぎて思わず笑っちゃう」佳曲が目白押しです。 」本当に1曲1曲がきちっとしたテーマを持って、メリハリのいい演奏をしていますね。どの曲もいいですね。トラバさせてくださいね。
To kumacさん
kumacさん、はじめまして。
拙■BoneyFrog Blog■へお越しいただきまして
まことにありがとうございます!

私の場合、Jazzのセオリーやら醍醐味などは
まったく解っていない人間ですので、カミロさん
の真の意味でのスゴさとか、芸術性の高さは堪能
しきれていないのかもしれません。
…が。ホントにスゴイ。それだけは判ります。
なんとかナマ演奏を拝んでみたいものです。

カミロさんのアルバムは3枚しか所有しておりま
せんので、kumacさんご来訪記念(?)に、もう
一枚入手してみようと思います。どれにしようか
なぁ~( ̄ω ̄)♪


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 09 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。