■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪WALTER BEASLEY / Ready for Love♪

rfl00.jpg

【サクシィ・グルーヴいかがでしょう】

『グルーヴ(groove) … 波やうねりの感じから、ジャズ、レゲエ、ソウルなどブラックミュージックの音楽・演奏を表現する言葉。語源はレコード盤の針溝』…だ、そうです。ウィキペディアによりますと。

さらに『グルーヴを構成する要素としては、リズムやテンポ、シンコペーション、アーティキュレーションなどが挙げられ、主にリズム体(ベース、ドラムス、パーカッションなど)を対象とした概念である。ジャンルによって感じるグルーヴは様々で、グルーヴ感の会得は、演奏者にとって必要不可欠な要素のひとつである』と、グルーヴ感に乏しいへっぽこベーシストの私が、思わずちゃぶ台返しをしたくなる記述もその後に続いています。( 『リズム音痴―だから、あなたの話は伝わらない』 : 足立 美比古著

そして・・・その“グルーヴ”にコダワるスムースジャズ・サクソフォニスト、WALTER BEASLEY(ウォルター・ビーズリー)さんが本日の主役。季節はもう盛夏。海だ山だ湖だお中元だと、ココロ浮き立つミッドサマー。その浮き立つココロをさらに高揚させるサクシィでグルーヴィなアルバム"Ready for Love"をご紹介いたします。



この作品のトピックは、やはりビーズリーさんコダワリのグルーヴ感。

ビーズリーさんといえば、ジャケ写真にも登場しているソプラノサックスがメイン楽器なのですが、本作では、ソプラノよりもさらにグルーヴ感の増すアルトサックスも縦横に用いて、そのメリハリの効いたアーティキュレーションと流麗なフレージングを絶妙にブレンドしたグルーヴィなアルト楽曲を効果的に盛り込んでいます。

また一方で、ソプラノ楽曲の方も、従来から定評のある、音域を広めに取った美メロと、それを感情豊かに表現する演奏能力の高さが発揮されており、アルト楽曲に勝るとも劣らない華麗なグルーヴを生み出しています。

ちなみに(ほとんど所持しているだけの)ソプラノ・プレイヤーである私も、試聴ファイルに上げた楽曲を、「ちっとコピーしてみっか?」的なノリで手を出してみたのですが、Aメロの半分もコピー出来ずに断念。ハッキリ申し上げて難易度はめっちゃ高いです。押さえるキィも飛びまくりです。いや、さすがはバークリーの(エロ)教授・ビーズリーさん!といった所。(『身のほど知らずに天誅を』 [VHS] (18禁)-  主演 : 池乃波志乃

rfl02.jpg

上の楽曲以外にもグルーヴ度の高い楽曲が目白押し。デニス・ウィリアムスの名曲をカヴァーした"Free"。ピーセズ・オブ・ア・ドリームのジェームス・ロイドをフィーチュアした"Ready for Love" 。歌モノ大好きなビーズリーさんが自ら歌う"Miss You"などなど、真夏のドライブに持ち出せば、ウキウキ度・エロエロ度(??)が軒並みアップするナンバーが盛り沢山。持ってて良かった"Ready for Love"
さあ、みなさんも、サクシィ・グルーヴいかがでしょう。

★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★


WALTER BEASLEY / Ready for Love (2007)

1.  FREE
2.  LA NIŇA
3.  BE THANKFUL FOR WHAT YOU'VE GOT
4.  READY FOR LOVE
5.  RHEA'S SONG
6.  SHE MOVES ME
7.  MISS YOU
8.  LAND OF THE SUN
9.  SUGAR PUDDIN'
10.WHY NOT YOU
11.WILLA MAE'S PLACE




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ベースもサックスもハンパですんまそん。
「修行が足りんのだ!」という皆様、
激励クリックは以下でございます。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
勝手な想像ですけど
2曲目La Ninaを聞いていたら鎌倉七里ガ浜のオセアニア料理のレストランBillsの風景を思ってしまいました。最高のパンケーキを食べながらのBGMとして最高かも。七里ヶ浜の風景似合いますよね?

http://bills-jp.net/

To 五郎兵衛・風来坊さん
五郎兵衛さん、こんばんは!
ようこそいらっしゃいました♪

おお??レストランBills!よくご存じで。さすがは
グルメな五郎兵衛さんですね。
…などと言いつつ、月に2回は湘南・鎌倉界隈に出没
しているワタクシは、一度も足を運んだことがあり
ません。(その近辺のファーストキッチンで済まし
ちゃうもんで。。。貧)

いや、ボンビー自慢はさておき、2曲目のナンバー良
いでしょう?やはりビーズリーさんはソプラノを吹
いた方が“らしい”感じがしますよね。
七里ガ浜の風景も似合います。

よし、今度行ってみよう。Bills。
・・・・・・男ばっかで。(貧)
grooooooovy !!!!!!!!
自分が始めて”グルーヴ”という言葉に接したのは、おそらくEW&Fの”Let't Groove"じゃないかと?

ヘ( ̄ω ̄ヘ) れっつ ぐるーぶ (ノ ̄ω ̄)ノ とぅなぃ♪

是非ヤセさんのソプラノ拝聴させて頂きたかったですが、自分は去年入手した最新作?しか持ってないので、この作品や他のビーズリーさんアルバムも聴いてみたくなりました♪

とりあえず今夜のヘヴィロテCDは、その唯一のビーズリーさんのアルバムで決まり! v( ̄Д ̄)v
To kickさん
kickさん、おいでませ。
コメントありがとうございます♪

むはははー。それですそれです。
アースの"Let's Groove"!

イントロのヴォコーダーで真っ先に飛び込んでくる、
♪な~まっむーぎ、食~べたーいんだぴょーん♪
という衝撃的な空耳。ストレートなシンセベース。
そしてカリカリのホーン・セクション。
これを“グルーヴ”と呼ぶのだな…と初めて悟った
のがそれでしたね。私も同じです。( ゜ω゜)♪

私のへっぽこソプラノは別として、ビーズリーさん
のソプラノは素晴らしいグルーヴを備えていますね。
音数が多くて音域も広いのに、要所要所でピタッ!
とツボを押さえてくるところがキモチイイです。
最新作はワタクシも愛聴盤ですよ!

次回のアルバムレビューもサクソフォニストの予定
ですので、また感想をお聞かせくださいね!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。