■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪Back to 1981~MAXUS~♪

mxsbb5.jpg

【待ってました!マクサス / デビュー!!】

1981年(昭和56年)。

1月    -  ロナルド・レーガンが第40代アメリカ合衆国大統領に就任。
2月    -  トヨタ自動車から初代ソアラがデビュー。
3月    -  中国残留孤児が初来日。
4月    -  スペースシャトル・ミッション開始。コロンビア号が宇宙へ。
5月    -  フランソワ・ミッテランがフランス大統領に選出される。
6月    -  アメリカ・ロサンゼルスで世界初のエイズ患者発生。
7月    -  英国チャールズ皇太子がダイアナさんと結婚。
8月    -  中日・宇野勝選手が巨人戦において伝説のヘディングプレー。
9月    -  フランスで高速鉄道TGVの運行始まる。
10月  -  北炭夕張新炭鉱ガス突出事故発生。
11月  -  沖縄でヤンバルクイナ発見。
12月  -  東京都府中市において、めめたん(安めぐみ)生誕。

世界の秩序が改まり、日本はバブルの前夜。
世紀の結婚。人類の快挙。その人類の生存を脅かすウィルスの出現。
伝説のスーパープレーに新種発見。色々あった1981年。
しかし、この年の私的最大トピックは、↑ に列挙した事件ではありません。



↑ のプレーヤーの再生ボタン押しました?クリックしていただきました?

 イントロのハードなギターはマイケル・ランドウ。リード・ヴォーカルとキーボードを担当するのは中心人物のジェイ・グラスカ。印象度の高いシンセサイザーを駆使するロビー・ブキャナン。歌ゴコロのあるベースラインが特徴的なマーク・レオナード。そして、テクニカルでグルーヴィなドラムでバンドアンサンブルをリードするドーン・ペリー。素晴らしいでしょう?

彼らの名はMAXUS(マクサス)。流れているのは、1981年にリリースされた彼らの唯一の作品 "MAXUS"(邦題:デビュー!!) に収録されているナンバーです。

mxsbb6.jpg

アナログ盤が廃盤になって以降、'98年のCD盤リリース、さらにそれも廃盤となって10年あまり。ボ~としている間に同アルバムを入手しそこなっていた私・ヤセガエル。友人に録ってもらったカセットテープだけが唯一の音源だったこともあり、中古でも1万円に届こうかという超高値で取引されているそのCDを、ヨダレだらだら垂らしながら(汚ぇーな)注文してしまいそうになっていた2010年6月、その情報は届いたのでした。

『金澤寿和 presents LightMellow's ChoiceからAOR超強力アイテムが続々登場!! この夏、長らく廃盤だったあの名盤が紙ジャケット&デジタル・リマスタリング/SHM-CDで待望の復活!! さて第一弾は? もちろん期待を裏切りません!! 』…て、超長ぇーな。(on Amazon.co.jp)

そして、その第一弾がコレだったんですね。もうね、正直泣きましたよ。

「マクサス キタ━━(T∀T)━━!!!」


みたいなカンジで、そりゃもう狂気乱舞。苦節約30年でしたから。

アルバムのレビューは、以前拙ブログ(コチラ)で投稿してますし、詳しい解説も、監修された金澤寿和氏が、非常に素晴らしい解説書をジャケットに同梱してくださっているのでココでは割愛させていただきます。ですので、ココではただ一言だけ。

「買いましょう!在庫のあるうちに」(また限定生産だし)

ちなみにこの記事トップの画像は、過ぎ去りしウン十年前、そのマクサスをコピーしまくったYAMAHA のベースBBⅤ。久しぶりに音を出したらあり得ない音が出たけど、なんだか懐かしくて目頭がアツくなりました。(TωT)…



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
嗚呼、いとしき1981年。
めめたんも宇野タンも最高です!
「同感だ!」という皆様、
激励クリックは以下でございます。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 80年代洋楽    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
あれあれ

マクサスに書き込みがないのは寂しいのでロビー・ブキャナン好きとして思わず書いてしまいました。反応遅くてスイマセン。

これでもか攻撃で再発が進んでいますねー。私はCDを持っていたので今回はどうしようか考えていますが、ところで紙ジャケってどう思います?私はキレイに保管しておくスペースがないのであまり好きじゃないんですよねー。。。
To marsさん
mars師匠…よくぞ降臨くだされました!
淋しかったぁぁぁぁ。

やはりご存じの方はご存じ、そうでない方には全く通じ
ないトピックだったんですね~。

今月のリイシュー盤リリースからこっち、自分だけが、

  _   ∩
( ゚∀゚)彡 再発!!再発!!
  ⊂彡

…って、盛り上がっていたんじゃないかと泣きそうな
心地でございましたよ。ああ、救われた。

で、このリイシュー盤。
初CD化された時の音源が手元に無いので判断しかねます
が、音質は非常にクリアで良いと思います。
ただ、紙ジャケに関しては、mars師匠の言及された通り、
強度的にも見栄え的にも難があるように感じますね。
私のリスニング・スペースは主にクルマですので、普通
のプラケースの方が都合が良いです。

来月もまた'80年代の名盤がリイシューされますね。入手
したら(孤独な)レビューを披露いたします。みんなに
ソッポ向かれてたらまた助けておくんなまし。
もしかして
はじめまして
私もMAXUSがすきです。
もうお気づきかもしれませんが、念のため、Jay GruskaのオフィシャルHP(http://jaygruska.com/projects/records/maxus-outtakes/)にアップされている3曲を聞いてみてください。MAXUSのファンが聞いたら、ちょっと驚きますよ。
オリジナルメンバーのブルースガウディがギターを弾いている曲です。
もしかしたら、幻のお蔵入りしてしまったスチュアートレヴィーンプロデュースのオリジナルの音源の可能性があります。(違っているかもしれませんが・・・)
でも、ジェイの張りのあるヴォーカルは、まさに、1981年の頃のものと思われます。
To NAGISAさん
NAGISAさん、はじめまして。
拙■BoneyFrog Blog■へようこそお越しください
ました。コメントありがとうございます!

リンクのトラック×3、聴きましたよ!
ちょっとじゃなくて、非常にビックリしました!
あんな隠しトラックがあったんですねー。
"Everytime"がツボストライクでした。

スチュワート・レヴィンとは、B.B.キングやスライ
&ザ・ファミリーストーンのアルバムを手掛けた
レヴィンさんと同一人物でしょうか。
だとしたら、マクサスに関係していたことも全然
知らなかったです。Wビックリですね。

貴重な情報とオススメをば、誠にありがとうござい
ました!今後とも宜しくお願いしますね!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。