■BoneyFrog Blog■

 

 

♪LARRY CARLTON / PLAYS THE SOUND OF PHILADELPHIA♪

lc00.jpg

【来年もよろしくね!】

『ラリー・カールトンがフォープレイを脱退!』

そんな衝撃的なニュースが届いたのは約10ヶ月前。
遅まきながら、ここ数年ようやくその偉大なギタープレイの虜になっていた私にとって、また、マイ・フェイバリット・グループであるフォープレイの新作リリースイヤーに当たる今年、「今度はどんなスリリングなギターが聴けるんだろう?」とワクワクしていた遅咲きラリー・ファンの私にとって、それは、非常に景気のよろしくない、“萎え”モードに突入させるニュースでした。

その後、チャック・ローブさんがラリーさんのポジションを継ぎ、LIVEでの始動から、新作"Let's Touch The Sky"の発表。チャートも快進撃!といった上げ潮ムードに対して、一方のラリーさんは、前年から取り掛かっていた松本孝弘氏とのデュエット・アルバムや、過去に発表済みのセルフカヴァーを再リリースしただけで、「あの、お休みなんすかね?」と思わず尋ねたくなる緩慢モード。さらに、「もしや、お体がお悪いのでは!?」とか、「それがフォープレイ脱退の理由!?」などと妄想が妄想を呼び、クリスマス・キャロルが流れる頃には、自分的に『ラリーさんは音楽的に重病!?』という、不謹慎な診断を下しておったワケなのです。

そして一ヶ月ほど前、ラリーさんの新作が、フィリー・ソウルのスタンダード楽曲を集めたカヴァー作品だと知った時、正直「まだ病気モードなのね」とガッカリ&心配したものでした。(当方、カバー集には触手が伸びない系)

------------------------------

しかしです。ところが、です。

つい昨日、行きつけのショップに立ち寄り、JAZZ棚をチラリと覗いてみると、その、何と申しましょうか、もう 『幸せいっぱい』 みたいな素晴らしい笑顔で、愛器ギブソンES-335を抱えるラリーさんの姿を見つけたのです。

そして、試聴機のヘッドフォンから流れ出したのはコレですよ。↓↓↓↓
『重病』だなんてとんでもない。コレを聴いた瞬間、今のラリーさんの健康状態とフォープレイ脱退の理由が、閃くように理解できた気がしましたね。




lc26000.jpg

「フォープレイ辞めました」

 lc26000.jpg

「自分探しの旅に出ます」

lc26001.jpg

「ボブさんには内緒にしてたけど、
 とても・・・・窮屈だったんです」

lc26002.jpg

「でも、今はスッキリ♡」

ハイ、もうスッキリでしょう。踊ってます。歌ってますね。そのギターが。

「要するにラリーさん、ソロのアーティストに戻りたかったのね」と、 聴いた誰もが納得しそうなホップ・ステップ・ジャーーンプなギター。12年という長期間、背負い続けた重荷から解放された喜びに溢れています。

私が過去に聴いたラリーさんの作品と比較しても、そのトーンの明るさは、『世紀の傑作』と言われている"Larry Carlton(夜の彷徨い)" とか、『奇蹟の復活!』と大絶賛された"Kid Gloves" にも匹敵するんじゃないかと感じましたね。「好きなコトやっちゃいまーーす!!」みたいな。

lc01.jpg

収録曲は、アルバムのサブタイトルにも記載されてある通り、かのケニー・ギャンブルとリオン・ハフの楽曲を中心に11曲。「ぎゃんぶる?はふ?」というフィリー・ソウル初心者さんも、聴けば「ああ、その曲ね!!」と絶対知っているスタンダードばかり(現在でも世界中で12分に一回の割合で彼らの曲が流れているというくらいの超スタンダード楽曲)ばかりですから、聴けばスグにそのギタープレイを楽しむことができるでしょう。

個人的にイチオシは、やはりオープニング・ナンバー、"Could It Be I'm Falling in Love" 。今年私が聴いたスムースジャズ作品の中でも、ナンバーワンと言っても良いくらいの優良楽曲です。

来年は、おそらくラリーさんの本格的な“ソロ復活元年”となるでしょう。かつてフォープレイのギターリストだったリー(リトナー)さんがそうだったように、フォープレイ時代とはまた異なる、新たなラリー・サウンドを完成させてくれることを期待しつつ、私も2010年を締めくくりたいと思います。

訪れる2011年が、今年同様、素晴らしい音楽と出会える年でありますように。皆様も良いお年をお迎えくださいませ。


★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

LARRY CARLTON
/ PLAYS THE SOUND OF PHILADELPHIA 

1.  COULD IT BE I'M FALLING IN LOVE
2.  BACK STABBERS
3.  IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW
4.  DROWNIN' IN THE SEA OF LOVE
5.  I'LL BE AROUND
6.  YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW
7.  BAD LUCK
8.  NEVER GIVE YOU UP
9.  MAMA CAN'T BUY YOU LOVE
10.ONLY THE STRONG SURVIVE
11.MIGHTY LOVE




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
来年もよろしくおねがいします!!
アナタとワタシのブログランキング!!
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
ラリーカールトンさんくらいの人でも、バンドに縛られたり、きっと、時にはあまりやりたくない音楽を弾かなければならないときもあるのかナァ?と思いました。

これくらいの人になると、いつでもやりたい音楽を好きなだけ弾いていると思ってました。

ジャズミュージシャンの中には「気分が乗らないと演奏しないで帰っちゃう」っていうくらい気まぐれな人もいると聞いたことがあったので・・・。

今年は、おかげさまで、すごくいい年になりました。
また来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

あひる
来年も、よろしくです。
ヤセさん、こんにちは。

最近は、新譜の情報に疎いので、このアルバムも初めて知りました。良いですねー。
Leeと同じように、Larryもアルバム毎にいろんな顔を見せてくれますよね。とりあえず聴いてみないと自分の好みに合っているのか、わからないんです。
まぁ、それが楽しみなんですけど。

このアルバム、早速全曲チェックしてみます。
フィラデルフィア・サウンドも大好きなんで。

今年一年、いろんなタイプの記事を楽しませていただきました。ありがとうございました。

来年も楽しみにしています。
私は喪中のために、ハデに正月を祝うことは出来ませんが、静かに過ごす予定です。

2011年が、ヤセさんにとって素晴らしいものになりますように。
To あひるさん
あひる師匠、いらっしゃいませ!

『不仲説』やら『重病説』やら様々な憶測が飛び交った
フォープレイ脱退劇ではありましたが、結局、双方に
とっての『発展的解消』とのことのようでした。

ラリーさんは、これからソロのキャリアを華々しく復活
させていくことでしょう。めでたいめでたい。

そうそう、今年はあひる師匠とお知り合いになれまして、
大変に刺激を受けつつ楽しいブログ生活を送れました。
来年も今年同様、よろしくお付き合いくださいますよう
お願い申しあげます。

良いお年をお迎えくださいませ!
To Apolloさん
Apolloさん、こんばんは!
ようこそお越しくださいました!

良いでしょう~ラリーさんのギター!
フォープレイ在籍時代から色々と(バンドにストレスを
溜めているとか)ウワサされていたラリーさんだけに、
今回の開放的な作品カラーは、格別の味わいを含んで
いるように感じます。

Apolloさんはジャンルを越えて音楽にお詳しい方です
から、おそらく無条件に楽しめるんじゃないかと想像
いたします。オススメですよ♪

今年はApolloさんにとっては多事多難の年でしたから、
来年に期するものも多々おありでしょうね。お互い
良い年を迎えましょう。

来年もよろしくお願い申し上げます!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 07 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.