■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪BRIAN SIMPSON / ABOVE THE CLOUDS♪

atc00.jpg

【名脇役、地味に弾ける!】



ショーン・コネリー、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、さらにサミュエル・L・ジャクソン、オーランド・ブルーム、メリル・ストリープ。魅力的な映画には、主役を際立たせる“名脇役”が存在しますよね。

わが日本で言うなら、“怪優”竹中直人さんや、小日向文世さん。異色なところでは、時代劇で『5万回斬られた』男として有名な福本清三さん。ドラゴンボールのクソソソや、北斗の拳のバット。国民的アニメであるドラえもんにおいても、ドラえもんを必要とするのび太くんが居なければ、ドラえもんの存在意義は大幅に低下してしまうし、そののび太くんの頭上で暴力的に君臨するジャイアソが存在しなければ、のび太くんのドラえもんへの有難味も生まれません。また、スネ夫君は、『のび太くんはいじめられっ子』という、『個人 vs 集団』の構図を詳らかにする貴重な存在であり、なにかとのび太くんを気遣うしずかちゃんは、『のび太くんはただのダメ人間ではなくて、上昇するキッカケが掴めない可哀そうな男の子なんだ』と、のび太くんがドラえもんに手を差し伸べられるに値する人間である事を、読者へ間接的に認識させる役割を担っているのです。

そう、主役は、優れた脇役無しでは主役たり得ず、また、その輝きを放つことも出来ないのです。( 『 ジャイアン(絶唱Ver.) 』 : メディコム・トイ

atc01.jpg

で、そのジャイアン・・・の話じゃなくて、ブライアンの話ですって、今日は。

んで、スムースジャズ界においても、いわゆる“名脇役”と呼ばれるミュージッシャンが多数存在しているのです。

ギターリストではポール・ジャクソン・Jr.さんとか、ホーン・セクションでは、ジェリー・ヘイ部隊、パーカッションのレニー・カストロさん、リズム隊では、ラリー・キンペルさんやアレックス・アルさん(ともにB.)、リル・ジョン・ロバーツさんやビリー・キルソンさん(ともにDs.)なんかがそれ。

「では、キーボーディストでは?」

と、いう質問に対して上がってくるのがこのお方、BRIAN SIMPSON(ブライアン・シンプソン)さんなのです。

シンプソンさんのプレイは、クラシック、ジャズ、ポップス、R&B といった様々なスタイルを、美しく瞬時に引き出せるフレキシビリティーと、アンサンブルのバランスを取り持つ視野の広さ、とりわけ共演者の音を際立たせる絶妙なトータル感に満ちています。
スムースジャズ界一の個性派・デイヴ・コーズ(Sax)から全幅の信頼を獲得し、そのツアーメンバー、あるいはサウンド・ディレクターとして重宝がられているところなど、シンプソンさんの“名脇役”ぶりを象徴している事例ですかね。とにかく、場の空気の読める、エレガントな方なのです。

atc02.jpg



リーダー・アルバムとしてドロップされた本作、"Above The Clouds"においても、その“出過ぎず引っ込みすぎず”の名脇役ぶりは変わらず。「でも主役なんだから!」とコーズさんやティズさんあたりから突っ込まれて、「じゃあ…ちょっとだけキャラを立ててみるかな?」なんて風情の地味な弾け方が好ましかったりします。

に挙げた"What Cha Gonna Do?" は、その“地味な弾け方”が鼓膜に心地よい佳作。チャック・ローブ、ダレン&ジェイソンのラン兄弟をフィーチュアしたスタイリッシュな"From The Hip" は後半のピアノソロで地味に自己主張。誰もフィーチュアリングせず正真正銘主役であるはずなのに、なぜかぜーんぜん自己主張しない美メロが特徴的な⑤"One More Time" もイキ。コーズ、ティズら、ランデヴー組との和気藹々な"Fiona's Song"。御大ジョージ・デュークのミニ・モーグとヴァイブラフォン・サウンドを見事に引き立てるピアノが印象的なアルバム・タイトル・チューンの"Above The Clouds" (また引き立てちゃった。自分のリーダー・アルバムなのに)などが聴きどころ。一見地味、良く聴くと、あちらこちらに気配り心配りが施されたメロディが発見できる良作です。

どちらかと言うと、聴きこむタイプではなく、シーン・メイクに効力を発揮するタイプの作品ですので、バレンタインデーのBGMなどにイイかも。ロマンチックな会話が盛り上がるかもしれませんよ!ちくしょーめ。


★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★


BRIAN SIMPSON
ABOVE THE CLOUDS (2007)

1.  WHAT CHA GONNA DO?
2.  JUICY
     (featuring kirk whalum)
3.  FROM THE HIP
     (featuring chuck loeb)
4.  LET'S GET CLOSE
5.  ONE MORE TIME
6.  THE LAST KISS
7.  FIONA'S SONG
      (featuring dave koz and wayman tisdale)
8.  BALI
9.  ABOVE THE CLOUDS
     (featuring george duke)
10.MEMORIES OF YOU
11.THAT'S RIGHT
     
(featuring michael brecker)




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
近年は義理チョコも減少傾向のワタクシへ、
皆様の愛のポチクリよろしくプリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。