■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪いとしのジャパニーズ・ヴィンテージ♪

vg00.jpg

音楽と楽器を愛する皆々様、ごきげんいかがお過ごしでしょうか。呼ばれなくてもやって来る、へっぽこベ~シストのヤセガエルでございます。

本日は、前々回のエントリーで予告いたしました、オリジナル楽曲の晒し上げ & 楽器のご紹介。職場の元同僚・Tomokazu Sato氏が作曲し、不肖ヤセガエルが編曲・演奏・録音を担当した共同作品です。

「聴いてやってもよいぞ!」な方は、下のプレーヤーにある『P』ボタンをポチッとクリックしてくださいね!(起動に時間が掛かる場合があります)



vg01.jpg

さて、取りも直さずコレですコレ↑↑↑。ヴィンテージ・ギター。

メインメロディを取っているのは、画像のエレキギター、Aria-ProⅡのPE-R80。私が高校生の頃、バンド仲間から、「作曲すんの?だったら友達から借りてる安いギター貸してやろうか??」という何ともお気軽な一言で我が家にやって来たブツです(また貸しってのはどうかと)。

「まぁ、安物だったらしばらく借りとくか?」みたいなカンジで弾き始めたまでは良かったのですが、借りて一ヶ月も経たないウチに、シールドの受け側の端子がブリブリ言い始め、それから僅か一週間足らずで音が出せない状態に・・・・・・・・・ (;/Д\)アア…ヤッパ…オイラがコワシタ~??

その後、弁償の申し出も返却の申し出もナゼか受け付けなかった貸主。判明しない持ち主。途方に暮れる私。そして…いつの間にか時は過ぎ、部屋のオブジェとして欠かせない存在となっていたこの鳴らないギターを「直そう!!」と思ったのは、なんと借りた日から四半世紀も経過した2011年でございました。

vg02.jpg

↑↑↑ メンテを施した端子部です。

部材が入手出来なかったため、全く別の部材を強引に代替品として使用しています。どこからどう見てもインチキ修理。元の所有者(誰だべ)には決して見せられない姿です(まぢで元の所有者は誰だべ?)。

しかしながら、中の配線を再度ハンダ付けし、バリやらサビやらを磨いていくと、何とか音が出せるように。やってみるもんですね。チャレンジすることの大切さを再確認しました。おかげで手は火傷&血だらけでしたが。

vg03.jpg

で、音が出るようになってから早速弾いてみると、コレが安物とは思えないなかなかファットで艶のあるワイドな音が出て来るんですね。

↑↑↑上はピックアップとブリッジ部のクローズアップ画像。
初期のギブソン・レスポールのようなクラシカルなハムバッカーと、硬質感のあるブリッジが、音のキャラクターを決定するキモの部分でしょうか。

vg04.jpg

ピックアップ・セレクター以外に、画像のミニ・トグルスイッチも装備。それぞれフロントとリアのピックアップを、(たぶん)シングルとハムに切り替えが可能で、これを使うとさらに音色のキャラが変わります。

今回の楽曲では3本のギターが登場しますが、全てこのギター一本での録音となっています。色んな音が出せます。安物とは思えないなぁ…。

vg05.jpg

そう…思えない。たとえば↑ のバインディング(縁取り)加工。

現在ならいざ知らず、当時、こういう精度の高い加工は、いわゆる高級ギターにしか施されていなかったし、ましてや高校生の入門用安ギターには過ぎた装飾。「直そう!!」と思い立ってからその事に気づいた私もなかなかのホワホワ加減なのかもしれません。

vg06.jpg

↑ バック部(のネックジョイント部)です。

緩やかで美しいヒールレス加工のセットネックは、ハイフレットでのプレイをスムースにし、手・体・ギターの一体感を高めます。

修理に入って気付いたことですが(今更か)、ボディバックにはプラスチックの部材が使用されておらず、全てウッドで成形されています。その事実から思い描いたのは、安物ギターを手放して、所有していた記憶すら失っている元オーナーの姿ではなく、「迂闊に貸すんじゃなかった…」と後悔に苛まれている元オーナーの姿。もしかして高級品・・・じゃねーでしょうか?

vg07.jpg

極め付けは、存在感と高級感を主張する雲形のインレイ。

良く考えたら、高校生当時、私たちが使っていた楽器には、こんな豪奢な装飾はありませんでした(せいぜいブロック型。だいたいはドット)。ず~っと部屋の飾りになっていた(ひでえな)ギターでしたから、値段とか気にもしないし、高かろうが安かろうが関係なかったもんねぇ…。

でも、音が鳴ったらあまりにもイイ音が出るもんで、思わず調べましたよ。一体、このギターは何なんだ?と。どういうブツなんだろうと。高校生が気軽に『また貸し』して良いブツなのかと。

そして・・・結果は以下です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

hpap2.jpg

『1980年代を代表するPEとして圧倒的完成度を誇ったベストセラーモデル。渡辺香津美、松原正樹など初期フュージョンギタリストの愛器として有名。』

・・・・・・・ ( ゜Д゜)

18900.jpg

・・・・・・  (;゜Д゜)

・・・こりゃ、オーナー泣いてるな・・・。



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「それはオレのでは!?」という心当たりのある方は、
管理人へコメください。
私の足跡・記憶と合致することが判明したら御返却します!
それ以外の方はいつもの1クリックをよろしくプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 



Trackbacks
あなたは、いつまでギターに苦労するつもりですか?「従来の方法」では、ギターの練習量を増やしてライバルに差をつけるしか方法はありません。今あなたに必要なのは、あっというまにギターが上達する方法ではありませんか?
Comments
すんばらしー
すぱしーぼ。
やせさんらしい上質なスムースジャズに仕上がってますね。そのままブルーノートで流れていてもおかしくないっす。
楽曲もすばらしいですが、演奏もすばらしい~♪
メロディーをカッティングでパーカッシブに弾くあたりがリトナーを彷彿とさせます。やせさん何モノ?

ギター、読み進めていくうちに「何でも鑑定団へ出すべきでは?」と思っていましたが、判明したのですね・・。
プレミアがつくほど・・・では無いようですが、いい物もらいましたね~♪
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d118016665
cool!!!!!
To 8分の7拍子天国さん
7拍子さん、いらっしゃいませ。
プロの(日用品)販売員のヤセですw

ああ…"スムースジャズ"と認めていただけましたか。
それが何より嬉しいです。(T∀T)
ブルーノートに流せるほどのシロモノではございま
せんが、頑張って作りましたんで。

ちなみにギターは一応、『もらった』ものではなく
『借りている』ものでございますので、オーナーが
見つかり次第ご返却する予定です。まぢで。

しかし、なにげに、現在所有している数々の楽器の
中で最高値であるコトが判明してビックリ。私ごとき
へっぽこアマチュア・ベ~シストが弾いて良いブツ
ではありませんでしたね。元のオーナーさんは見つ
かるかなぁ・・・・・。
To rinaさん
rinaさん、はじめまして。
拙■BoneyFrog Blog■へお越しくださいまして、
誠にありがとうございます!

"Cool"ですか!
なんと嬉しいお言葉でしょう。
発表して良かった…。(TωT)
現在、こちらに上げた楽曲以外に、ニ・三曲ほど
制作中のものがありまして、そちらにも俄然気合
が入るというものです。

今後も、不定期に楽器ネタ・作曲ネタを投下して
参りますので、その際にはまたお気軽にコメント
付けていってくださいませ。

ありがとうございました!
8888888888
感動の涙が止まらず、言葉が出ないので、
暫しお待ちを・・・・・(亝ω亝。)​


当方のボキャブラリーでは何を言っても陳腐になり、
ヤセ様の名演に値する賞賛の言葉が見付かりませんw

ただ以前にも思いましたが、自分にもヤセさんの10分の1でもいいから、シルキーさが感じられるプレイが奏でられようになりたいです!

この時代の日本製ギターはホント良いですよね。ピックアップも丁度イイ具合に枯れ頃でしょうか?

自分が高校時代に貯めたバイト代で買った「Tokai」のレスポールも、その後手に入れたモノホンより良かったと今でも思い出され、何で手放したのか?と後悔が・・・(涙)
To kickさん
kickさん、393939です。
ようこそおいでくださいました♪

Tokaiにもレスポールがありましたか。
私も最初に買ったベースがTokaiのプレベモデル
ですので、同社には思い入れがありますよ。

んで、今回の演奏について。
お褒めに与かり誠に恐縮です。

…が、まあ…これまでもそうですけど、要はナマ
ではなく録音ですから、完成までに何度も(20~
30テイクくらいは)録っているワケです。
その中のほとんどは、もォどーしようもない演奏
なんですが、ごく稀にに実力以上の演奏ができる
ことがあるんですね。
要するに完成版の演奏は、自分的に『奇跡の』演奏
を寄せ集めた集合体。そしてそれがPCでカンタンに
出来るのが昨今のDAWのスゴイところなんですよね。

kickさんも入門機材を考慮中との事ですから、入手
されたらゼヒ楽曲制作してみてください。ホンモノ
のギターリストであるkickさんの方が、ずっと早く、
ずっと素晴らしい演奏が録音できることでしょう。

検討されているG1u、なかなかだと思います!
早く宅録ワールドへおいでおいで~e-277
お久しサマー
いきなり寒いタイトルを入れてしまいました〔汗)。なんのことやら・・・。

ヤセさんお久しぶりです、お元気ですか?

子供達が夏風邪なんかひいちゃってひきこもってました。
そのおかげでいっぱいヤセさん推奨音楽を堪能できました♪す~っと涼しくやさしい気持ちになれてほんっと心地よいです。
最後のガシャーンもかっこいい!よく子供達がお昼寝してる間に一人でアイスコーヒー持って聞いてます(今も)。
また作ってる途中のも完成楽しみにしてますね。

それはそうとガムテープ!
うちのちーすけも工作大好きガムテ大好きなので
将来ヤセさんみたいに楽器を触るようになるのかな^^なんて
ほほえんでしまいました。
男気溢れるガムテープ!!
To みんちさん
みんちさん!いらっしゃいませ!
お待ち申し上げておりました~(T∀T)

当方は、おかげサマ~で何とか元気に過ごして
おります。
ただ、先月までは、年明けから毎月のように風邪
をひいておりまして、非常にキツかったですね。
みんちさんも十分お気をつけくださいませ。

で…し、しまった。
ガムテープにチェックがっ。

ホントにねぇ…どうしてこう不器用なのか。
あるいは大ざっぱなんだろーかと。
ちーすけくんは、たぶん自然にギターを始める
のではと思われますので、その時には、「これは
ギターが可哀そうな例」として画像を語り継いで
いただいてもOKです。

ちなみに、今制作中の楽曲の内一曲は『サイ蔵』
くんが主役です。頑張って完成させますね!
またお気軽にお越しくださいませ♪
こんばんわ
そうでしょう・・・!
いいギターだと思いました。
塗装の質感やトップのアーチの仕上げとか。

でも、安物じゃないって気が付いていても18万の価格にはびっくりしました。
だって、ん10年まえの18万ですもんね。

楽曲の方も素晴らしい仕上がりですね。
このままCDにして販売してもいいほどだと思います。
ギターの修理の仕上がりとはウラハラに・・・・。

あひる
To あひるさん
あひる師匠、いらっしゃいませ!
お運び誠にありがとうございます!

…しっ、しまった。
やはりメンテ画像は引っ込めた方が良かった
やもしれません。

いや、私もよくよく調べてみてビックリした
んですよ。このギターは。
私の借りているブツはオリジナルのモデルで、
当時の販売価格は¥80,000。上の(メーカー
サイトから転載した画像のギター)は、リイ
シュー・モデルで価格は¥189,000でした。

師匠が指摘されたように、塗装は杢が透けて
見える上品なラッカー仕上げ。ボディの表も
裏も美しいアーチド加工が施されていて、当
時の国産ギターの品質の高さを十分に堪能で
きるモデルですね。

楽曲の方は、例によっていっぱいいっぱいで、
頭の中のイメージを再現するのに四苦八苦。
実を言うと、イントロのカミナリや、エンド
のガラスの破壊音は、最後の最後まで「曲の
体裁が整わなかった」挙句の代替処理です。
ああ…言い訳は見苦しいッスね。

で、このギター。
借り物ではございますが、実効支配(所有)
が25年ということで、その…オイラのブツ…
として認められちゃう?みたいな(泥棒か)。
所有者、現れないな~…。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。