■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪FOURPLAY / Snowbound♪

snwbund00.jpg

【99回目のクリスマス】

ここ日本において、イベントとしてのクリスマスが始まったのが1900年。それから99年目の1999年、私たちスムースジャズ・ファンを待っていたのは、ノストラダムスが予言した世界の終わりではなく、とびきりJazzyでSweet なクリスマス・アルバムでした。

コンテンポラリージャズ界のトップバンド、FOURPLAY(フォープレイ)の、5枚目のアルバム作品"Snowbound" がそれです。

いや、実は私、正直言って当時はかなり不安に揺れておったのです。いえ、『世界が週末を迎えるかもしれない』という予言に対してではなく、“フォープレイの未来”に対して。

大ファンだったリー(リトナー)さんが脱退した後の、明らかに進路変更がなされたと思われるアルバム"4"。そして、当時、接点も無く、共感もあまり持ち得なかった新ギターリストのラリー(カールトン)さん。

「何故にオリジナルではなくホリデー・アルバムを??」

自分的にはタダでさえカバーアルバムに食指が動かない上に、さらに、やはりリーさんの居ないフォープレイなんて…。発売前から「これはもうスルー確定だな。つーか、もう、ファンやめちゃおうかな~」なんて風情ではございました。

・・・・・ラジオから流れる、↓ この曲が耳に届くまでは。



snwbund01.jpg

プレーヤーの再生ボタン押していただきましたか?

おそらく家で、ボ~…とFMを聴いていた時だったと思います。流れて来たんですよ。コレが。暖炉で揺らめく炎のような、暖かく、美しいギターが。それはもう甘美なる衝撃でしたね。タダ者じゃねえ!ダレさん?みたいな。

「お送りしたのは、フォープレイのニューアルバムから…」

アナウンサーがサラリと曲紹介をした時点で、私は、自分の判断の甘さと聴く耳の無さを痛感したものです。当然、ソッコーでショップ突撃&購入、さらに鬼ローテーション。さらにさらに前アルバム"4"も再聴き込み開始。そして聴き込んでいくうちに鮮明さを増してゆく、“稀代の名手”と称されるラリー・カールトンの玄妙なギタープレイの数々。正に魅了されましたね。

この作品における聴きどころは、勿論『クリスマスのスタンダードを、洗練されたJAZZ にリプレイスメントした』点ですが、フォープレイというバンドそのものに焦点を当ててみると、ラリーさんが『フォープレイのギタリストとして確固たるポジションを確立した』アルバムだとも言えそうです。フォープレイの美味・強味は言わずもがなバンド・アンサンブル。ここでラリーさんもテレパシーゆんゆん交わし始めたと。そんな印象ですね。

snwbund02.jpg

ちなみに今年は111回目のクリスマス。「今年ももうそんな時期?」ってカンジです。本当に色々ありましたね。辛いこともたくさん。ご来訪の皆様に、サンタクロースから、両手いっぱいの贈り物と持ちきれない程のハッピーが届きますように(オイラにもね!)。


★★★★★★★★★★★★★★★


FOURPLAY
/ Snowbound(1999)

01.ANGELS WE HAVE HEARD ON HIGH
02.HARK! THE HERALD ANGELS SING
03.SNOWBOUND
04.THE CHRISTMAS SONG
05.THE IVY VARIATIONS
06.RIVER
07.AMAZING GRACE
08.CHRISTMAS TIME IS HERE
09.SANTA CLAUS IS COMING TO TOWN
10.AWAY IN A MANGER
11.MERRY LITTLE STROLL
12.AULD LANG SYNE  



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
オイラは今年のクリスマスもお仕事だ!
許しておくれ、マイハニー!(泣)
不憫に思われる方は↓クリック・プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
くりすます?
何ソレ 食べたことナイ 美味しいの??

・・・って位、ここ数年は毎年関係ない年末を過ごしている私が来ました(涙

勿論けっこう色々な人が出してるスムジャ系Holly Albumも1枚も持ってません (◞‸◟)

気分だけでもChristmas気分に浸る為に、1枚くらい買ってみようかな(苦笑
To kickさん
kickさん、こんばんは♪
ようこそお越しくださいました!

そうですか…『ここ数年』ですか…。

…ここ十数年イブも当日も働いている最下層の
管理人のブログへようこそ!!(TдT)

いや、それはともかく、今回のおすすめ作品は、
まさしくkickさんのようなカールトン派の方に
聴いていただきたいアルバムなんですよ。
本当に、熱く、温かく、ソウルフルでブルージー
なラリーさんのギターが素晴らしいです。

私も、楽しめる時期が極端に限定されてしまう
「いかにも」なクリスマス・アルバムは殆んど
持っておりませんが、これだけは別格かな。
自信を持ってオススメします。

追伸:
あ~…年末はお互いガンバリましょう。色々とw


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。