■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪CHRIS BOTTI / a thousand kisses deep♪

tkd00.jpg

【千のKISSと花束を】
 
牡丹雪とスギ花粉が舞い踊る、閏29日の当地神奈川。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか、押し掛けミュージック・ブロガ~のヤセガエルです

ハイ。ホワイトデーに贈りましょう。千のKISSと花束を。 お世話になったあの人に、ではなく、あなたの大事なあの人に。勿論、贈るのはそれだけではありません。二人で過ごす優雅な時間。男ならそれを贈りたいもの。
今回は、その『優雅な時間』を演出する極上のスムースジャズ・アルバム、CHRIS BOTTI(クリス・ボッティ"A Thousand Kisses Deepをご紹介いたします。(『高倉健ベスト 男なら/唐獅子牡丹/網走番外地/

で、なんで健さん・・・じゃねえ、クリスさんを選んだかと言うと、まア、私の願望と申しましょうか、「男たるものかくありたいものだ」と いう羨望混じりの理想像を、彼とその作品が見事に実体化させているからなのです。出来ることなら、彼の創り出す音色のごとくスタイリッシュに女性をエスコートしてみたいもんだと。↓百聞は一聴にしかず。目を瞑って聴いてみて。



最後まで聴いた方、その3分11秒はいかがでしたか?聴きホレました?

甘く、優しく、端正。寡黙にして雄弁。柔にして剛。知的に語りかける内側に潜む男の野生がチラリと見えたりしません?イケてるオトコはこうだ!…と私は思うのですが。(『男の嫉妬 武士道の論理と心理 (ちくま新書)

アルバムの7曲目に収録されているこの"My Funny Valentine"、トランペットのナンバーとしては “帝王” マイルス版が鉄板。個人的には彼のミュートを用いたバージョンがその曲のイメージなのですが、コレを聴いてからは認識が少し変化しましたね。クリスさんのミュート無し演奏は、太く、ほの暗く、かつ鮮烈。  抑制の効いたエモーションとでも申しましょうか、クリスさんの男ぶりを象徴する洗練された演奏が魅力です。

このアルバム、冒頭で『極上のスムースジャズ・アルバムです』と書きましたが、スムースジャズというより、“エレクトリックジャズ”と表現した方がより本質に近いかも。それまでクリスさんが活躍していたスムースジャズのフィールドから脱し、スタンダードジャズへと展望を広げた作品です。

tkd01.jpg

来たる3月14日には、このクリスさんの男ぶりにあやかって、優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。カーステにインストして 車中の会話を艶やかに色づけするも良し。お部屋の雰囲気作りに使うもまた良し。秘めた劣情…じゃねえ、熱情を示すキッカケ作りにするもまた良し。事の成否はモチロンあなた次第。(『真夜中は別の顔{上}』 シドニィ・シェルダン著


★★★★★★★★★★★★★★★


CHRIS BOTTI
/ a thousand kisses deep(2003)

01.Indian Summer
02.Do It  In Luxuary
03.The Look Of Love
04.A Thousand Kisses Deep
05.Ever Since We Met
06.Back Into My Heart
07.My Funny Valentine
08.The Last Three Minutes
09.If I Could
10.She Comes From Somewhere
11.Love Gets Old



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました! 
真夜中は別の顔。服を脱いだら別の生き物。
そんな不埒なワタクシに、
いつものボタン連打プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
CHRIS BOTTI ~~♪
あまり聴いたことが、なかったです・・・
大人の雰囲気ですね。
私には、今は、人事のこの時期(笑)
今、欲しいCD!!主人に催促するかぁ~~。
この方の前のも、聴いてみたいです。
あまり知らなかったので・・・
考えたら、トランペットって最近、聴いてないです。ビッグバンド意外では。
ご紹介ありがとうです♪
また、記事、楽しみにきま~す^^

To あっちゃんさん
あっちゃんさん、こんばんは。
ご来訪まことにありがとうございます。

クリスさん、気に入っていただけましたか?
彼のアルバムは、(今の所)この作品が分水嶺に
なっておりまして、これ以前はスムースジャズ、
以後はスタンダードジャズとなっています。

個人的にはスムースジャズの方が好きなのですが、
スタンダードの方も聴き応えタップリですね。
ご主人にねだって買ってもらってください!(笑)
またライブあるそうな
帰ってきた五郎兵衛であります!
最近お勉強を始めまして、なかなか更新できませんでした。

さて、この作品ですが、僕はクラブジャズに近いとも感じております。音作りに関してはドイツのイケメンTill Bronnerの2002年のBlue Eyes Soulを意識したように感じます。Chris様にはあっていないとも感じます。バックとラッパが遊離しているし。

まあ、苦言はともかく四月にはニューアルバム、6月にはまたライブだそうです。狭いハコでは申してくれないみたいですけど。
To 五郎兵衛・風来坊さん
五郎兵衛さん、お帰りなさいませ!
ようこそお越しくださいました♪

なるほど。お勉強を!
毎日更新されていたブログがストップして、
「…ああ、また一人(脱落)・・・」みたいな
感じで心配しておりました。ご帰還オメです。

仰る通り、ブレナーさんのソレとかなり共通項が
見受けられますね。クラブっぽい要素、アシッド
っぽい要素も見られます。転換点でしたね。

次作はそろそろスムースジャズに回帰してほしい
のですが、たぶんそれは無いだろうなぁ、と予想
しています。興味は尽きませんが。
ダレンも新作出ますね。楽しみです♪


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。