■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪GEORGE HOWARD / a home far away♪

ahfa00.jpg

【あなたが此処にいなくても】

その日から、14年目の3月20日を迎えようとしています。

アメリカ合衆国フィラデルフィア出身、スムースジャズ・サクソフォニスト、GEORGE HOWARD(ジョージ・ハワード)。’98年3月20日没。

“スムースジャズの父”、グローヴァー・ワシントン・Jr.の後継者と目されながらも、41歳の若さで天界へと旅立ってしまったその日が3月20日。あれからもう14年が経とうとしているんですね。早いような短いような…。

本日のピックアップ・アルバムは、ジョージの優しさと激しさを併せ持つソプラノサックスを、敏腕プロデューサー、レックス・ライダウトが美しくコーディネイトした作品"A Home Far Away"。高貴でハートフルなトーンと、情熱的なソロが心に響く、スムースジャズの佳作です。



↑ アルバムの4曲目に収録されたナンバー、"Until Tomorrow"
いかがですか?ジョージさんのソプラノ。ココロが洗われませんか?

これ以外にも、都会的なクールネスを全面に押し出した"Miracle"、ジョージのソウルフルなボーカルが冴える"If You Were Mine"、愛器カイルベルスの囁きと咆哮がダブルで楽しめる"Renewal"等、今更ながらジョージさんの才能を実感させられる楽曲が揃っています。

これから先、この世では永遠に彼と会うことは出来ないけれど、彼の遺した数々の作品と名演、そして彼の志を継ぐミュージッシャン達は、私たちと共に今を生き続けています。

スムースジャズを愛する全ての人へ。3月20日は彼の事を思い出してね。

ahfa01.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★


GEORGE HOWARD
/ A HOME FAR AWAY(1994)


01.MIRACLE
02.IF YOU WERE MINE 
03.DORIA
04.UNTIL TOMORROW 
05.YOU CAN MAKE THE STORY RIGHT 
06.GROVER'S GROOVE 
07.NO ORDINARY LOVE
08.A HOME FAR AWAY 
09.FOR OUR FATHERS 
10.RENEWAL
 

 

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
心は洗われても、
目と鼻はスギ花粉でガビガビ。
不憫とお思いになった皆様は、
同情クリックしてくださるんじゃないかな。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
たまたまgeorge howardの曲を聞きながら
boney frog blogを開いたらなんとこの記事が。
故人である事は知っていたんですが、いつ何時
亡くなったのかは初めて知りました。
生きてたらこの時代にどんな曲を作るのかな。
walter beasleyみたいな路線になってるのかな。
なんて事を考えたりします。
プロデューサーがrex rideoutという部分も
ググっときましたよ。ridin' highというアルバムが
結構気に入っているもので。

SAX分少ないのですが、個人的に一番好きな
george howardの曲は「Cross Your Mind」です。
Youtubeにアップされるライブ版が極上のメロウです。
To ょんさん
ょんさん、コンバンハ。
ご来訪+コメントありがとうございます!

おぉ!?なんという偶然。同時にジョージさんを。
きっと彼の『お導き』でしょう。

ょんさんの挙げたビーズリーさんは、ジョージさんの
後継者を自認していますね。
彼以外だと、ナジーさんやマリオン・メドウズさんが
ジョージさんのサウンドを受け継いでいるかな?

先程ょんさんオススメのYouTubeの動画を観ました。
スムースですよねぇ。本当に惜しい哉…。
うぅ・・・涙・・・
とっても、曲、聴きながら、感慨にふけってしまいましたよ。
そんな、前に亡くなってたんですね。
詳細はあまり知らなかったので・・・
でも、曲は残りますよね。

あ!一昨日、コットンクラブ、トムスコット、ライヴ最高でしたよ。
ピカピカのサックス、最前列でCDにサインと握手、話して(話すっていうレベルじゃないけど)
良かったです。随分と、外見が変わってたけど。
(私事・・・バースデー招待の半額ライヴでした^^)
ヤセさんもサックス頑張ってね^^
george howard・・・
うっすら名前だけは聞き覚えがありましたが、殆ど知りませんでした(汗 ><

将にGroverと同じで思わず"クワイエット・ストーム"とか"ブラコン・フュージョン"という言葉が浮かんできました♫

この作品の頃がスムースジャズにとって最もイイ時代だったのかも?・・・・などと最もな発言が許される様に、まだまだ勉強が必要ですね(反省
To あっちゃんさん
あっちゃんさん、こんばんは。
ようこそお越しくださいました!

そうですね。この美しいソプラノサックスの響きを、
彼は私たちに遺してくれました。
そしてまた、多くのサクソフォニスト達が彼の志を
受け継ぎながら、今、活躍しています。

かく申すワタクシも、ジョージさんの志を受け継ぎ…
たいものですが、如何せん若干(かなり)才能の方が
足りないようなので、地道にサックスを楽しんで参ろう
と考えております。

…んで、来月のアタマくらいに、そのサックスの楽曲を
上げようと画策中。乞うご期待(?)
To kickさん
kickさん、いらっしゃいませ!
ようこそおいでくださいました♪

ハイ、それです。"ブラコン・フュージョン"。
彼のデビュー時はまさにそんなカンジでしたね。

同時期にブレイクした同じソプラノ使いのケニー・
Gさんとは好対照。私はどちらかと言うとジョージ派
でした。

kickさんの仰る通り、'90年代後半から、'00年代の
前半は、スムースジャズの最盛期だったのかも。イイ
時代だったのかもしれませんねぇ…。

…と、遠い目をしても詮無きこと。いや!私はまだ
諦めませんゼ。日本にスムースジャズが根付くまで。
絶対に…根付きそうもないけど…(苦)。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。