■BoneyFrog Blog■

 

 

♪DAVE KOZ / AT THE MOVIES♪

atm00.jpg

【名画と人と音楽と】
 
心に残る名画には、心に残るメロディーが溢れています。

『カサブランカ』、『ウエストサイドストーリー』、『トッツィー』、『アラジン』、『ニューシネマパラダイス』、『シンドラーのリスト』、『オズの魔法使い』。

メロディーが頭に浮かぶでしょ?浮かびません?  ハイ、浮かんだ方もそうでない方も、この一人のサクソフォニストと、彼の元に集まった多くの超豪華ゲスト達が作り上げた『名画の音世界』をご賞味あれ。DAVE KOZ さんの"At The Movies"。 2007年にドロップされた、名画と人と音楽が織りなす奇跡的なハーモニーが感動的な大作です。



↑ ど~ですか。このココロ揺さぶる美しいハーモニー!感動的でしょう?

コーズさんの叙情的なアルトサックスとデュエットするのは、言わずもがなのバリー・マニロウ氏。そして曲名は"Moon River"。沁みますねぇ。

この曲を聴いてオードリー・ヘプバーンの顔が浮かんだ方々は、おそらく60代以上の方でしょうか。松田聖子さんなら私と同じ40代。赤西仁くんの顔が浮かんだ世代なら、オードリーと言えばヘプバーンじゃなくて春日くんのイメージですかね。(『オードリーDVD』 出演オードリー春日・若林

で、この春日・・・じゃねえ、コーズさん。このアルバムでは、それまでのアルバムで顕著だった伊達っぷりの良い吹き方を封印し、オーケストラやボーカルとのバランスを重視した、叙情的でジェントルな演奏に終始しており、より『メロディーを聴かせる』という主旨が伝わってきますね。コーズさんの演奏者としての“深み”が伝わる名盤と言えるでしょう。

atm01.jpg

超豪華ゲストといえば、動画で共演しているバリー・マニロウさん以外に、アニタ・ベイカー、ヴァネッサ・ウィリアムス、ドナ・サマーらのボーカル陣。さらにさらにスムースジャズ組から、クリス・ボッティ、ピーター・ホワイト、ノーマン・ブラウンらが登場し、それぞれ大いに個性を発揮しています。

コーズさんの心温まるサキソフォンを聴きながら、名画の記憶と、往時を偲びつつ、人知れずホロリとしてもイイんじゃないでしょうか。春だから。


★★★
★★★★★★★★★★★★ 


DAVE KOZ
/ AT THE MOVIES(2007) 

01.OVER THE RAINBOW 
02.MOON RIVER
03.AS TIME GOES BY 
04.SOMEWHERE 
05.THE SHADOW OF YOUR SMILE 
06.THE PINK PANTHER 
07.THE WAY WE WERE 
08.THE SUMMER KNOWS 
09.IT MIGHT BE YOU 
10.CINEMA PARADISO SUIT
11.A WHOLE NEW WORLD 
12.SCHINDLER'S LIST 
13.IT MIGHT BE YOU
14.THE SHADOW OF YOUR SMILE 



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
そして私はオールウェイズ涙目。春だから。
ぶえーっくし!こんちくしょーい。
いつもの応援クリックよろッくしょーい!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
Moonと言ったらREBECCA・・・、違った.
Moon Riverといえば自分はヘップバーンっすね。松田聖子のムーンリバーって知らないっす。

とても声域が狭かったというヘップバーンのためにヘンリーマンシーニが1オクターブ内で収まる音域で作った・・と読んだ事があります。

いま弾いたらオクターブ+全音(9度)内に収まってる(と思う・・)。やるぅ~、マンシーニ。
私の永遠のアイドル・・・
オードリーヘップバーンは、映画のビデオ(DVDではな~い)は、ほぼ全て持ってますよ^^
前、ニューヨークに行った時、真っ先にティファニーに行きました。また、行きたい。ニューヨークは、刺激的な大好きな街の一つです♪

「ティファニーで朝食を」で、窓際でアコギ抱えて歌う場面が浮かぶ私は、松田聖子と全く同じ年齢です(--;)
まるさんが書いてるのは、ホントの話。
ヘンリーマンシー二も懐かしいなぁ。^^

で、いつものはじけた感じを、抑えたコーズ様。
ステキ過ぎる~~(^^)Y
マニローも懐かしいなぁ。変わらないね^^

私は、まだ若いんだぞぉーの、叫びクリックしましたぁ(笑)

To まるさん
まるさん、こんばんは。
ご来訪+コメントありがとうございます。

あ~…全音?9度?
そのテの話が出ると逃げ出したくなる私です。

まるさんはヘプバーンですか。
私は聖子ちゃんの(どう聴いても日本語にしか
聴こえない英語の)"Moon River"がイメージ。
そして『オードリー』と言えば若林くんです。
To あっちゃんさん
あっちゃんさん、いらっしゃいませ。
ご来訪いただきありがとうございます。

ヘプバーン派ですね。
私は、ヘプバーン主演の映画には縁遠いカンジ
でして、実は"Moon River"も、映画の主題歌
だと知ったのはほんの4・5年前だったりします。

記事の動画は、ご存じかもしれませんが、この
作品の後にリリースされたDVD同梱版の映像です。
コレが後で出ると知っていたら待ってたのに…
と、いったところです。無念。
このトラック大好き
あー、バリー・マニロウだ!私もこのトラック大好きです。マニロウ氏のライブでKoz氏もゲスト出演したそうですが。
やっぱりDave,you are so coolだなあ。←2007年のブルノのライブで思わず言ってしまった言葉です。「アリガトウ」って言ってくれたのは昨日のように覚えています。
To 五郎兵衛・風来坊さん
五郎兵衛さん、ドモドモ。
いらっしゃいませ!

イイですよねー。"Moon River"!
このアルバムで一番好きなトラックなんですよ。
優しくて切ないコーズさんのサックスが、ココロの
悪いものを取り去ってくれるようです。

昨年はピーボ・ブライソンを伴って来日しましたね。
もう、行く気満々だったのに、仕事が入ってしまって
泣く泣く諦めたんですよ~。今年こそは行きたいと
思っております!
偉大な作曲家♪
個人的にマンシーニ・ナンバーの中では「酒とバラの日々」「シャレード」と並ぶ好き♡な曲です。

このコズさん&バリーさんのヴァージョンも勝手に本家ヘップバーン、当方が大好きなサラ・ヴォーンのヴァージョンと共に「3大ムーンリバー」とさせて頂きまトゥ~ス! d(>_< )
To kickさん
kickさん、おばんです。
ようこそおいでくださいました!

"Moon River"、本当に数多くの名カバーが存在
してますよね。
また、マンシーニさんは、現在世界中で活躍する
音楽家に影響を与え続けているとのこと。
wikiによると、我が日本では、あの小田和正さんが
ミュージシャンを志すきっかけになった曲が、この
"Moon River"だったのだそうです。

聖子ちゃんのカバーはあらゆる意味でインパクトの
あるカバーですが、最近では渡辺美里さんや、平井
賢さんがカバーしているようですね。

コーズさんのカバーは・・・・・個人的にNo.1認定で
トゥ~ス!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 07 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.