■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪ANNEKEI / touch♪

tch00.jpg

【耳福のおねだん】

『耳に心地良い声』というのは、その人の大きな魅力のひとつです。

具体例を挙げるなら、たとえば男性では福山雅治さん。あの深みのある理知的なトーンは、クールビューティのお顔とあいまって女性のココロを鷲掴み。とある雑誌の『枕元で聴きたい男性の声ランキング』では、堂々の第1位を獲得しています。(ちなみにワースト1位は出川くん。成程。)

まァ、枕元に限らず、耳に心地良い声というのは、男性なら太めで低い頼り甲斐のありそうなテナーボイス、女性なら 高めで甘やかなソプラノボイスということになるんだそうな。羨ましいな福山くん。

ハイ、そんなワケで本日は、『耳に心地良い女性の声』のご紹介です。
デンマーク生まれ、ニューヨーク育ちの、アメリカ人シンガー・ソングライター、ANNEKEI(アンナケイ)ちゃんのアルバム"Touch"。前述の『高めで甘やかなソプラノボイス』が 世の男ゴコロを無慈悲に刺激する、歌モノ スムースジャズの快作です。いや、ホント、耳福ですよ耳福。



↑ ど~ですか。この歌このお声。耳に心地良いでしょう?男性諸氏。

♪ Everyday I want you more and more and more~ ♪

ですよ男性諸氏。カワイイじゃございませんか。こんなキュートなコからこんなキュートなお声で、「Do you love me…?」な~んつって囁かれちゃったら即答ですよ。「いえーす!あいどぅー!はうまっちはうまっち」
…はうまっちじゃねえよ、「はうラブリーゆーアー!」って言っちゃいます。

ちなみに、このキューティー・ヴォイスが世に出るキッカケとなったのは、やはりその声と歌に、“耳福”状態にされたある男性が存在したから。耳の良い皆様は上の楽曲を聴いてお気づきになったかもしれませんが、この曲でキーボードを弾くのはパトリース・ラッシェン。ベースを弾くのはメルヴィン・リー・デイヴィス。ドラム担当ウィル・ケネディ。ストリングスはジョン・ビーズリー・・・と来れば、どの男性がこのメンツを揃えたか、もうお判りでしょう。ハイ、その“耳福” 状態に陥った男性とは、かのリー・リトナーさん。2007年、東京ジャズ・フェスティバルでのアンナケイちゃんのパフォーマンスに驚嘆し、プロデュースを買って出たというワケなのです。

tch01.jpg

聴きどころは声だけではモチロンありません。自身のルーツとなっているクラシック、ジャズ、ポップス、R&B といった、バラエティに富んだ様々なジャンルの音楽を、“自身の音”として集約する能力。このアルバムの制作時点で、なんと150曲にも及ぶソングライティングを手掛けたという非凡な作曲能力。“愛”に対するピュアでポジティブな詩の世界。嗚呼はうまっち…

・・・・・・・・・・・・・・・・はうまっちじゃねえよ、プライスレスですプライスレス。
まだアンナケイちゃんの洗礼を受けていないそこの男性諸氏。ゼヒ耳元で彼女の『心地良い声』を聴いてみて。耳福のおねだんはプライスレス!


★★★★★★★★★★★★★★★


ANNEKEI
/ touch(2009)

01.AnnEmotion
02.Keep Playing
03.Melt
04.Days Like This
05.In Those Eyes
06.Song For Ida Marie
07.Garbage Blues
08.Suga Babe
09.Take A Stab
10.Chills
11.Touch
12.Inspired
13.I Can See
14.White Striped Bus




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
しかし自分の声は非福山系(出川系)、
枕元は苦手なワタクシに
いつもの応援クリックよろしうに。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
おお!AnneKei♫
自分も初めて彼女の歌声を聴いた時には久しく鳴りを潜めていた男としての本能が揺さぶられました(爆 (*´Д`) hshs ...

おまけに当方の大好きな金髪美女ですし♡

新たなレコーディングで忙しいかもしれませんが、完成披露を楽しみにしています^^
To kickさん
kickさん、おばんです。
いらっしゃいまし~♪

本能を揺さぶられましたか。
そうでしょう。そうでしょう。

スムースジャズの女性陣は皆美形ですからね。
ジョイス姐さんに、ガブリエラ姐さん、キャンディ
様に、ジェシーちゃん。そしてアンナケイちゃん!
kickさんの男が呼び覚まされるのもわかります。
嗚呼…金髪万歳ハウマッチ。

ちなみにレコーディングは…見事に滞っております。
オケのアレンジの段階で、ストリングスが上手く
乗せられないのです。うーむ。
月内になんとかしたいなァ…。
こんばんは、しばです。
Anne Keiさんはおととしの東京JAZZに行ったら、コンサート会場ではなくて、フロアの方で飛び込みライブをやっていて思わず聴き入ってしまいました。とても可愛らしかったですし、声も透明感がありました。
しかし、やせさんのコメントに出てきたJoyce Cooling, Gabriela Anders, Candy Dulfer, Jessy J全員の直筆サインを持ってるんですよね。勿論Kevyn Lettauさんも。男の本能全開かも。。。
To しばさん
しばさん、いらっしゃいませ。
ご来訪&コメントありがとうございます!

ケヴィンさん一筋だと思っていたら、そんなに
たくさん(笑)。いや、ムリも無いことです。

ジョイス姐さんのクールビューティ。
ガブリエアラ姐さんのエロっぽさ。
キャンディー様のドS加減。
ジェシーちゃんの健康的なセクシー。
それぞれ違った魅力がありますもんね。
もちろんケヴィンさんの知的な淑女っぷりも格別
ですし。

そしてアンナケイちゃんは、ぜひライブで観たい
アーティストの一人です。狙ってます最前列を。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。