■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪"Alfie"を吹いてみた♪

yamaha yas-62

音楽を愛する皆様、ようこそお越しくださいました。呼ばれなくてもやって来る、へっぽこアマチュア・ベ~シストのヤセガエルです。

これまで3回に渡ってお送りしてきた『目指せ!!ジャジ~なサックス!』コーナー(?)も、今回でついに完結。ご紹介してきたレジェールのリード、ロブナーのリガチャー、メイヤーのマウスピースを、我が愛器・YAMAHA YAS-62に装着し、バート・バカラックの名曲"Alfie"を演奏してみました。

アルトサックスを始めて1ヶ月(…経ってから3ヶ月間お休みしてw)、その後また1ヶ月間ベ~ベ~吹きまくった成果です。近所の皆様ごめんなさい。
元ネタは(デイヴ)コーズさんヴァージョンです。よろしければお聴きあれ。
(下の『P』ボタンを押すと曲が流れます。…が、たまに時間がかかったり)
※プレーヤーを変更しました!軽くなったかな?ご意見お待ちしてマス。  


再生ボタンを押して、最後の『ガコッ!!』までお聴きくださった皆様、誠にありがとうございます。念のために申し上げておきますが、この後、決してコーズさんの元ネタと比較なさらないでくだちい。私も、耳コピしたピアノをDAWソフトに打ち込んでから元ネタを聴いてません。聴くと萎えますから。萎えるとサックスやめたくなるもの。『現実逃避 ラグランTシャツM』

ちなみに↑の楽曲制作に使用した器材・ソフト等は以下の通りです。

----------------------------------------------------

"Alfie" Covered by BoneyFrog

・Alto saxophone - YAMAHA YAS-62
・saxophone Mouthpiece - Meyer Hard Rubber 5MM 
・saxophone Ligature - Rovner SS-1RL
・saxophone Reed - Légère STUDIO CUT 2 1/2

・Acoustic Piano - TASCAM CVPiano
・Electric Piano - GTG EP2008
・Synthesizer - IL Autogun

・Electric Bass - MTD Kingston Z5

・Drums - Toontrack EZdrummer
・Side Stick - Roland Cakewalk drop zone
・Kick - Roland Cakewalk D-PRO
 
・DAW Software - Cubase LE5
・Audio Interface - ALESIS io2 EXPRESS   

----------------------------------------------------

…と、いうワケで今回の楽曲はいかがだったでしょうか?
ジャジ~な感じになりましたかね?

しかし、改めて振り返ってみると、過去UPした楽曲は殆どがカヴァーで、オリジナル楽曲はたった2曲しかないコトに気付きました。次回は(も?)駄作覚悟でオリジナルで行きたいと思います。今後ともよろしうに。

★★★
★★★★★★★★★★★★ 

ご来訪ありがとうございました!
ココまでお読みいただいたありがたい皆様、
最後に下のボタンをクリックしていただくと、
管理人だけがたいそうハッピーになります。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
聴いた聴いた
がこっ?が聴こえなくてエンディングだけ3回ぐらい聴きました。あ、そこじゃないって?
はい、ちゃんと通して聴きました。とてもベーシストさんが吹いてるとは思えないっす。
オリジナルも期待してます~。

ちなみにサックはどこで演奏&録音されているのでしょう?スタジオ?カラオケBOX?自宅?
To まるさん
まるさん、いらっしゃいませ。
早速のレスポンスありがとうございます!

ハイ。演奏&録音は、防音設備も何も無い自宅で
行っております。ご近所の皆様ごめんなさい。
出来ることなら、某音楽録音系マガジンに出てくる
ようなプライベート・スタジオを持ちたいのですが、
そんなe-233はどこにもないのでごめんなさいです。

で、次回はオリジナルを発表するぞ!というコトで
ガンバリます。以前の、クイズの正解者特典も入る
予定ですので期待せず楽しみにしていてくださいw
So sweeeeeet!
To rinaさん
rinaさん、こんばんは。
ようこそお越しくださいました!

今回も励みになるコメントをいただきまして、誠に
感無量でございます。ありがとうございます。(T∀T)

次回はオリジナルに挑戦の予定ですので、またゼヒ
お越しいただきたいと希望しております。
今後とも宜しくお願いしますね!
音が出ません。聞こえません。
待てど暮らせど働きません。


ナンデヤロ???

あひる
To あひるさん
あひる先輩、いらっしゃいませ!

どうも申し訳ございませんでした。
プレーヤー置き換えてみましたので、再度トライ
してみてくださいませ。これでダメならまた別の
プレーヤーを探してみます。

誠に相すみません。e-466
プレイヤーが変わってようやく再生できました。
冒頭で音質が悪く、クレジットの割には
サックスとピアノしか聞こえてこないなぁと
思ったらブワァーっと。いやいや。
このLo-Fiなイントロは演出と、唸りました。
クリスマス企画アルバムに収録されていても
おかしくないメロウな雰囲気、どこに
謙遜される隙があるのかと。
今回も各楽器の配置ポジション、空気感共に
THEスムースジャズでした。ありがとうございます。
To ょんさん
ょんさん、いらっしゃいませ。
ご来訪&コメントいただきまして誠にありがとう
ございます!

…やはり、以前のプレーヤーはダメダメだったよう
ですね。今度は大丈夫みたいで良かった良かった。

それにしても、毎度ょんさんは、私が意図した部分を
しっかり汲み取っておられて、有難いやら嬉しいやら。
今回はその『ブワァー』の辺りが最も気を使った部分
なのです。ありがとうございます。

次回はオリジナル曲に挑戦します・・・・・・・・が、
現在は全く『ゼロ』の状態でして、果たしてどうなる
事やら。気長にお待ちになっててくださいね。
やっと聞くことが出来ました!
わたしの為に(違うと思うに~)プレーヤーの変更までしていただいてありがとうございます。

でも、信じられません。
実は私も20年ほど前、アルトの練習をしたことがあるんです。
楽器は今でも実家にあります。
でも、その時は口というかほっぺたの辺りがすぐに痛くなって(筋肉痛のような)2~3ヵ月ほどで挫折しました。
それが何ヶ月という単位の短時間でここまで出来るようになると言うことがほんとに信じられません!!
ヤセさん凄いです。
もう一度
凄いです!

あひる
To あひるさん
あひる先輩、いらっしゃいませ!
再度のお運び誠に恐縮ですe-466

以前から頭を悩ませておりました重いプレーヤーを、
ようやく少しだけ改善することができました。
ご不便をおかけして誠に相すみませんでした。

あひる先輩はサックスも経験がおありだったのですね。
確かに頬の筋肉が痛~くなります。日常生活では使用
しない筋肉らしく、サックスを吹くことでしか鍛えら
れないらしいです。私も最初のうちは15分程度で力が
入らなくなり、痛みと脱力で演奏不能になりましたよ。
今は2時間くらいはe-461です。

次回はあひる先輩のようにオリジナルを発表しようと
画策中です。サックスも入れようなかな?(ホメられて
調子に乗っているw)
次回もよろしくお願い申し上げます!
拝聴いたしました。
売ってるレコード聞いてるみたいです。

なんか自分がやってること(宅録)が恥ずかしくなるッス(泣笑)

To Jちくりんさん
Jちくりんさん、コンバンハ!
ようこそお越しくださいました♪

ああ…嬉しや。お褒めいただき有頂天でございます。
ありがとうございます!

・・・んが、私のこさえた曲は、何回も何回も何回も
何回も(さらに×100回以上続く回数)のやり直し録音
を経て作られたものでございますので、リアルタイム
録音でバシッ!とお作りになるJちくりんさんの楽曲
には及びません。通しで毎回このレベルで吹けるワケ
ではないので、そこの所ご承知おきくださいね。

次回は他の方々へのコメントにもあるように、自作曲
を制作しようと画策中です。首尾よくUPできたあかつき
には、またコメントくださいませ!
はぁ...(溜息
只々素晴らしいの一言に尽きます (。◕ˇ‿ˇ◕。)

自分が以前Upしたgdgdギター演奏と同じ曲とは思えず・・・将に「雲泥の差」とはコノ事を言うのでしょう!

せめて当方がヤセさんの足元に及ぶ位のDTM音源を作れる様になるには一体どれくらいの修行が必要になるのでしょうか?(遠い目 (◞‸◟)
To kickさん
kickさん、いらっしゃいませ♪
楽しんでいただけたようで何よりです。
ありがとうございます!

音源制作。そうですねぇ、kickさんは元々ギターが
お出来になるし、一度CUBASEの操作に慣れて
しまえば、それ程時間はかからないと思いますよ。

打ち込みは基本的にマス目をクリックするだけ。
生楽器も(大きな声では言えませんがw)よほど
お粗末な演奏でない限り修正出来たり、コピペも
出来たりしますんで。やはり『慣れ』ですかね。

共作楽しみにしてますよ~♪( ̄ー ̄)†キラーン
こんにちは。

いやいやいやとんでもない。
むかし4trカセットMTRを使ってた頃は一発録りでしたけど今ではパンチイン/アウトの固まりです。
細かいパーツをくっつけて、音楽と言うよりプラモデルを作っているようです(笑)
To Jちくりんさん
Jちくりんさん、どもども。
いらっしゃいませ!

『パンチイン/アウト』という用語を知らなかったので
調べました(汗)。なるほどプラモデルw

私の場合は、プラモデルよりもさらにパーツの多い、
デアゴス●ーニ30巻分×5セットくらいのブツ切り状態
かもしれません(わかりにくい?)。

一流のプロの方々は、ダイレクト・カッティングとか、
初見の譜面を数テイクでレコーディングしちゃうとか、
もう有り得ない世界ですよね。絶対に真似できません。

ちなみに次作では、久々にBX-1を弾きまくるかも。
UPしたら、またご感想をいただければ幸いです。
ムハー☆
ヤセガエルはーん
魚!魚!
そだ、そだ、ヤセガエルはん
サックスお披露目してはったんだった・・
んで、その後、すげぇー!
聴いたで!
Alfieの曲、これ、すきなんだよねー。
ついつい、懐かしい田村正和と宮沢りえの
ドラマ、思いだひちゃう私なんだけど、、
バネッサが歌う曲、聴いてたな。
sax吹ける裏山だぁわ。
カッコイイじゃーん。
ちょっと、ちょっと、過去記事見ちゃうわ、、
えらいことになってるのね。
To JJさん
JJサマ、おひさです。
ようこそおいでくださいました♪

むむむ?正和さんとりえさんのドラマ??
何でしたっけ?建築家のヤツかなぁ?

ちなみにオイラの駄カヴァーは、コーズさんバー
ジョンが原曲で、音場の空気感はヴァネッサさん
バージョンを参考にしていたりします。

サックスを、いつも、UPしたように吹けるのならば
それは“カッコイイ”でしょう。たぶん。
しかし現実は、吹いては失敗しーの、録っては落胆
しーので、何度も何度も録り直して出来上がった
のがこの音源なので、全然カッコイクないのです。

過去記事もどうぞご笑納くださいまし。自作音源
だけお聴きになるなら、最新エントリーでまとめて
おりますのでゼヒどうぞ。またコメいただければ
幸いにて。e-250


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。