■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

●2014 FIFAワールドカップ ブラジル・アジア最終予選~日本VSオマーン~●

000_20120605190610.jpg

日本代表を愛する全国1億2千万のサポーターの皆様、コンバンハ!!
ついにブラジルを目指す熱い戦いが再開されましたね!おひさしぶりの押しかけゲーム・レビュアー、ヤセガエルでございます!

ハイ、確かにね、代表サッカーに関しては断筆宣言いたしましたですよ。南ア大会の予選では、自らのサッカー観の底の浅さ、見る目の無さを、否が応にも思い知らされましたからね。もう語るまい、と。ハイ。

しかしです。書かないワケにはいかないでしょう!3日のオマーン戦!
私が応援するあの方が、あれだけド派手に活躍したんですから。しかもツッコミどころ満載の“持ち味”を発揮しつつです。つまりその方・・・・・・・・

001_20120605193611.jpg

イタリア・セリエA、インテル・ミラノのサムライDF、長友佑都・・・ではなく、

002.jpg

つい先程、ドイツのドルトムントから、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が確実となった香川真司・・・ではなく、

003.jpg

久々の代表復帰と、ワケのわからんナンバーぶん取り事件がトピックとなった、我が日本のエースで4番、本田△・・・・・・・・・・・・・・・・でもなく、

004.jpg

サッカー日本代表史上最も美しいキャプテン、長谷部誠サマ…でもない、

005.jpg

そう、この方!!日本代表史上4位の得点数を誇る・・・・ハズなのに、ゼンゼンそういうカンジのしない(笑)、ソフト●ンクのお父さん犬・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ではない、岡崎慎司!

ヤホーで検索をかけると、関連ワードに「嫁」とか、「髪」などといったサッカーとは無関係な語句が付いてくるオカザキシンジ君です。

思えば5年前、北京オリンピックのサッカー日本代表として活躍・・・・・・・したと言えば活躍したかもしれない彼を知って以来、そのひたむき洗練されないプレーに、代表へのラブを掻き立てられて来た私です。そのオカザキシンジ君が、その持ち味をイヤという程発揮し、見せ場を作りまくったこのゲームをレビューしないワケには参りません。・・・・・と、いうコトで。ホーム3連戦の第一戦、対オマーン戦を見て参りましょう。

-------------------------------------------------

そう、オマーン。前回大会の予選でも、我が日本代表を苦しめた難敵。過去の対戦成績はさておき、中東勢特有のフィジカルの強さを生かしたパワープレイには注意が必要な相手です。
はるばる海を渡って日本に乗り込んできたワケですから、おそらくは準備万端・気合十分に違いない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と、思ったら、

 






007.jpg

試合開始直前の、最も厳粛な瞬間であるハズの国家吹奏の真最中に、どいつもコイツもニヤニヤと笑顔爆発。吹奏の途中で「もう終わった」とカン違いする選手達や、音程がオマーン方向へスッ飛んだ音痴なヤツ、「ああ、コレがオマーンの国歌か」といった風情の他人事のような表情をカメラの前で晒す選手もメニー・ソーマッチ。「帰化したのは先月かい?」と小一時間説教したくなるヒドイ脱力加減です。

008.jpg

止まらない談笑。画面右上に貼り付けられた『運命の決戦』の文字が空々しく感じるオマーン代表の面々。 こんな緊張感の無い連中に遅れを取ったら、それこそ歴代の日本代表への背信行為。負けは許されません。

006.jpg

・・・・・・どこかで見たコトのある顔だと思ったら、前回の予選で嘉人のキン●マを攻撃して、その嘉人へレッドカードをプレゼントしてくれたアルハブシ君じゃないか。今度キ●タマを攻撃したら国外退去命令だぞ。

---------------------------------------------------------

さて、そして『運命の決戦(苦笑)』がキックオフ。

前回大会においてあれほど手こずったオマーン代表に、我が日本代表、開始直後から横綱相撲。どっちが中東勢だか判らない縦ポンのパスや、強引なサッカーでオマーンのディフェンスを翻弄します。

モチロン我らが誇るエースストライカー、オカザキシンジ君も、相手ディフェンスの裏を常に窺いながら積極果敢に攻撃参加。この調子なら早々にゴールが生まれるかも?と思っていたまさに前半の11分。

009.jpg

左サイドを切り込んだ佑都から、絶妙のクロスがファーの本田△へ。

010.jpg

「ウイイレでもこんなにキレイにはいかねーだろ」的な美しいボレーを、オマーンのGK・アルハブシ君が目撃した時にはボールはネットへ一直線。

011.jpg

GOOOOOOOOAL !!!!! 

日本先制!1-0! 

012.jpg

どーですか、このゴールパフォーマンス!

「エースストライカーが4番(DFの番号)でもイイだろ?」

という、試合前のコメントを聞いて、「本田△が“ストライカー”??」と疑問を抱いた多くのファンを強引に納得させるジビレるパフォーマンスです。

“エースストライカー”の称号を奪われる危険を感じたのか感じないのか、我らのオカザキシンジ君も歓喜の輪の中へイチモクサン!ハフハフ

013.jpg

014.jpg

「ハフハフハフハフ♪

拡大図。(今後、オカザキシンジ君には『』マークが表示されます)

--------------------------------------------------------------- 

さて、1点を奪い、やや引き気味になった日本に対して、オマーンも1点を取りに来るかと思いきや、試合はパスとパスとが交錯する膠着状態へ。我らがオカザキシンジ君は、相手DFを引き付けたり、プレッシャーを掛けたりしながら突破のチャンスを虎視眈々と狙います。

応援団席 放送席から戦況を窺うセル爺・松太郎さんらが、「守りに入るのではなく、もう1点を取りに行って欲しいですね」と世間話 解説に熱の入り始めた前半の27分、それまで前線で独楽みたいに回り続けていた我らがオカザキシンジが、ボールを受けて無人の右サイドを爆進!相手ゴール前には前田鉄仮面! 勝負か!? それとも中央へ返すのか!? という、久々のwktkタイムが訪れます。  エースストライカーなら勝負を!という、熱い思いの日本サポーターの前でオカザキシンジ君が選択したのは…。

015.jpg

「ガフガフガフッ(センタリング)!

・・・しかし!

016.jpg

ああああ~~・・・まァ、角度が足りなかったからね。仕方ない。

しかしながら、何となくこの辺りで、我らがオカザキシンジ君の“らしさ”が、良くない気圧の配置を作り始めます。すなわち、『動けど奪えず』。献身的になればなるほどゴールが遠のく典型的なオカザキ・モード(?)
こういうコトを繰り返していると、肝心な時にゴール前での仕事に支障が出るんじゃねーかな、的な危惧が芽生え始めた前半30分の大チャンス。

017.jpg

左サイドを完全に制圧していた佑都が、またしても敵陣を突破!!そして中央へ猛然と走り込んできたのは我らがオカザキシンジ!

018.jpg

佑都の左足から弧を描いた放物線は、パーフェクトなスピードと角度で我らがオカザキシンジ君の頭部へヒットし(黄色の実線)、 凍りつく相手DFの間をすり抜けてゴールネットへ(黄色の点線へ)と一直線に!! 








019.jpg


いっちょくせ・・・( ゜д゜) 



020.jpg

「キュルキュルキュル~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「(岡崎にとって)最も得意な角度。得意なパターンだったんだけどねー」

と、悔しがる松太郎さんの横で、セル爺の一言。

「誰かと競ってたら入ったのに(どフリーだと外す)」

…実はそれこそが我らがオカザキシンジ君の真骨頂。今思い起こしてみても、大事なゲームで彼が決めたゴールの多くは、gdgdでbtbtなスクランブル状況で強引に決めた泥臭いもの。ココで鮮やかに決めるような選手だったら、オイラもファンにはならないんだけどね。

----------------------------------------------------------------

ハイ、しかしながらこの日。我らがオカザキシンジ君には、鮮やかなる(彼にとっては不運な)ゴールチャンスが続きます。

021.jpg

前半35分。敵陣のスペースでボールを受けた長谷部サマが、オフサイドラインのギリギリの位置で機を窺う我らがオカザキシンジ君を発見!!

022.jpg

敵DFを嘲笑うかのような見事なスルーパス(黄色の実線)がオカザキ君の足元へ。体制もタイミングも絶妙バーガー!あとは合わせてゴールへ流し込むだけ(黄色の点線)!!行け!!我らのオカザキシンジッ!! 







023.jpg


!!!!!! (;゜д゜) !!!!!! 


024.jpg

「なんかボク…ヤバくない?ヤバくない…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

♪げっと・ごーる  げっと・ごーる 

おーかざーき  げっと・ごーる 

げっと・ごーる  げっと・ごーる 

おーかざーき ゲッと・ごーる ♪ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日最多動員記録を更新した埼玉スタジアムの大観衆から沸き起こるオカザキ君の応援歌。通常これが流れるのは、我らがオカザキシンジ君がドッカンドッカンとゴールを決めている時か、それとは真逆の「テメーは何やってやがんだ」的なプレーを連発している時。この日二度目の残念プレーを披露した彼へ送られた応援歌が そのどちらを象徴するのかは、彼が一番理解しているのです。観衆は6万人だぜ? まぢヤバくない?

------------------------------------------------------

さらにこの日のオカザキシンジ君、魅入られたようにチャンス(ピンチ)に見舞われてしまいます。 

二度目の残念プレーに慈悲深い応援歌が湧き上がったわずか2分後、再びオマーン陣内でボールを収めた長谷部サマが、振り上げた右足の先に見出したのはまたしても我らがオカザキシンジ!!今度こそっ!!

025.jpg

026.jpg

027.jpg

長谷部サマのパスが、またしても美しい弾道を描きながら(黄色の実線)行き着いた先は、「これ以上は無い!」という絶好の位置に待ち構えて我らがオカザキシンジ君のヘッド!そしてボールは相手ゴールへ(点線)

028.jpg


ついに光プレー炸裂ッ!キラーン!








029.jpg


光返し!?((((;゜д゜) !!!!


030.jpg

031.jpg

「どうしよ~どうしよ~…ヤバイよヤバイよ… 

--------------------------------------------------------------------

さらに「これでもか!」と前半終了間際の43分。

032.jpg

033.jpg







034.jpg


なぜダフる!?(;゜д゜) ?


どフリーなのに。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当然、ダフッたボールは力なく転々・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

♪ げっと・ごーる げっと・ごーる 
おーかざーき  げっと・ごーる 
げっと・ごーる げっと・ごーる 
おーかざーき ゲッと・ごーる
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

オマーンのDFも競れやヴォケ! 

----------------------------------------

そんなこんなで前半が終了。再三のチャンスを外しまくったオカザキ君の心中いかばかりか、想像するだに恐怖を覚えます。

さらに後半開始直後、オカザキシンジ君の好敵手である前田鉄仮面が値千金の追加点を挙げスコアは2-0。“エースストライカー”の称号は本田△か、前田鉄仮面へ奪われるかに思われた後半の8分!ついにその時(ゴール前がグチャグチャの場面)が訪れたのです!!

037.jpg

2点目のゴールを奪って波に乗る前田鉄仮面が、右サイドから果敢にアタック。慌ててゴール前に詰めるオマーンのDF陣と、日本の攻撃陣がオマーンのゴール前へ密集しようとしています。

3点目を奪おうと強引にドリブル突破を仕掛ける前田鉄仮面。相手DFを華麗にかわしてシュートを打つ体制に入った時、ゴール前は、サスガのオカザキシンジ君でも仕事が困難な程の大混戦。 そうでなくとも、情け容赦無い『ゲッと・ごーる音頭』に背中を押されていた彼ですから、肉球だって思わず萎縮してしまいます。しかし鉄仮面、シューーーート!!

038.jpg

左足で放たれたシュートは、相手DFの足に遮られてハネ返り・・・・・・・・。

039.jpg

ゴールキーパーの、“キンタ●ブレイカー”アルハブシの前にコロコロと。

そして、そこへメチャクチャ無理な態勢で飛び込んできたのは、我らがエースストライカー、オカザキシンジ君!!

040.jpg

あり得ない態勢から繰り出されたシュートは、キンタマ・ブレイカーのGK、アルハブシがハネ返し、いよいよグチャグチャとなったゴール前は、一転してオカザキシンジ君の絶好の仕事場に変貌!ハネ返されたボールにすかさず向かっていったのは我らがオカザキシンジ君ただ一人ッ!!!

041.jpg

042.jpg


「バウッ!!


043.jpg

GOOOOOOOOAL !!!!! 

3-0!

047.jpg

「アヲヲヲ~~~ン!!

044.jpg

「よかったな~オカぁ」
「うれしい!うれしい!」
「ナイス!オカ!」
「うれしい!うれしい!」

045.jpg

「あだだ!うれしいよー!」

046.jpg


「助かったー助かったー♪」


-----------------------------------------------------------

またしても我らがオカザキシンジ君、一番過酷な状況で、最も難易度の高いゴールを見事に決めてくれました。
ゲームはその後も 3-0 のまま終了し、日本代表の最終予選は順調なスタートを切ったと言えるでしょう。

次は8日のヨルダン戦です。決して簡単な相手ではありません。スタジアムから、テレビの前から、彼らの戦いを後押ししようではありませんか!

とりあえずオカザキシンジ君!初戦のゴール、おめでとう!次も期待しているからね!!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
サッカー記事の再開を祝ってくださる皆様、
ご祝辞は以下にて承っております。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表    ジャンル : スポーツ

 

 



Comments
本田選手のゴール、きれいでした!
ゴールのあと、国旗にキスしようとしてどちらの胸に付いていたか確認していたのが印象的でした。

きっと何度も何度も繰り返して映るんだろうなぁ・・・。

あひる
To あひるさん
あひる先輩、いらっしゃいませ!
ようこそお越しくださいました!

ホント、美しいゴールでしたねぇ。
あんなスゴイものを見せられると、『決定力不足』
とか言われていた時代がウソのように思えます。

その後の前田鉄仮面も、オカザキシンジ君も、非常に
“らしい”ゴールを決めてくれましたね。久々に
テレビの前で絶叫しちゃいました。

明日の相手、ヨルダンは、直近の対戦ではイヤ~な
印象を持たせられたチームですが、我が日本はホーム
ですからね。快勝してくれると信じています。

GO!ニッポン!!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。