■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪HIRAM BULLOCK / WAY KOOL♪

wk00.jpg

【蘇れ!ストラト魂!】  

もういくつ寝ると9月11日がやって来ます。

『9月11日』…と聞くと、あの事件以降、どうしてもアレを想起してしまうワケですが、 音楽ファン、とりわけジャズ、フュージョン、スムース・ジャズのファンの皆さんには、その日、この方を思い出していただきたいのです。

ギターリスト、HIRAM BULLOCK(ハイラム・ブロック)

ジャズ、フュージョン、ロック、ブルースと、ジャンルの垣根を飛び越えて、デイヴィッド・サンボーン、ボブ・ジェームス、マーカス・ミラー、スティング、ポール・サイモンといった、名立たるビッグアーティストのレコーディングにおいて、 ファンクネス溢れるストラト・サウンドを刻み付けた大阪生まれのアメリカ人。 その彼が生まれた日が、今から57年前の9月11日なのです。

非常に残念な事に、彼はもう、自身で新作を発表することはありません。
ステージに立つことも、齢を重ねることもありません。彼が『永遠の人』となってしまった2008年から先は。

しかし、彼の遺した数々の作品・演奏もまた永遠。唯一無二と言われたその エモーショナルなギタープレイは今なお輝き続けているのです。



いかがですか?この美しいメロディと甘いトーン。耳に残るでしょう?
(『画質変更』で480Pを選択すると音質がUPします)。

彼の持つギターは、フェンダー・ストラトキャスター改。ミドル・ピックアップの繊細なトーンと、暖色が強調されるハムバッカーに換装された前後のピックアップが織りなす独特のサウンドは、アルバム発表年から20年を経た現在でもオンリーワン。wiki によると、このギターのカスタマイズは彼自身によるものではなく、中古で入手した当初からの仕様だったとの事なのですが、ストラトの美味しい部分を残し、かつ、腰の太いサウンドを装備させた、 『ストラトならでは』の クールなモディファイだったと言えるでしょう(チャック・ローブさんのメインギターも同じレイアウトですね)。

ブロック氏のサウンドと言えば、ロック・スピリット横溢なディストーション・サウンドと、の楽曲のような分厚く温かいクリアトーン。ストラトがやや廃れ気味の昨今、その存在意義を再評価させるだけのパワーを持った素晴らしい“音”ではないでしょうか。

本日取り上げた楽曲が収録されたアルバムは、そのストラトキャスターの醍醐味を存分に堪能できる佳作・快作揃い。ロックマインドが、強烈な8ビート上で踊るDa Alley、 パーカッシヴなカッティングが心地よいWay Kool、 ブロック氏のもう一つの売りであるヴォーカルとインパクトあるギターソロが最高にCool なAnother Night、『もォ絶対ストラトにしか出せない』というハーフトーンが脳内の受容体を刺激する10 to 11といった、ギターリストでなくとも思わず聴き惚れる珠玉の楽曲群が、ズラリとトラッキングされています。

wk01.jpg

さて、かたやそのストラトキャスターの現状について。

正直、これはもうかなり寂しいですかね。

今、ロック界では、多くのギターリスト達はレスポールやPRS等のオリジナル・ギターを使用しており、ジャズ・フュージョン界においては、王道とも言うべきホロウ・ボディのギターがスタンダードとなっています。派生モデルを併せてもストラト勢は明らかにマイノリティー。そこで私はあえて声を大にして叫びますよ。「甦れ!ストラト魂!」と(好きなもんで)。


★★★★★★★★★★★★★★★

HIRAM BULLOCK 

/ WAY KOOL(1992)

01.DA ALLEY
02.SHUT UP
03.SHOW ME
04.WAY KOOL
05.NEVER GIVE UP
06.I NO U
07.WOLFMAN
08.ANOTHER NIGHT
09.10 TO 11
10.DEAR PRUDENCE 




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
というワケでブロック氏とストラトファンの皆様
最後にいつもの応援クリックぷり~ず。

↓↓↓↓↓↓↓
                
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
はじめまして、すぴんと言います。
僕は24丁目バンド時代からのファンです。あの音色と時にクールに時に熱いギターは最高ですね!
確かにストラト使いの人は少ないかも。テレキャスは結構使われてますけど。
9月11日はハイラム・ブロックさんの誕生日でしたか。
それでは、今年は彼の曲を聴いてその日を迎えたいと思います。
To すぴんさん
すぴんさん、はじめまして。
拙■BoneyFrog Blog■へご来訪・コメントいただき
まして誠にありがとうございます!

24丁目バンド以来と言うと、『筋金入り』のファンという
認識でよろしいでしょうか。私はもっとずーっと後になって
からのファンですので、すぴんさんは大先輩ですね。

このアルバム、話によると、ブロックさん自身は「自分の
方向性とは違う」と感じていたようですけど、すぴんさんが
仰るところの、『時にクールで時に熱い』ギタープレイが
冴える快作だと思います。

すぴんさんもブログをお持ちのようですので、後ほどおジャマ
させていただきますね!


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 06 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。