■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / FESTIVAL♪

fstvl00.jpg

【エキゾチックなアコギの名作!】

2012年も残り一か月あまり。寒さも厳しくなってまいりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。『朝起きた時に寒くないように』と、エアコンのおはようタイマーをセットして寝たはずが、間違って“冷房”で設定したために極寒の朝を迎えたヤセですご機嫌よう。
酒屋うっかり八兵衛

いや、ホント、もう冬が始まりますね。
街中には冴え冴えとしたイルミネーションやツリーが飾られ、ショッピングモールではクリスマスソングがエンドレスで流される時季です。キラキラです。そして冷え冷えです。
そんなワケで本日は、この時期にピッタリのキラキラ冷え冷えのアルバム・・・・ではなく、あえて真逆の、ホットでエキゾチックな作品をご紹介(だってさー、寒いの苦手っすから)。
ギターリスト、LEE RITENOUR(リー・リトナー)さんが、N.Y.とL.A.、さらにブラジルのミュージッシャンを招集して創り上げたアコースティックギターの名作、"Festival"です。



いかがですか?このカロリー豊富なサウンド!熱くなるでしょう?

お聴きいただいているのは、トラック②の"Latin Lovers"。ブラジルのシンガー、ジョアン・ボスコの情熱的なヴォーカルと、リーさんのガットギターが紡ぎ出す端正なトーンが交錯する佳曲です。男と男の激しくも熱いテクニックの応酬です。それは美しい絡み合いです。(バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)

お気づきの方はお気づきだとは思いますが、この曲、無駄な部分が何一つありません。
楽器の構成、フレーズ、アレンジ、エフェクトも含めた全てのファクターをストイックなまでに単純化し、ジョアンさんのヴォーカルとリーさんのギターへ集約させています。必要なものを全て揃え、無駄なものを全て削ぎ落とした見事な楽曲です。『洗練されたサウンド』とは、まさにこのようなサウンドを指すのではないでしょうか。

また、この『洗練されたサウンド』は、上の楽曲に限らずアルバム全ての楽曲に共通しており、リーさんのサウンドプロデュース能力の非凡さを物語ると共に、同氏がアルバム"RIO"以来追求してきたJAZZとLATINの親和的融合を達成した完成形を示したと言えるでしょう。

fstvl01.jpg 

マーカス・ミラーの筋肉質なスラップ・ベースがメロディ・パートの美しさを強調するNight Rhythms、イヴァン・リンスのペンによるHumana、ヤマハのガットギターとタカミネのアコギ・シンセサイザーを駆使して語られるWaiting For You、ジョアンと同じブラジルのスターであるカエターノ・ヴェローソが奇跡の美声でリスナーを魅了するLindaなどが、私・ヤセのレコメンド・トラックです。

時は今、冬の入口・・・ではありますが、「すでにクリスマスソングは聞き飽きた」という方は、一気に季節を反転できる極上のエキゾチック・アルバム、"Festival"をゼヒどうぞ。

★★★★★★★★★★★★★★★

LEE RITENOUR
/ FESTIVAL(1988)

01.NIGHT RHYTHMS
02.LATIN LOVERS
03.HUMANA
04.RIO SOL
05.WAITING FOR YOU
06.ODILE, ODILA
07.LINDA
08.NEW YORK / BRAZIL
09.THE INNER LOOK




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「ナゼに今ラテン??」とか言わないで訊かないで。
最後にクリックしてくれるとブログ主が一方的にウレシイです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
お久しぶりです♪
80年代後半に世に出された本作品。
リーさんの、そしてフュージョンの大傑作だと思います。
どの楽曲も完成度が高く、
リーさんのナイロン弦の美しさも際立ってます♪
この時期は、いわゆるブラジル路線全快の頃でしたね。
次作の「カラーリット」も、間違いなく傑作です。

そう言えば、リーさんの新作、まだゲットしてなかったなぁ~(^^;
To クワガッタンさん
クワガッタンさん、いらっしゃいませ!
お待ちしておりました♪

私も“大傑作”であると認識しております。
アルバム、"Portrait"から"Color Rit"までのブラジル路線は、
本当に聴きまくりましたね。この頃のリーさんのギターは、とても
歌っていて大好きです。

実は私も最新作は入手していないんですよ。お金の問題ではなく、
好みの問題で。期待していたものと違う気がしてまして…。
クチコミでは高評価のようですけど迷っております。。。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。