■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪Ashtonに首ったけ♪

sng00.jpg

音楽と楽器を愛する皆々様、ご機嫌いかがお過ごしでしょうか。呼ばれなくてもやって来る、押し掛けミュージック・ブロガ~のヤセガエルでございます。

冒頭の画像をご覧になって、「この季節外れの浮かれ具合は何ぞ?」とお思いになった方。貴兄が楽器を嗜む御仁であれば、ツッコミを入れるより、とっととイ●バシ楽器店へ足を運んでいただき、そのブランドの実力と、類稀なネタ系のノリをご確認いただきたく存じます。

本日のBGMは、MICHAEL ROSSさんのスムースなギター・チューンでGO!



さて、そのブランドとは、赤道を隔てたアチラ側の国・オーストラリアの楽器メーカー『Ashton』社。冒頭の画像はそのAshton社の商品カタログなのですが、冬の真っ只中にある日本を尻目に、かの国は夏真っ盛りというワケで、表紙にビーチが出ていようが、腕毛がボーボボだろうが、スネ毛が巻き毛だろうがイッツ・オールライト。「ヘタに楽器に手を出すと、逆に女子にモテなくなるぞ!!」というベテランの意見は飲み込んで、そのカタログのネタ系ぶりをチェックしてまいりましょう。

sng01.jpg

トップページを飾るプロダクツはアコースティックギターです。

スプルース・トップに、マホガニー・バック&サイドと、至極標準的な仕様ながら、その中心価格帯は300ドル程度。日本円なら3万円を下回る、いわゆる“激安ギター”となっているところが注目点ですね。『ビーチオンリーでは他の男子に勝ち目が無い』と、密かに悩んでいる男子が、モテ道具のサブアイテムとして手を出すには絶好の価格帯と言えるでしょう。

sng02.jpg

「そしてカノジョが出来ました」…みたいな図。ギターを買って良かったですね。助手席の彼女が、彼氏ではなく明後日の方向を向いているのが気掛かりですが、まさか他の男子を見ているワケではないと思われるのでヨシとしましょうか。
……あ。念のために申しましょう。冒頭からの画像3枚はいずれも商品カタログの画像です。主役は楽器ですので、そこのところカン違いなさらぬよう。少年誌の裏表紙とかに掲載されていた、『身に着けると幸せを呼ぶホーリーナイフ』とか『必ず恋人ができる奇跡のロケット』みたいなモノではありません。楽器のカタログです。

sng03.jpg

何と申しましょうか、『我が世の春』というか、ほぼ無敵の状態です。
そしてクドく申し上げますが楽器カタログの写真です。

3万円弱のアコギでこれだけモテてしまったら、ほぼ無毛の状態を維持しようと必死でエステに通う男子が不憫でなりません。そして付け加えるならば、日光の照りつけるビーチにギターを放置するとはなんというバチ当たりな。“幸せのギター”が“呪いのギター”に変貌するぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・



・・・と、思っていたら・・・。





sng04.jpg


「・・・フラレチャッタ。マイガー」



・・・・・・



てか、こんな不景気ヅラの写真載せてどうする。こんなんでギター売れんのか。



・・・・・・



そして時は移ろい、『幸せのアコギ』を手放した青年が救いを求めたのが、商品カタログの21ページに紹介されているエレクトリックギター。

sng05.jpg

・・・ウ~ム。

どこからどのように見ても、F社のスト●ト、テ●キャス。G社のSG・LPですw

いや、それはともかく、ビーチでカノジョを肩車していた頃の輝きはどこへやら。画像に写る青年の、世をすねた感じが痛々しく思えるのは私だけでしょうか。今からでもエステに通ったほうがモテる早道だと思うぞマイガー。

sng06.jpg

しかしながらこのAshton社。ギターだけでなく、ペダル(エフェクター)まで製造しているあたり侮りがたいですね。我が日本のメーカーで挙げるならば、そのラインナップの豊富さはアイバニーズ社に迫るものがあります。

ただ、細かいことを言わせてもらうと、画像右上の写真のように、チューナーを各ペダルの後に接続するのは禁じ手かと思われます。おそらく正確なチューニングは出来ないでしょう。

sng10.jpg

!!!!

…なんということでしょう。変わっちまったなァ…肩車くん。
いつの間にかこんなヤサグレた男になっちまって。

オイラも実は高校2年の時はこんなだったさ。好きな娘にフられてね。気持ちは解る。
解るがエステも重要だ。いつの日か君の隣に佇むであろう女子のためにも。



・・・・・・・・・・・



・・・・・・



・・・


sng11.jpg


佇んだのはオトコだった件。



この時点で、もう『モテ道』は忘却の彼方、記憶の海の底です。
だから危ぶんでいたのに。「ヘタに楽器に手を出すと逆効果だ」と。

佇んだのがオトコだからなのか、ギターのネックが大変微妙な位置にある点に注目です。背を向けている彼が、そのまま後に下がろうものなら大変なコトになりますよ。女子じゃなかったから腹いせにイタズラしたいのですね。解ります。

・・・なんてハナシはこのくらい。

カタログの世界観はアッチ側なのに、なんとタイコまで作っているんですよね。驚きです。
紹介はしませんでしたが、このページに行きつくまでに、エレクトリックベース、ウクレレ、ジャンベ、ボンゴなどのパーカッション、さらにはギターアンプにベースアンプといった商品まで取り揃えています。

sng12.jpg

そして管楽器!スゲエ!

実はこれ以外に、鍵盤楽器、PAシステム、照明器具、ケーブル、弦と何でもアリ。ネタ系カタログを最後まで読み切ると、日本のYAMAHAに唯一対抗できる(?)総合楽器メーカーだということが判明したのです。恐るべし豪州。

ちなみに今のところ日本におけるAshton製品は、ギター弦、ベース弦、ギグバッグ、ウクレレケース、ギターラックと少数ですが、サックスとか興味津々ですね。

最後に、私の『はじめてのAshton』、ギターラックをご紹介。重宝してます¥3,480!

sng09.jpg 

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
最後まで読んで下さった奇特なアナタなら、
おそらく最後にコレをクリックして下さるでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 楽器    ジャンル : 音楽

 

 



Comments
往年の若大将シリーズ醸し出してるわぁ。
若大将にエステは不要よ。
胸毛ぼ~ぼ~でイッツオールライト!!

こんなコメントでごめんなさい。許して~~♪
To LLganzoさん
LLganzoさん、ようこそおいでやす。
イッツオールライトです。

実は私も、一番初めに思い浮かんだのはその若大将でした。
まさしく、「ぼかァ、幸せだなァ」の世界観です。

若大将の時代、ギター(楽器)は若者の青春の象徴。
学生運動の頃は自由の象徴であり、エレキの時代に入って
からは不良(笑)の代名詞。私たちの時代である'80年代は、
運動部・サーファー・ヤンキーのいずれからも白眼視される
マイノリティが手を出すオタク・アイテムでした。
そしてバンドブームを経て、現在、『けいおん!』のヒットから
ブーム再燃。女子中・高生の熱い情熱が注がれるアイテム
へと昇華されています。面白いですね。

今思えば、私らの時代は不遇だったな~。ピアノの方がモテ
てたかもしれませんねー。…って、ご返事になってない??
こんにちは。

このカタログって現行なんですか?なんかセンスが20年以上前の気が…。
全然知らないメーカーなのですが、普通に日本に入ってるのでしょうか。
おもしろいですね~。
Ashton君
ヤセさん、こんにちは。

Ashton君(って、もう彼の名前にしか思えません!)の波瀾万丈の青春、楽しませていただきました!
彼の悲し過ぎる結末には、William Rossのサウンドは、ちと爽やかすぎるかも?

このメーカーは全く知りませんが、ブラスバンドの楽器ほとんどとギター&ベースもかじった私にとっては、見過ごすことのできないラインナップですねー。

価格が手頃だということが、最大の魅力です!
カタログの商品すべてが日本で手に入るようになったら、ワタクシ散財しそうでコワいです。
To Jちくりんさん
Jちくりんさん、いらっしゃいませ。
ようこそお越しくださいました!

現行です。2013年ですw

私は今回初めて同社の製品を見まして、その激安ぶりに感激して
ラックの購入を決めました。

デキは『フツーに使える』デキです。値段は他社の半額です。
他にも何種類かラインナップされていますが、ギターの弦もベースの
弦も余裕で1,000円を切ります。価格破壊と言ってもイイくらいです。
(そっちの方はまだ試してません)

今のところ取扱いはイシ●シ楽器のみですので、お近くの店舗で購入
されてみてはいかがでしょうか。カタログもゼヒ入手してくださいねw
To Apolloさん
Apolloさん、コンバンハ。
ご来訪誠にありがとうございます!

カタログに記載されている製品はかなりの数です。
今のところ購入できる製品は少数ですが、そのうちベリンガーの
ように日本のマーケットを席巻するかもしれません。

ただ、楽器そのものは、いわゆる初心者向けのものが多いので、
Apolloさんのように目も耳も肥えた方から見ると物足りないかも。
ギターもベースも材は微妙です。(ラックは良かったです)

個人的には同社のアンプの方に興味がありますね。もし激安の
アンプヘッドがラインナップに加わったら、ワタクシも散財かな。


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 06 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。